2017年11月28日

アイリーン・グレイ

s-アイリーン.jpg
映画「ル・コルビュジェとアイリーン 追憶のヴィラ」を観てきました。
舞台となっているのは数ヶ月前に行ったばかりの南仏コートダジュールのE.1027

映画ではコルビジェを(意図的に?)冴えない人として描いていますが、
時代背景やル・コルビュジェがアイリーンの名声を抜いたことは事実ですし、
この映画を観てアイリーン・グレイについて掘り下げて知ることができました。
是非、ご覧になっていただければと思います。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

吉田五十八「猪股邸」

新しいプロジェクトの現調のため、成城に行ってきました。

s-IMG_3563.jpg

敷地周辺は紅葉が真っ盛り。
吉田五十八が晩年に設計した猪俣邸が成城にあることを思い出し、
天気も良いので、久しぶりに立ち寄ってみました。

s-IMG_3572.jpg

入場料を払おうと思うと、、、なんと無料なのですね。
タダで見せていただきながら言うのもなんですが、
吉田五十八の作品をタダで見れるとは・・・
100円でも入場料をとって運営に回せば良い気もします。
海外ではあり得ないことですね。

s-IMG_3584.jpg

庭の木々はちょうど紅葉は今が見頃。

s-IMG_3575.jpg

巨匠・吉田五十八の近代和風は、建築家の間では賛否両論がありますが、
いろいろと参考になるところはたくさんあると個人的には思っています。

s-IMG_3580.jpg

古き良き昭和の香りがどことなくしますね。
成城の家の現場に近いので、(タダですし・・・)帰りに毎度立寄ろうかな(笑)。


posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

全体講評会@東京理科大学

東京理科大学の2年生の設計課題の全体講評会。
今回の課題は、高橋先生出題の「表参道のオーベルジュ」。

IMG_3061-s.jpg

僕の班からは、山田くんと大岡さんと2名選出。
こちらは、山田くんの講評風景。
なかなかの力作ですが、先生方からは厳しいコメントが・・・・

IMG_3068-s.jpg

各先生が5票持ちでいつものように上位を決めたのですが、
たくさん表を集めた上位5名にギリギリ大岡さんも入りました。
上位5名中、3名は前期僕が教えた顔なじみ。
直接、教えた学生が成長する様はうれしいものですね。
引き続き、次の課題も頑張りましょう!


posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

「昭島の家」一年検査

s-IMG_3541a.jpg

「昭島の家」の一年検査に行ってきました。
家を取り囲む巨木の紅葉は圧巻です。

工事中に転勤になり、今は別宅として使われているのが少し残念。
早く東京に戻って、こちらで暮らせると良いですね。
posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

秋の鎌倉散策

「鎌倉長谷の家」のTV取材の日は天気も良く、運動不足解消の運動も兼ねて、
今設計中の鎌倉のプロジェクトの敷地までお散歩することに。

s-IMG_3529a.jpg

ゆらゆら揺れるすすきを眺めながら、敷地へ向かいます。

s-IMG_3502a.jpg

帰り道、こんなそそられる風景が見え、中に入ってみることに。

s-IMG_3493a.jpg

一条恵観山荘という国指定文化財のようで、金森宗和好みの庭園もあり、
紅葉しはじめの木々が美しく、数寄屋造りのカフェでお茶を。
一服後、報国寺へ。

s-IMG_3539a.jpg

竹林が美しい報国寺。

古都、鎌倉。ぶらぶら散歩するのもいいですね。

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

渡辺篤史@鎌倉長谷の家

s-017.jpg

MDSが設計した「鎌倉長谷の家」に渡辺篤志さんが来るということで、
撮影が終わる頃、建て主様と渡辺さんにご挨拶に行ってきました。
渡辺さんとは取材や対談などで、最近は年に一度はお会いしている感じです。
番組最後のコメント、長さの違うものを数回、撮り直していましたが、
全部違う内容をスラスラとお話しされていて、流石ですね。

ご主人は撮影はパスされるとお聞きしていましたが、出られたのこと。
撮影をとても楽しんでいただいたようで、良かったです。
東京での放送は1月6日(土)4時30分 テレビ朝日です。
とても早い時間帯なので、是非、録画してご覧になって下さい!


posted by MDS at 00:00| メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

「等々力の家」照明調整

照明調整のため、「等々力の家」に行ってきました。

IMG_3430-s.jpg

施主検査後、手直をして、いよいよ引き渡しです。

閑静な世田谷の住宅地に、敷地分割して残った超変形敷地に建つ住宅で、
隣地との擁壁の高さも法規制をギリギリかわした極めて難しい敷地でしたが、
コストを抑えつつ、それらの与条件を最大限生かした設計をしました。

IMG_3418-s.jpg

道路から奥に行く程、建物の幅は狭くなり、先端では1mくらいしかありません。
その狭さを強調するかのように高さの2層の開口部をとっているので、
その先の木々、さらにその先の空が印象的な風景として光と共に内部に入り、
とても印象的な空間をつくっています。


詳しくは、またのお楽しみ!


posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

「上大岡の家」杭工事

s-IMG_2594.jpg

「上大岡の家」の杭工事はじまりました。
擁壁をまたぐように建物を建てる不思議な計画の第一歩です。

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広瀬謙二「上小沢邸」で食事

建築家にとって「上小沢邸」と言えば、広瀬鎌二氏が設計した1959年竣工の住宅。
そして、この住宅は今は上小沢邸というお店として使われています。

IMG_3370-s.jpg

白金の住宅地にひっそりと建つ隠れ家レストラン。
夜しかやっていないお店で、予約がとりにくいということは聞いていましたが、
電話してみると、早い時間であればとのことで、開店30分前の16時半にお店へ。
お客さんが誰もいないということで、ゆっくり写真を撮らせていただきました。

IMG_3367-s.jpg

こちらが庭から見た全景。構造はコンクリートブロック造ですが、
エッジ部分はコンクリート、屋根も鉄筋コンクリートとなっていて、
庇の水平性を強調するために逆張りとしています。

IMG_3374-s.jpg

エントランスまわりは当時のまま。

IMG_3373-s.jpg

塀も鉄骨とコンクリートブロックの組み合わせたもの。

IMG_3375-s.jpg

竣工時、「1室住居にピアノ室を加えた家」という名の上小沢邸。
お食事をいただいたのはこちらの元ピアノ室です。
右奥に元寝室・居間だったところにソファ席もありましたが、
こちらの方がオリジナルの表面積が多くて良かったかも?
間仕切りに組み込まれて照明もオリジナル。
まぶしくて白い蛍光灯も、ここでは有り難い(笑)。

それにしてもシンプルな住宅です。
もっと快適に暮らし、収益を上げることはできるのですから、
ここに50年近く住み続けた上小沢氏は素晴らしいです。
名作をつくるのは、やはり半分はクライアントですね。

IMG_3381-s.jpg

窓は昔のままでますが、床は床暖房の工事をした時に仕上げを変えたようです。

IMG_3397-s.jpg

こちらのトップライトの雨漏りで苦しめられたとのこと。
改修ではこのオリジナルのガラスを生かして、
この上にもう一枚ガラスの屋根をつけたそうです。
(今は?)夜になるとそこが照明器具のように光って美しい。

今は住宅ではなく、お店に改装されているということもあり、
インテリアや使い方は、勿論、オリジナルのものとは違ったものになっていましたが、
コンクリートブロックや庇、エントランスホールなど、
外観や骨格はほぼオリジナルのままなのようです。
そもそも、寒さや雨漏りの対策でかなり修繕が必要だだだので、
住みながらも随分と変化していたようです。

IMG_3399-s.jpg

帰る頃には、外は真っ暗。結局は店を貸し切った状況で、、、、
食事をしながら、あれこれ詳しく建物のエピソードを聞かせていただきました。
ご興味のある方は、是非!
出来れば、日の長い初夏の開店早々の明る時間帯がいいかもしれませんね。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

「三鷹の家」施主検査

「三鷹の家」の施主検査に行って来ました。

IMG_3910-s.jpg

低層の集合住宅に囲まれた敷地に計画された住宅。
道路からだけでなく隣地の上からの視線が気になる上に、
将来、建て替えもありそうな気配が・・・・
そのような理由で数枚の壁で囲いつつも、
閉鎖的にならないようにその上部と下部を切り欠き、
プライバシー、採光、通風を確保し、街とのつながりをつくっています。

施主検査では大きな手直しはなく、来週無事に引き渡しです。


posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

ときどき皇居ランナー

最近、ときどき皇居ランナーになっています。

IMG_2937-s.jpg

暑くもなく、寒くもないこの季節は気持ち良いですね。

IMG_2934-s.jpg

このあたりが一番のお気に入り。

IMG_2942-s.jpg

皇居の中にちょっと中に入いると緑とビル群の対比が
ニューヨークのセントラルパークのようです(?)。
丸の内の高層ビル群は、かなり充実してきましたね。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

「上大岡の家」祝!地鎮祭

s-R0019520a.jpg

「上大岡の家」の地鎮祭に行ってきました。
天候はあいにくの雨でしたが、雨降って地固まるとも言いますので、、、


ところで、この住宅の建て主様は、
10年以上も前、日大に非常勤講師として教えに行っていた時の教え子で、
インターンでMDSにも来ていましたが、卒業後大手ゼネコンに就職して、
今では大きな現場を担当してご活躍中です。
そして、その当時MDSのスタッフだった加藤君と一緒に設計をしました。
このようなカタチで仕事ができるのはとても幸せなことですね。


posted by MDS at 00:58| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

「Yクリニック」祝!竣工

虎ノ門再開発にともない移転することになった吉松歯科医院
その移転先の設計にMDSが携わり、ようやく竣工しました。

移転先のビルは細長いL型の変形な平面で階高もとても低く、
診療室やレントゲン室、受付、事務室、機械室、配管など、
平面的にも断面的にもかなり工夫しないと納まらない状況でしたが、
それを逆手にとったご都合主義で(?)、
壁の角度を変えたり、床を上げたり、天井を下げたりしながら、
空間に動きを与えつつ、カタチを整えています。
一見無秩序に見えるかもしれませんが、
必ず平面的には直角と平行な壁があるといった秩序があって、
家具の納まりは勿論、安心感や居心地の良さに気を配っています。

s-001.jpg

ELVを降りると窓のないホールですが、右を向くとこの風景。
細長さを逆手にとって、長い廊下を印象的につくり、先へ先へとクライアントを導きます。

s-003.jpg

壁の軸を振ることで、受付前など必要なところは広く取り、
受付でバックを置く棚などはきちんと設けています。

s-005+.jpg

受付を通り過ぎて廊下を更に歩いた先が待ち合いスペース。
昼は窓から陽が差し込み、夜はレースの照明が演出します。

s-008[1].jpg

窓辺には輻射熱冷暖房。クリニックなので、冷暖房の風で埃が舞い上がらない、快適な温熱環境を目指しています。

s-010.jpg

待合からの見返し。
天井周りはミラーと照明を駆使して広がりを感じさせています。
左側の壁面は柱型を隠しつつ、実は全面収納になっています。
診療室から出たところには、収納扉の一部を鏡にして、
さり気なく歯のチェックができるようにしています。

s-012.jpg

吉松先生はマイクロスコープを用いた根管治療の先駆者。
整形外科、脳外科で用いる医科用のマイクロスコープを
歯科業界に世界で初めて導入されているそうです。
門外漢の私たちにはその凄さがあまりよくわかりませんが、、、、、
このとても大きな機器が天井スレスレでなんとか納まっています!

歯科医院らしくない歯科医院にして欲しいとのご要望で、こんな空間となりました。

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

「井の頭公園の家」久しぶりの訪問

s-s-002NT.jpg

昨年竣工した「井の頭公園の家」に久しぶりに行ってきました。
敷地の奥隣地には堂々たる桜の大木があり、その大木に対峙するように、
家族の成長を見守る象徴的な柱を空間の中心に置いた住宅です。
3.5間×3.5間の正方形の平面四周に壁を立ち上げ、
方形の屋根をのせた単純かつ安定した構成としています。

s-s-003.jpg

庭の草木は生い茂っていました。
そのほとんどは竣工後、建主自らで植えたもの。

s-s-034.jpg

方形の屋根は四周の壁のみに支えられ、
中央に配した太い幹(柱)は、枝(梁)を四方にのばし通路や座面、
階段といった小さな床から居室のような広い床を支える役割のみ担い、
屋根まで届かない、空間にそびえる象徴的な建ち方となっています。

s-s-023.jpg

その幹を中心に空間をスパイラル状に積層させ、
空間のあちこちから様々な表情を見せるその姿は、
まさにこの住宅の空間における「大黒柱」となっています。

s-s-017.jpg

隣地の桜に向かってのみ大きな開口を開け、
隣家が迫るその他3方は方形の屋根の下のハイサイドから光を入れています。

s-s-020.jpg

ダイニングテーブルに面する窓は、桜を眺める桟敷席。

s-s-010.jpg

樹木に幹から小枝まで序列があるように、梁にも序列があり、
前庭で育てた花をドライフラワーにして吊しています。

s-s-009.jpg

GLから上方へと、樹木の枝のように緩やかに床が連なります。

s-s-025.jpg

子供の勉強スペースから、キッチンを見たところ。

s-s-026.jpg

家族団欒はダイニングテーブルとのことで、
TVを鑑賞するリビング的なスペースは小さめに。
南に面したこのスペースは開口を大きめとして、
周辺の街並にを上から眺められるようになっています。

s-s-027.jpg

子供部屋は大黒柱の先端の最も高いところに。
大黒柱を覆う方形の屋根は、下方に光を落とす装置でもあり、
上方ほど明るく、垂直方向に明暗のグラデーションをつくります。

s-s-035.jpg

天井を明るくして、その反射光を家全体のベース照明とし、
柱は影として浮かび上がらせ、その存在を強調しています。
こちらの照明計画はシリウスの戸恒氏。

s-s-007.jpg

久しぶりの訪問でしたが、すっかりご自分の仕様になっていて驚きました。
充実した暮らしぶりに脱帽です。


posted by MDS at 00:00| お宅訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

UWC ISAK 見学

UWC ISAKを見学のため、秋も深まる軽井沢に行ってきました。
UWC ISAKは4、5年前にできたばかりなのであまり知られていないとは思いますが、
学校運営が全額寄付金で賄われている全寮制高校で、
50カ国以上の国々から極貧の子供から大富豪の子供まで、宗教、性別も様々で、
実に多様であるものの、一学年40名ときわめて少人数。
インドのカースト外のような子供もいるそうですが、
貧しい家庭の子供は返済不要の奨学金で大学卒業まで面倒をみるとことなので、
そのような子供が大学まで行けるそうです。


s-IMG_3244a.jpg

そもそも、ここを設計したシーラカンスの赤松さんの案内で見学に来たのですが、
こんな学校があるのですね。ここに入るのはかなり高倍率のようですが、
普通の高校やインターナショナルスクールとは違った人材を輩出しそうですね。

とても興味深い話をたくさんお聞きしましたが、
長くなるので詳しくはHPをご覧になって下さい。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

Hokusai 帰国

Hokusai - beyond the Great Wave が大英博物館で行われ、
記録的な入場者数だったとか。海外でも葛飾北斎は大人気のようですね。
その展覧会が日本にも来るということで楽しみにしていましたが、
東京には来ないとのことで、わざわざ大阪、あべのハルカスに行ってきました。

北斎の絵の斬新な構図とデフォルメに惹かれます。
それらは、よく言われていることではありますが・・・・
s-北斎.jpg

日本展のタイトルは「北斎 - 富士を超えて」。
タイトルの通り、富嶽三十六景以降、つまり後半のものが多く展示されていました。
大英博物館の展覧会ですから、大英博物館所蔵のものが多いのは当然ですが、
欧米の国々のもののが多いことに驚きました。
版画以外の肉筆画も多いので、
一点しかないものがかなり海外に流れているということですね。
明治時代になって日本文化が過小評価されて、
大量に浮世絵が海外に流失したものがあることは知っていましたが、
その量はかなりのものかもしれませんね。
外国から評価されないと、なかなか自国の素晴らしさには気づかないものですが、
絵画と違って、建築や都市は一度、壊したら元に戻らないので、
少しでも早くにその素晴らしさに気づかねばいけませんね。
民家や木造の街並など、明治維新以降から戦後にかけて、
もうすでにかなりのものを失ってしまいましたが・・・

ところで、とても興味深い映像を会場で見ました。
世界で最も有名な絵と言われるあの有名なthe Great Wave、
富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」のような写真を撮ろうとすると、
海に入って構図は同じようにできるのはさておき、
あの独特な波しぶきはシャッタースピードを1/5000しないといけないとのこと。
天才北斎と言え、1/5000の世界は見えていないと思いますので、
想像で現実の世界を表現しているのですね。
改めて、北斎の凄さに驚いてしまいます。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

「鎌倉長谷の家」久しぶりの訪問

昨年竣工した「鎌倉長谷の家」に久しぶりに行ってきました。

s-003NWNT.jpg

鎌倉長谷の山麓に建つ住宅です。

s-001NWNT.jpg

南からの採光と北の眺望。
その二つの軸を結んでできたくびれた家型のボリュームと、
敷地にあわせた家形のボリュームを組み合わせることで
魅力ある内部空間を作ろうという試み。

s-025.jpg

南の窓からは採光と庭を眺めるたことができます。
畳敷きのくつろぎエリアと右奥にキッチン、
その間のちょっとしたスペースが子供の勉強スペース。

s-026.jpg

障子越しに見える緑の多い街並み。
眺めているだけで安らぎます。
欄干に腰掛けてビールを飲みながら鎌倉の花火を眺められます。

s-013.jpg

垂木の構造が美しい天井の仕上げとなっています。
吊り方に工夫を凝らした照明器具と、
ウォールナットの一枚板で作ったダイニングテーブルが
空間のアクセントになっています。

s-016.jpg

空間を分節する壁(二つのブロックの境界)の厚さは一様ではなく、
厚みある境界をまたぐように場をつくり、建物全体が緩くつながっていきます。

用途で空間を分節するのではなく、
すなわちカタチと機能を明快に一致させるのではなく、
緩やかな境界が、緩やかにいろいろな居場所をつなぐといった考え方は、
成瀬の家赤塚の家などに通じるもの。

s-027.jpg

階段ホール側からダイニングを見たところ。彫塑的なオブジェのような境界壁。

s-021.jpg

リビング横の階段スペースを上がると、そこは天井が低く抑えられた子供の楽園。

s-019.jpg

子供の楽園からの見返し。

s-033.jpg

一階の寝室からは和の庭が眺められます。

s-035a.jpg

ご主人の趣味はサーフィン。朝出勤前に波に乗るという鎌倉ならではライフスタイル。
サーフィンから帰ってきたら、屋根付きのバスコートでシャワーを浴びてから、
そのままバスルームに入ります。

s-040.jpg

1階には奥様のネイルサロン。そこからも山が眺められます。


s-041.jpg

夜になると、また違った風景に。

s-043.jpg

陰影が梁を浮かび上がらせて空間の奥行きも強調するシリウス戸恒氏による照明計画。

竣工して一年程ですが、すっかり暮らしが馴染んでいました。

posted by MDS at 00:00| お宅訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

「松濤の家」祝!地鎮祭

「松濤の家」の地鎮祭に行ってきました。

s-松濤地鎮祭.jpg

この住宅は不特定多数のための高級賃貸の戸建てなので、
住み手が決まっていつもとは違った設計の難しさがありました。

茶室の解体と植栽の大移動を終え、いよいよ着工です。
擁壁解体、山止め、杭工事とまだまだ地上に出てきませんが、
来年の夏の竣工が待ち遠しいです。

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

イタリアとの国境の街、マントン


IMG_2814-s.jpg

カップマルタンからさらに東に行くとイタリアはすぐそこ。
その手前にカラフルな街、マントンがあります。

大成建設在籍中にニースのプロジェクトがあって、
その時の上司の野呂さん(前の設計本部長)が、
コートダジュールのイチオシの街はマントンと言っていたのが懐かしい。
ここマントンに行くのを夢見て頑張っていましたが・・・
そのプロジェクトはなくなり、結局、行くこともなかったのですが、
それから20年、いつか行きたいとずっと思っていました。

IMG_2845-s.jpg

確かにイタリアの近くということもあって、どことなくフランスとは違う街並みです。

IMG_2825-s.jpg

どこを切り取っても絵になります。

IMG_2824-s.jpg

急な斜面に連なるように建物が建っていて、

IMG_2831-s.jpg

立体的な迷路です。

IMG_2826-s.jpg

家の中なのか、外なのか境界がはっきりしません。

IMG_2833-s.jpg

建物の隙間からは、真っ青な海と空。本当に晴れてて良かったです。

IMG_2846-s.jpg

また、ついのんびりしてしまいました。。。
飛行機に乗り遅れないように、大急ぎでニース空港へ。

今回は、薄暗い早朝に起きて日没まで車で廻るハードなスケジュールでしたが、
それ以上に移動距離が6日間で1800kmとかなりのものでした。。。
本来なら3週間くらいでのんびり廻ると、優雅なバカンスになったことでしょう。
今度はそんなのんびりした旅をしたいものですが、、、無理ですね(笑)。

posted by MDS at 00:00| 旅・フランス2107 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

カップマルタンのアイリーン

bunkamura ル・シネマで14日から上映されますが、
その舞台となっているのが、ここカップマルタン。

IMG_2783-s.jpg

ニース同様、砂浜ではなく、砂利の浜です。
この上に寝ると、とても痛そうですね。

海のそば、写真中央に小さく見える白い小さなたてものが、
アイリーン・グレイの別荘、E.1027です。

IMG_2780-s.jpg

その拡大がこちら。
右上にコルビュジェの休暇小屋も木々の間から見えます。

IMG_2678-s.jpg

アイリーン・グレイの別荘は数年前に公開(事前に予約が必要)されたばかりなので、
中に入ったことがある人は少ないのではないでしょうか?

ガイドさんの説明によると、殺人事件があった後、ずっと廃屋になっていて、
アイリーンを激怒させたコルビジェのあの有名な落書きがあったおかげで、
フランス政府から補助が出て、今のように見学できるように補修されたとか。

なんとも皮肉な話ですが、コルビュジェのおかげのようです(笑)。

IMG_2726-s.jpg

コルビジェが嫉妬した(?)センスの良いインテリア。

IMG_2729-s.jpg

右にちらっと見えるのが、コルビュジェの絵(有名な落書き?)。

IMG_2712-s.jpg

海側はガラス張り。バルコニーと日よけもきちんとついています。

IMG_2675-s.jpg

とても気持ちよさそうなハンモック。

IMG_2694-s.jpg

その先は絶景です。

IMG_2759-s.jpg

庭もセンス良くタイルを貼り分けられています。

映画「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」公開が楽しみですね。

posted by MDS at 00:00| 旅・フランス2107 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする