2017年03月28日

佐賀の近現代建築

飛行機に乗るまでのわずかな時間で、佐賀市内の建築を見学しました。

s-DSC05346.jpg
こちらは、第一工房+内田祥哉の佐賀県立博物館。
十字形のプランの展示室が浮いた、斬新かつ明快な名作。

s-DSC05347.jpg
角度を変えて見ると、かなりダイナミック!

s-DSC05154.jpg
こちらは佐賀県立図書館。こちらも内田祥哉+第一工房の設計です。
ザ・近代建築ですね。

s-DSC05377.jpg
こちらは今井兼次の大隈重信記念館
ルドルフ・シュタイナーのゲーテアヌムを彷彿させる建築です。

これらの建築を足早にまわりましたが、
モダニズムとその限界を感じてその先に行こうと試行錯誤するその時代の空気感を、
足早に廻ったからこそ、むしろ感じとることができたように思いました。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

ドリアンと漏斗

佐賀は正直、やや地味な印象がありますが(すみません!)
奇抜なデザインの建築がいくつかあります。

s-DSC05135.jpg
こちらは坂倉準三が設計した体育館。
平面は楕円にイガイガがついたドリアンのようなカタチ。

坂倉準三と言えば、ここで説明するまでもなく、ル・コルビジェの弟子であり、
上野の西洋美術館や鎌倉の神奈川県立美術館のような近代建築を設計した巨匠。
コルビジェがロンシャン教会を設計したように、
坂倉も造形的な奇抜なデザインをしたかったのか???

大いなる期待を抱き、中に入ったのですが・・・・
残念ながら、内部空間からは、訴えかけるものは・・・

s-DSC05153.jpg

そして、外に出て、正体して全景の写真を撮ろうとした時に、、、
何かやら、センターに気になるものが(?)。

s-DSC05155.jpg
近寄ってみると、こんなことになっていました!
屋根の雨水は、ここを流れくるのですね。素晴らしい!
是非、雨の日にもう一度来たい建物です。

実は、ここに立ち寄る前に、佐賀空港のそばの民家に立寄ったのですが、
その民家と同じ考え方なのです。
どちらも、有名な建物なのかしれませんが、勉強不足で僕は知りませんでした。

s-DSC05117.jpg
こちらが、山口家住宅。
この地域でしかほとんど見られない「漏斗造り」の民家です。
重要文化財の住宅ですが、今も山口さんがお住まいですが、
中も拝見させていただきました。

外観だけみるととりわけ特別なものにも見えませんが、、、
中に入ると、とても斬新なことになっていました。

s-DSC05118.jpg
なんと、屋根のセンターがくぼんでいて、まさに漏斗のように雨水を集め、
この大きな瓦の上を雨水が流れるとこと。
大雨の時が心配ですが、茅葺き屋根なので、雨音は聞こえず、
しみてきた水が常にチョロチョロと流れるとのことです。

s-DSC05132.jpg
そして、その雨水はこちらに!
おお素晴らしい!ここも、是非、雨の日に再訪したいです!

s-DSC05133.jpg

この「漏斗造り」の奇抜なデザイン(?)の住宅は、
坂倉準三のドリアンより遥かに昔に建ったもので、
民家は古いものとひとくくりには出来ないですね。。。

ちなみに、佐賀にはもひとつこの地特有の形式「くど造り」というのがあります。

s-DSC05331.jpg
こちらが、「くど造り」の民家。
左が国の重要文化財の川打家、右が市の重要文化財の森家。
なぜ、森家が格下なのか(?)が気になるところですが、
それはさておき、ななめから見ると二軒ではなく、四軒に見えます(笑)。

s-DSC05328.jpg

コの字型の平面を持つ不思議なカタチをした民家ですが、
なぜこのようなカタチになったのかは諸説なるようですが、
その理由はハッキリわからないとのこと。

s-DSC05323.jpg
谷になったところはこのようになっていて、
「山口家住宅」のように雨水が流れる工夫がされています。

雨水をデザインに取り入れた建築と言えば、
林昌二が設計したパレスサイド・ビル(毎日新聞社)が有名ですが、
佐賀のこれらの建物もその名作に負けていませんね。
日本は雨が多いので、雨が降った時に楽しみたいものです。
そんな気分にさせれた建物たちに、立て続けに出会いました。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

川下りと鰻@柳川

「大正屋」には、佐賀空港からレンタカーで行ったのですが、
チェックインまで少し時間があるので、
空港から30分ほどの柳川にちょっと立ち寄りました。

s-DSC05081a.jpg

柳川と言えば、川下り。
ただ、川下りとは言うものの、正確にはここは川ではなくお堀。
つまり、水は一方向に流れていないそうです。知らなかった。。。

s-DSC05112.jpg
船を降りたタイミングで、雅楽の伴奏つき結婚式に向かう船団が・・・

ここの料亭にも行ってみたかったところですが、今回は時間がないのと、
大広間は今は改装中で見れないとのことのなので、また次回のお楽しみに。

s-DSC05113a.jpg

しばらく、待っていましたが、なかなかやって来ないので、望遠で(笑)
雅楽の演奏をする人たちの乗った船の後ろに、新郎新婦の船。

そして、急いで若松屋へ。花より団子ならぬ鰻です(笑)。
なんとなく、鰻と言えば、蒲焼きが食べたい気分でしたが、
やはり折角なので柳川名物「鰻のせいろ蒸し」を注文。

s-DSC05114.jpg
こちらが「鰻のせいろ蒸し」。

そして、一口食べてみると、、、、、、
予想を遥かに超えた、驚きの美味しさです。久々に感動しました!
鰻は柔らかく、そして芳ばしく美味しいのですが、下のご飯も絶品です。

ほんの2時間程の柳川でしたが、最高のひと時でした。



posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

吉村順三の「大正屋」

久しぶりの休日、佐賀の嬉野温泉、大正屋に行ってきました。
知る人ぞ知る(?)「大正屋」は建築家・吉村順三氏の設計の旅館です。
「匠たちの名旅館」の著者である稲葉さんによると、
京都の俵屋旅館などの吉村さん設計の旅館の中で、
ここが最も設計当初の状態で残っているとのことで、
以前から、一度泊まってみたかった旅館の一つです。

早めにチェックインをして、「水晶の間」「菊の間」など、
泊まる部屋以外も拝見させていただき、離れの衆芳亭へ。

s-DSC05313.jpg
こちらが、今回泊まった離れの「衆芳亭」。
本間の他に茶室と専用庭のついた「大正屋」の中で最高峰の特別室。
二人で泊まるには、ちょっと広すぎでした(笑)。

s-DSC05275a.jpg
前室から本間越しに庭を見たところ。

s-DSC05286a.jpg
畳から一段下がったところにある座面の低い椅子に座ると、
庭と連続しつつも、畳に座った人とも同じアイレベル。。。

s-DSC05285.jpg
プライベートの庭に出て、ちょっと散策することもできます。

s-DSC05226.jpg
こちらの茶室からも、本間とは趣の違った庭の風景が眺められます。
外枠と中桟が同じ太さのいわゆる吉村障子。随所に吉村順三のディールが・・・
確かに、あちらこちらに神が宿っていました(笑)。

あちらこちらの写真を撮っていると、休む暇もなくチェックアウトの時間に。
とても、勉強になりました。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

五重塔が見える景色


s-DSC04620.jpg

次の日の昼、八坂のザ・ソウドウに行きました。
数年前に一度夜に来たことがあるのですが、
今回、予約したのは2階角の個室。

DSC04605-s.jpg

そこから見える五重塔が見える景色は素晴らしく、
ちょうど雪がちらつき、まさに冬の京の風景でした。
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

西翁院・澱看席

JIAセミナー解散後、特別公開中の西翁院の澱看席を見学に行きました。
茶人・藤村庸軒の茶室で、師匠の宗旦の三畳敷とよく似ていて、
点前座と客座との境に中柱を立てて仕切壁をつけ、
そこに火灯口をあけて「道安囲」とよばれる構えの名茶室。

s-DSC04530.jpg

写真撮影はNGなので、こちらは入口からの写真。
たまたま見つけたこちらの特別公開は、なんと13年ぶりののようです。
茶室にご興味のある方は必見です(3月18日までです。)。

澱看の席を見学した後、そこから歩いて茂庵というカフェへ。
その途中にある、大正時代のレトロな街並を横目に吉田山の山頂へ。

s-DSC04540.jpg

建物も楔をつかった木造の趣のある雰囲気で、今、人気のスポットらしい。

DSC04555-s.jpg

木々の隙間から京都市内を眺めながら、美味しいケーキを頂きました。
まだまだ行ったことがないところが沢山ありますね。。。。。



posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

樂焼の伝統と今


s-DSC04484.jpg
翌朝、樂さんのご自宅の横にある樂美術館へ。

s-DSC04490.jpg
こちらのスペースで、樂さんのお話を聞きました。
庭のあちら側に見えるのがご自宅。

祇園で昼食を済ませて、京都国立近代美術館で樂さんの展覧会、

茶碗.jpg

展覧会の図録の中で樂さんは次のような文章を書いていました。

初代から二代、三代さらには本阿弥光悦までを「創成期」と捉えて、
その部分を充実させると共に、「今」すなわち現代を「創成期」同様に充実させる。
また、「創成期」と「今」、その間の歴代の作品を伝統と創造の営みとして、
一筋の道のように過去と現代を結ぶ。
それは過去と現在を結ぶ能舞台にかかる橋掛かりのようでもある。

実際の展覧会を訪れると、茶碗にとりわけ詳しくない僕にとっても、
ズラリと並べられると、「不連続の連続」と言われる樂焼が、
どのように引き継がれてきたのかがよくわかる素晴らしいものでした。
一子相伝と言っても古いものを単に引き継がれているのではなく、
もしろ、樂吉左衛門というアーティストの前衛芸術ですね。

こちらの展覧会は2月12日まで京都で開催されていますので、
是非、ご覧になっていただければと思います。
ちなみに、東京国立近代美術館で3月14日〜5月21日で、
同じ展覧会が東京でも開催されるようです。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

樂吉左衛門の茶室

私が実行委員をつめるJIA建築セミナーで、樂吉左衛門氏に講演をお願いしました。

DSC04459a-s.jpg
千家十職の樂焼十五代当主の樂吉左衛門氏。
琵琶湖のほとりにある樂さんの茶室で、
その茶室について直接お話を聞く貴重な機会でした。

茶室と言えば、一般的な数寄屋建築をイメージしがちですが、
樂さんがそんな様式にとらわれる茶室をつくるはずもなく、
伝統的なものから、何をもらい、何を変換し、何を捨てるかを真剣に考え、
試行錯誤の結果として、この茶室ができたとのこと。
ちなみに、最初に捨てたのは土だそうです。
茶室は非日常の場所だが、非日常と言ってもそれは精神の非日常であるなど、
とても奥の深い貴重なお話に感服しました。
また、千利休の時代から続く重くのしかかる伝統を継承しつつも、
現代に生きる前衛的なデザインを作ろうとするその姿勢には、
非常に心を打たれました。

s-DSC04453.jpg

滋賀県の琵琶湖のほとりに建つ佐川美術館。
あちらに浮かぶのが、樂さんがつくった茶室です。
実は、小間を含む、ほとんどの部分は水面の下にあります。

s-DSC04469.jpg

佐川美術館とその増築部分の茶室の設計者、
竹中工務店の内海さんに茶室をご案内していただきました。
今回は、建築家協会のセミナーということもあり、
特別に小間の中にもあがらせていただきました!感激!

かなりの時間とコストがかかったようですが、
「急かさざること おいとい無きこと ご指導無きこと」
つまり、お金、時間、そして、建主が口出ししないとのことが、
小堀遠州(?)が言ったとされる良いものができる3つの条件だそうですが、
この茶室はその条件を満たしているとのこと。

s-DSC04471.jpg
樂さんのこだわりで水面すれすれです。
前衛的な茶室ですが、きちんとお点前のできる素晴らしい茶室でした。

見学が終わったあとは近くの温泉宿に泊まり、懇親会。
同じ部屋となった竹中の内海さんとは夜遅くまでお話させていただき、
内海さんにはご迷惑だったかもしれませんが(笑)、
とても勉強になる楽しいひとときを過ごさせていただきました。
どうも有難うございました!

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

五月晴れの犬島と豊島

三分一と初見先生一行と別れた翌日の朝、船で犬島へ。

s-DSC02678.jpg
三分一の代表作の犬島精錬所美術館。
さすがは建築学会賞受賞のレベルの高い作品でした。
熱や風と言ったことが注目されるこの建物ですが、
アーティストと建築家の境界のない、
鏡に映り込んだ不思議な光の世界が素晴らしかったです。
その後、家プロジェクトを見て、豊島へ。

s-DSC02756.jpg
西沢立衛さんが設計した豊島美術館。
鳥のさえずり、風の音など、わずかな音をひろい、
見えないものも館内で拡張されて、自然を感じます。
しばらくしてから、小さな音楽が流れていることに気づいたのですが、、、、
不思議なことに外に出ると聞こえない(?)。
受付で「どこで音楽をかけているのですか?」と聞くと、
音楽はかけていないとのこと。
どうやら遠く離れた街の移動式パン屋さんだったようです(笑)。

内藤礼のアーティスティックな空間でありながらも、
周りのそんなわずかな音までもひろう不思議な空間でした。

s-DSC02754.jpg
そこから眺めた棚田越しの瀬戸内海。とても美しいですね。


posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

「直島ホール」と「またべい」の見学

遅ればせながら、、、はじめて直島に行ってきました。
直島ホールの設計者、三分一博志氏は大学の研究室の同級生で、
その研究室の恩師である初見先生と「直島ホール」と「またべい」を
見に行くというのが今回の直島視察旅行の主な目的でした。

s-DSC02581.jpg
直島ではその他にも、家プロジェクト、地中美術館などにも行きましたが、
どれもレベルが高く、とても濃密な時間を過ごすことが出来ました。

三分一と初見先生一行と別れて、直島に一泊することに。
直島と言えば、ベネッセハウスに泊まるのが定石かもしれませんが予約で一杯。
どうせ他のところに泊まるならということで、
ちょっと変わったところで、パオに泊まることに。

s-DSC02628.jpg
パオはモンゴルの遊牧民の移動式住居なので
本来は海のない草原にあるはずなのですが・・・・・
海沿いのとても不思議な風景ですね。

s-DSC02641.jpg

パオと言っても現代的なものですが、、、、、

s-DSC02634.jpg
波の音を聞きながらパオで眠るという不思議な体験ができました。

s-DSC02614.jpg
月と草間弥生のカボチャ。
行き交う船と、遠くに見える高松の夜景を眺めながらビールを飲む。
これもまた、なかなか良いひと時でした。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

赤神神社五社堂と八郎潟

久しぶりの秋田出張。
一日は「秋田の家」の撮影で、予備日の一日で男鹿半島に行ってきました。

s-DSC09816.jpg
行きの飛行機から見た雲海に浮かぶ富士山。

s-DSC09819.jpg
秋田は晴れ。
左に見えるのが男鹿半島で、秋田市内は右側です。

IMG_2362-s.jpg
秋田と言えばなまはげ。なまはげと言えば男鹿半島ですが、
その男鹿半島にある赤神神社五社堂に行ってきました。
神秘的な(やや不気味な?)雰囲気な時にいった方が良さそうでしたが、
残念ながら(?)清々しい秋晴れの昼過ぎ。。。
歴史上はそれほど重要な神社ではないかもしれませんが、
5つお社が並ぶ様は、やはり不思議な印象を受けました。
雪の重みを考慮して軒先に柱が落ちていたり、風化して白くなった木など、
特徴的なところが多々ありますね。

その後、干拓地として有名な八郎潟に立ち寄ってみました。

s-DSC09857a.jpg
限りになくフラットな大規模な水田が続きます。

s-DSC09859a.jpg
運河は干拓地らしい一直線。

s-DSC09863a.jpg
道路も真っ直ぐ。

中学校(?)で習った八郎潟。通り過ぎただけですが、それなりに楽しめました。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

「鶴林寺」と「浄土寺浄土堂」そして「箱木千年家」

JIAの関西ツアーの次の日は、神戸を拠点に古建築巡り。

s-DSC09758.jpg
まず、加古川の鶴林寺へ。折衷様を代表する寺院。
昼食後、北上して浄土寺浄土堂へ。

s-DSC09763a.jpg
こちらが浄土寺浄土堂。残念ながら内観の撮影は不可。。。
東大寺の再建の10年程前に試しにつくったと言われていますが、
東大寺南大門よりも純粋な大仏様とされる建築学的にはとても重要な建物です。
一般の方にも西日をバックに仏様が浮かび上がる様は有名なようですが、
建築家の視点としてはやはりその架構の美しさにも感動です。

7月下旬から8月上旬の午後4時前後の晴れた日が一番良いとのこと。
また、是非、行きたいところです。

そして、西に移動して、箱木千年家へ。

s-DSC09800a.jpg
こちらが日本最古の民家のひとつとされている箱木千年家。
屋根の軒の高さはとても抑えられていて、軒先は僕より低いくらい。

s-DSC09775a.jpg
軒を低く抑えて、土壁を風雨から守っています。

s-DSC09806a.jpg
まだ台鉋がない頃の民家なので、板はでこぼこ。
当時としては恐らく普通の仕上げですが、今では高級な仕上げです(笑)。

s-DSC09783a.jpg
室内はとても暗いのですが、でこぼこの仕上げがとても美しいですね。

s-DSC09796a.jpg
外から見ると小さく見えますが、中はダイナミックな空間になっています。
現代の設計でも参考になるところは沢山ありますね。
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

「興福寺」と「東大寺」そして「奈良ホテル」

JIAのセミナーの前日に奈良に行ってきました。
今年2度目の奈良。最近、奈良にちょっとはまっています。

興福寺北円堂が特別公開中ということでそちらに立寄り、東金堂を見学。
隣りの東大寺の再建は重源の当時としては革新的な大仏様であるのに対して、
ほぼ同時期の再建の興福寺は平安の古典的な和洋の建物なのですが、
北円堂は少し大仏様の影響を受けている・・・・・・・
話が長〜くなるので、この辺りで(笑)

興福寺の池を挟んだ対岸にある奈良ホテルへ。

s-DSC09302.jpg
クラシカルな雰囲気の一度は泊まってみたいホテルですが、今回はランチだけ。

DSC09299-s.jpg
通された席は窓際の興福寺の五重塔が見える席。
さくっとカレーを食べて、東大寺へ。

s-DSC09318.jpg
鹿がお出迎えの東大寺の南大門。
力強く飛んだ貫が素晴らしいです。。。。

数少い現存する大仏様の南大門は、建築学的にもとても重要な建物で、
日本の伝統工法の特徴である貫の原点となる建物のひとつです。
重源が中国から当時の最新技術を取り入れてつくったもので、
その不思議な架構は当時の人々を驚させたことでしょう。

s-DSC09365.jpg
大仏殿は江戸時代に再建されたものですが、
大きな木が枯渇してないということで、木を束ねて鉄でバンド巻きした柱に、
力強く貫がそれらを繋いでいます。
建築を勉強する前は、大仏の大きさに感動しましたが、
今はその空間は勿論、その斬新な架構に感激です!

s-DSC09351.jpg
大仏の後ろにひっそりと模型が置いてありました。
手前が現在の大仏殿。その隣りが鎌倉時代に再建されたもの。

s-DSC09343.jpg
現在のものより横にもう少し長く、外観は今のものより美しいですね。
現在の南大門をつくった重源による大仏様による建物ですが、
大仏殿も残っていたら、壮観だったことでしょう。

s-DSC09360.jpg
こちらは創建当時の大仏殿。
平家がこの立派な寺院を焼き払ったと思うと、それはそれで驚きですね。
これらの3つの模型を比較していると、すっかり夕方になってしまいました。。

s-DSC09429.jpg
大仏殿と二月堂を結ぶ有名な裏露地。先に見えるのが二月堂。
くねくねと道が曲がり、次々に見える風景が変化します。

s-DSC09448.jpg
二月堂から見える夕暮れ時の奈良。
観光客はすっかりいなくなり、古都らしい風情が味わえます。

s-DSC09460.jpg
そして観光客がいなくなった南大門をゆっくりと見学。

s-DSC09466a.jpg
大仏殿もうっすらとライトアップされていて、昼とは違った神秘的な雰囲気です。

小学生が修学旅行に行くようなところは、やはり素晴らしいですね(笑)。
今は当時と全く違った視点で見るので、その頃とは違ったものに見えるのですが、
やはり良いものは良いのだと改めて感じる今日この頃です。
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

島田陽氏の住宅と竹中大工道具館

関西ツアーの二日目は少し現実に戻って若手のものをということで、
島田陽氏の「川西の住居」と「六甲の住居」を拝見させていただくことに。

DSC09638-s.jpg
二日目も天気が良く、「六甲の住居」からの眺望が最高でした。
そして、最後は新神戸駅の近くの竹中大工道具館へ。
s-DSC09662.jpg
精密な木架構を可能としたカンナやノコギリの歴史をはじめ、
貫構造を可能としたノミなど、貴重な大工道具がずらりと展示してあります。

s-DSC09652.jpg
唐招提寺金堂の原寸大の組物が、普段は見れない位置から見れたり、

s-DSC09663.jpg
屋根架構を間近で見ることができます。
ソリが三次元に入いるため、ひとつひとつの部材すべて異なっているなど、
宮大工の技の数々に、正直、圧倒されます。。。。
じっくり見学がすると数時間かかるとても充実した展示です。
学生も含め、建築関係は必見です!

s-DSC09650.jpg
建物の説明は設計者の中西正佳氏にしていただきました。

s-DSC09713.jpg
京都の大徳寺玉林院にある茶室「蓑庵」の写し「一滴庵」を、
特別に拝観させていただきました。

とても充実した二日間でした。
ツアーにご参加いただいた方々もご満足いただけたのではないでしょうか?
皆様、どうも有難うございました。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

竹原義二氏×横内敏人氏×中村義明氏@京都

日本建築家協会、JIA建築セミナーで関西に行ってきました。
関西ツアーは僕の企画で、初日は関西の重鎮を訪ねることに。

s-DSC09468.jpg
朝早くに大徳寺高桐院に集合。
ここで建築家の横内敏人氏にご案内して頂くことになっていましたが、、、、
お寺の都合により拝観できないということに。
スタート早々、予定外の展開。急遽、大仙院へ。

s-DSC09496.jpg
次に向かったのは中村外二工務店。
俵屋といった高級旅館、菊乃井といった高級料亭、そして京都迎賓館など、
日本を代表する極上な木造建築を手がける数寄屋大工の最高峰です。
代表の中村義明氏に、ショールームと工房を詳しくご説明頂きました。
昼食は横内氏と中村氏とご一緒させていただき、
とても濃密な時間を過ごしました。

s-DSC09512a.jpg
午後一は竹原義二氏設計の一保堂へ。
一保堂の美味しいお茶をいただきながら、
竹原氏にレクチャーしていただきました。

その後、横内敏人氏のアトリエへ。

DSC09584-s.jpg
こちらはゲストハウス。まず、その周辺環境に素晴らしさ驚きました!
竹原氏(手前帽子をかぶった方)も、すっかりくつろいだご様子。
中村外二工務店の数寄屋大工の技の数々がちりばめられた上質な空間。
一見、古風な建物にも見えますが、ガラスが大きく現代的ですね。

DSC09610-s.jpg
そして、アトリエで竹原氏と横内氏に対談していただきました。
関西には伝統技術を継承する職人が多く、
建て主も関東とは少し異なるようです。
関東とは自ずとつくるものも変わってくるとのこと。
とても興味深いお話がたくさん聞けて良かったです。

夕食は、竹原氏と横内氏と南禅寺の近くのレストランへ。
本当に濃密な一日でした。どうも有難うございました。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

20年に一度の台風直撃の台湾

今回の台湾視察は建築家協会のセミナーの企画でしたが、
同じく実行委員の宮さんと前日入りして九份へ。

s-DSC08342.jpg
台風の上陸直前だというのに定刻通り台北に到着、急ぎ九份へ。
台風が来ているというのに意外と人が多くて、、、、少し安心しました。
宮崎駿の「千と千尋の神隠し」のモデル地とされる定番の茶館でお茶をしたり、
(モデル地でないという話もありますが・・・なかなか良いところでした。)
食事をしたり、ぶらぶら散策していましたが、
さすがにどんどん人が少なくなってきたので、
そろそろ帰ろうと坂道を下りていくと、、、、、

s-DSC08378.jpg
左手のレトロなお店が気になり、、、、
ちょうどその時、雨がやや小降りになってきたので、
少しだけビールでもと立ち寄ることに。

すっかり夜もふけて人もいなくなり、、、慌てて台北へ。
暴風雨でバスはガラガラで、ちょっと不安になりましたが、
ほろ酔いで気分で一眠りしている間に、
気がついたら台北に無事到着していました。。。。

そして、朝起きて驚きの光景が、、、、

s-DSC08397.jpg
昨日、帰りに通ったあたりの街路樹はバタバタ倒れていました。
この日は日本からの飛行機が来なくて、見学は中止となりホテルで待機。
夜にようやく飛行機が何便か到着して、奇跡的にほぼ全員集合。

次の日は朝からバスで台中へ。
伊東さんのオペラハウスと安藤忠雄さんの美術館といった現代建築の他に、
三合院と旧市街を明治大学の青井先生引率で見学させていただきました。

そして、最終日は、宜蘭と台北市内を見学。
s-DSC08687.jpg
台湾の建築家フィールドオフィス・アーキテクツ設計の役場や、

s-DSC08712.jpg
伊東さん設計の国立台湾大学図書館などを見学。

20年に一度の台風直撃の台湾。
一部行けないところもありましたが、メインのものはすべて見れました。
ご飯もおいしく、とても充実した視察旅行でした。。。

ところで、日本では台風一過という言葉がありますが、
台湾では台風が去った後、一週間程天気が悪く、
その長雨で被害が拡大するそうです。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

台中オペラハウスに行ってきました!

伊東豊雄氏設計の台中オペラハウス。
JIAセミナー実行委員長の福島さんが伊東事務所出身ということもあり、
まだ工事中の現場を特別に見学させていただきました。

s-DSC08490.jpg
伊東事務所の所員さんと福島さん、冨永さん、明治大学青井先生。

s-DSC08503.jpg
1階はもう少しで完成といったところ。
外の光が差し込み、光と影がつくる美しい曲面の壁が印象的。

s-DSC08509a.jpg
ホールエントランス階の床は、赤いカーペットが敷かれているということもあって、
模型のイメージと違って「床」の存在を強く感じます。
オペラハウスという用途上、建築の概念だけではつくれないというところが、
この建物の難易度をさらに引き上げていますね。

s-DSC08519.jpg
劇場内はオペラハウスらしい色っぽいインテリア。

s-DSC08517.jpg