2016年11月13日

吉村順三の旧園田邸

s-DSC03949a.jpg
大木に埋もれるようにひっそりと建つ吉村順三氏設計の旧園田邸。
吉村順三という建築家の名前は、
学生にとってはトレース課題の軽井沢の別荘などで、
あるいは俵屋旅館の設計者としてご存知な方は多いはず。

旧園田邸に限らず、名作住宅は時代を超えて色褪せず、
今の建築家や学生も参考にするところが多いのですが、
そのような名作でさえも経済原理のもとでは、次々と壊される運命にあります。
それを食い止める活動をする住宅遺産トラストという団体があって、
その中心人物の一人である野沢正光さんに、園田邸をご案内していただきました。

s-DSC04053.jpg
雑誌などでよく見かけるこちらのリビングの風景。
玄関からは一段下がったところにリビングがあって、
奥の方に天井を抑えた明るいソファエリア。。。。
住まい手が変わった今も、ほぼ写真と同じのオリジナルのまま保存され、
まだ現役で住まわれています。
このような状態で吉村さんの住宅を拝見できるのは大変幸せなことですね。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

野沢正光氏の自邸見学

JIA建築セミナーでは菊竹さんのスカイハウスや清家さんの自邸など、
これまでに数々の名作住宅の見学が企画されてきましたが、
今年は、その担当である僕のほぼ独断で(?)、
野沢正光さんと室伏次郎さんの自邸見学をお願いすることに。。。
今週は、野沢さんの自邸を拝見させていただきました。

s-DSC04015.jpg
大木を取り囲むように配置されたOMソラーハウスとして有名な野沢邸。
ただ、僕が最も興味を持ったのはSI(サポートとインフィル)の考え方による、
つまり、取り替えない構造や外壁などのサポートと
自由に変更可能な家具や間仕切りなどのインフィルとに分離した、
ざっくりとした建築のつくり方です。

実際に中を拝見させていただくと、
野沢さんの理論と拘りがつまっていながらも、
そのざっくりとした雰囲気がとても心地の良く、
いろいろな気づきを与えてくれる住宅でした。
野沢さんによると、インフィルの変更はほとんどなく、
むしろ、実験的なことをいろいろしているサポート部分の変更が多く、
本来のSIの逆になってしまっているのだとか(笑)。
そんなちょっとおかしなお話も交えた、
いろいろ聞かせていただきました。。。。

野沢さん、お休みのところ、どうも有難うございました。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

レネ・クラル氏の講演@東京理科大学

s-DSC03945A.jpg
東京理科大学の設計の授業中、エスキースの授業は早々に終え、、、、
デンマーク王立芸術アカデミーのレネ・クラス教授に講演していただきました。
すべて英語なのでどれだけ理解できたかはやや疑問ですが(笑)、
学生にとって海外の考え方や情報を知るのは良いことですね。
最近、理科大もこのようなレクチャーが随分増えましたね。。。。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

「つつじヶ丘の家」一年検査

s-014.jpg
つつじヶ丘の家の一年検査に行ってきました。
特に大きな不具合もなく、とても快適に過ごされているとのことで何よりです。

食事までご用意までしていただいてたようですが、、、、
その後、あいにく用事があって、後ろ髪を引かれるようにその場を後にしました。
とても残念。。。。

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

渡辺篤史さんとの対談@ミーレ・センター表参道

s-DSC03920.jpg

「渡辺篤史の建もの探訪」でおなじみの渡辺篤史さんとのトークイベントで、
表参道のミーレ・ショールームに行ってきました。

建築家や学生向けの講演であれば、僕はむしろ慣れているのですが、
参加者は一般の方向けのトークイベントということに加えて、
渡辺さんの無茶ぶり(?)に対応するのはなかなか難しいものですね。。。。
何事も慣れですね。




posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

「志木の家」一年検査

s-016.jpg

志木の家の一年検査に行ってきました。

室内の壁、天井、床のすべてが黒い、とても個性的な住宅なので、
一年間、暮らされた感想をお聞きするのがとても楽しみでしたが、
竣工直後以上にとても気に入って下さっているご様子で、
自分たちで撮った写真をいろいろ見せていただきました。
今後もどのように暮らされるのか、とても楽しみです。


posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

「昭島の家」祝!竣工

s-IMG_3322-i.jpg
「昭島の家」の引き渡しを無事に終えました。

建築基準法的には母屋の増築の二世帯住宅。
増築部分(子世帯部分)の2階は、
リビングとダイニングを見下ろすように、
回遊性のある大きなキッチンが鎮座するプラン。
床の高さや壁の向きを適度に調整することで、
親世帯との適度の距離感を保ちつつ、
窓が周辺の緑や空を切り取り、
心地の良い空間をつくり出しています。

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

「I'm home. 」に「ポジャギの家」掲載

ブログ用1609I'm home 001.jpg
「I'm home.」 にMDSが設計したポジャギの家が掲載されました。
ハイエンドのインテリア系雑誌で知られる「I'm home.」ですが、
今回は構造に関する内容の記事がややメイン。

ブログ用1609I'm home 002.jpg
木造の可能性について、お話させていただきました。

ブログ用1609I'm home 003.jpg
それにしても、I'm home. の写真はいつも素晴らしいですね。
特に、左上の写真、明暗があってとても良いです。。。

是非、書店でご覧になって下さい。


posted by MDS at 00:00| メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

杉坂智男氏の講演@JIA建築セミナー

日本建築家協会のJIA建築セミナーで、
「伝統の先にあるもの - 木造建築の未来」という視点で、
建築家の杉坂氏智男氏に講演をお願いして、司会を僕がつとめました。

s-DSC03720a.jpg
写真右が杉坂智男さん。

ところで、皆さんは杉坂智男という建築家をご存知でしょうか?
木造に詳しいベテランの建築家でも、
知らない方が多いのではないでしょうか?
実は、そういう僕も勉強不足で、
ごく最近、建築家の落合俊也さんに紹介していただき、
大変興味を持ったという感じです。。。。
華々しい作品性というより、一般的な木造住宅の設計手法を確立し、
コンクリートや鉄がもてはやされた時代も木造をつくり続けることで、
戦後の設計界を牽引してきた方です。
90歳を超えて今も現役。とても素晴らしいです。
ここ数年、レクチャーはすべてお断りということでしたが、
今回は特別におうけいただき、2時間を超える貴重な講演でした。
予想を遥かに超える人数で、会場は立ち見が出るほど超満員。。。

そして、2部は写真左の南雄三さんのレクチャー。
肩書きは建築技術評論家ですが、断熱・気密の分野で大変有名な方ですね。
杉坂さんと20年以上の付き合いとのことでの特別ゲスト。
今回は、杉坂さんの希望ということで事務所で行いましたが、
長時間のレクチャー後に、そのままそこで懇親会をさせていただきました。

そして、解散後、駅前のお店で南さんを囲んで、またまた建築談義(笑)。
皆さまに、僕の司会の講評をされながら、、、とても勉強になりました!
さらに南さんとは帰りの電車もご一緒して、とても楽しいお話ができました。
長時間にわたり、どうも有難うございました。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

「すまいの設計」に「弦巻の家」掲載

ブログ用1609 SM 001.jpg
「住まいの設計」に弦巻の家が掲載されました。

ブログ用1609 SM 002.jpg
今回の第二特集は「魅力あふれる!美しいキッチン」。
この中とじの見開きの写真は、MDSの設計した弦巻の家

ブログ用1609 SM 004.jpg
今回はキッチン特集なので、
キッチンとダイニングを中心に細かく紹介されています。

ブログ用1609 SM 005.jpg
リンビングやテラスなども詳しく紹介されていますので、
店頭で是非、ご覧になって下さい。

posted by MDS at 00:00| メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

「吉祥寺の家」祝!地鎮祭

「吉祥寺の家」の地鎮祭に行ってきました。

s-R0016285a.jpg

急に雨が降り出し、パラソルを建てての神事となりました。
シンプルな切妻屋根の家ですが、クネクネっと(笑)一工夫。
竣工をお楽しみに!

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

「昭島の家」照明の調整

照明の調整のため、昭島の家に行ってきました。

s-IMG_3255.jpg
アジャスタブルのダウンライトや、ライン照明の位置をひとつひとつ微調整。
こちらは、手前のリビング・ダイニングより一段高いところにあるキッチン。
部屋全体が見渡せるまさにコックピットです。

s-IMG_3272-i.jpg
敷地内の大切な祠は、バックの緑をライトアップしてシルエットに。
建て主様も大満足のご様子で、何よりです。
樹齢300年と言われる柚の木も、
生まれて初めてライトアップされて(笑)ややうれしそうでした。。。。。
写真は後日、お楽しみに!


posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

「昭島の家」施主検査

「昭島の家」の施主検査に行ってきました。

s-DSC03559.jpg
母屋の庭を通り抜けて、子世帯の住宅へ。
奥にはかなりの立派な木々が立ち並んでいて、
その木々を通ってくる風は、周辺よりも涼しく、驚くほど心地いい。

s-DSC03598.jpg
大切な祠を避けるように建物形状および配置を決めています。
建築基準法上は増築として計画されたこの住宅。
こちらの土間を介して母屋と繋がっています。

施主検査は特に大きな問題はなく、予定通り引き渡しができそうです。
posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

建築知識にMDSの住宅が数軒記事に

ブログ用1609 KT 001.jpg

今回の特集は「ヴィンテージハウスのつくり方」。
取材の際に言われたのが、今回の号の方向性を決める上で、
MDSの「暮らしの空間デザイン手帖」の売れ行きの良さを分析して、
最近はただ明るく、白い家というものから、MDSのつくる住宅のように、
素材感のあって落ち着いた雰囲気なものが好まれる傾向があるのでは?とのこと。
MDS本の出版社でもあるエクスナッレジとしては、
そちらの売上げが落ちないように(笑)、
基本的にはMDS以外の住宅を掲載して、
そこに含まれないもので掲載協力して欲しいとのことでした。

ブログ用1609 KT 002.jpg
「たまらん坂の家」をはじめ、MDSの住宅が記事になっています。
専門書なので、大型書店でご覧になっていただけると思いますので、是非。


posted by MDS at 00:00| メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

スパイラルガーデン

アルバイトの学生を連れて、久しぶりにスパイラルカフェでランチ。
その横のギャラリーでは「Paper Garden atelier oï and SPREAD」
という催しがやっていました。

s-DSC03528.jpg
雲のように浮かんでいるのは、
スイスのアトリエ・オイ (atelier oï)の和紙を使った作品。
心地よい浮遊感が感じられるとても美しいものでした。
スポットライトによってカーペットにできた影もまた良いですね。


posted by MDS at 00:00| 青山周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

メタボリズムの名作・中銀カプセルを訪問

建築家・黒川紀章のメタボリズムの代表作、中銀カプセル。
半世紀以上経った今でも、建築界に大きな影響を与える名作です。
何度も建て替えの話は出るものの、運良く(?)現在も健在。
ここの住人のいしまるあきこさんのオフィスに、
スタッフとインターンシップの学生と一緒に訪問。

s-DSC03453.jpg
カプセルを積み重ねたような特徴的な外観。
新橋の首都高速沿いに建つこの建物、
建築に興味がなくてもこの外観はご存知の方は多いはず。

s-DSC03449.jpg
いしまるさんの解説を興味深く聞き入いる学生たち。

この部屋は使い勝手の良いように事務所仕様に改装されているので、
小さいながらも今でもとても快適に過ごせそうな印象を持ちました。
建替派と保存派にわかれているのようですが、建築史上重要なこの建築、
黒川紀章の当初のコンセプト通り新陳代謝をしながら、
長くこの地にあり続けて欲しいと思います。

冷房のきいた快適ないしまるさんの部屋でしばしくつろいだ後、
いしまるさんのお知り合いの方の竣工時のままの部屋も見れるということで、
早速、そちらへ。

s-DSC03436.jpg
こちらがほぼ竣工時のままのオリジナルのお部屋です。

s-DSC03442.jpg
可動の机や、今は故障して使えない全館空調の吹き出し口も昔のまま。
全館空調がない今となっては冷房もなく、TVは中を入れ替えるなど、
オリジナルへのかなりのこがわりがあるようで、
おかげさまで、半世紀たった今、拝見させていただけることに感激です。
大変貴重な体験をさせていただき、本当にどうも有難うございました。

その後、銀座三越で食べ物の買い出しをして、事務所に戻って暑気払い。
スタッフ、学生が最近行ったところの写真を持ち寄りスライド上映会。
中銀カプセルの流れで原邸や熊野神社長床やさざえ堂といった名建築をはじめ、
HOUSE VISION、青森のねぶた祭など、新旧さまざまなものがあって、
とても楽しいひとときでした。
カメラを横に置いたまま、話し込んでしまって、、、、
写真を撮りそびれてしまいました(笑)。それが残念。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

茶室をめでる

東京屈指の高級住宅街に都心とは思えない緑豊かな日本庭園。
京都から移築されたお茶室のある素晴らしい敷地のプロジェクトが始まりました。
歴史の重みのあるそれらを保存しながら、
敷地全体をどのような新たな形に変えるべきか考えねばならない、
難しくも、やりがいのあるものです。
まずは水澤工務店さんと一緒に現地調査に。

s-DSC03246a.jpg

目利きの水澤さんは、一目見てこれは貴重なものだと、、、、
新たな計画に取り込む際には、一度きれいに解体した後、
極力同じ状態に戻すべきとの見解も踏まえ、
今後、敷地全体の配置計画そして建物設計を進めていきます。
このプロジェクト、とても楽しくなりそうです。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

全体講評会@東京理科大学 

東京理科大学の前期最後の授業の全体講評会。
敷地は谷中で「多文化シェアハウス」ととても現代的な課題ということもあって、
のびのびと楽しそうに課題に取り組んでくれました。

s-DSC03215aa.jpg
こちらは僕の班の塚本沙理さんのプレゼン風景。
今年から非常勤講師として加わった、いしまる先生が質問しているところ。

各班から選ばれた40作品の発表の後、
先生一人5票持ちで、議論すべき作品に絞り込み、
最後は上位4、5作品で熱く議論を重ね、1、2、3位を決めました。
そして、めでたく塚本さんが一等になりました!おめでとうございます!
今年の理科大2年生はなかなかレベルが高く、
一等とほぼ同じようなレベルのものが10作品くらいありました。
この後、いつまでこのモチベーションが続くかが鍵となりますね。
皆さん、とても期待していますよ!

講評会の後は、製図室でそのまま懇親会。

s-P1110923.jpg
ビール(未成年はジュース)を片手に、助教のバージェスさんの話を聞く学生たち。

s-P1110928.jpg
今年の前期は講師陣が一気に若返り(?)、懇親会もとてもなごやか。
そして、この後、店に移動して、、、、気がつくと終電ギリギリ。
とても楽しい一日でした。

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

I'm home.の取材@ポジャギの家

I'm home.の取材で久しぶりにポジャギの家に伺いました。

DSC03195-s.jpg
アングルを確認する角田編集長。
9月号に掲載とのこと。どんな仕上がりになるか楽しみです。

posted by MDS at 00:00| メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

川口衛先生の講義@代々木体育館

建築家協会主催の僕が実行委員を務めるJIA建築セミナー。
本年度の実行委員長は日建設計の山梨さん。
第一回目は構造設計界の重鎮、川口衛先生に代々木体育館について
2時間にもわたる充実したレクチャーをしていただき、
そして、日を変えて現地に見学に行きました。

s-DSC03148a.jpg

現地でもさらにこと細かく詳細をご説明していただきました。
この場所が第一体育館の特徴が現れているアングルだと川口先生。
中はあいにく設営中で撮影不可でしたが、ご案内していただきました。
その後、第二体育館の中へ。

s-DSC03159.jpg
こちらに入ったのは、僕は今回がはじめて。
第一体育館は二巴、第二体育館は一巴と外観は似ていますが、
構造形式は前者はワイヤー、後者は鋼管と全く異なります。
第一に比べると第二は小じまんりしていますが、こちらも実に美しいです!

代々木体育館は改めて不朽の名作であることを痛感しました。
今後、これを超えるものは生まれるのでしょうか?
世界一美しいこの体育館。世界遺産登録を熱望します!

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする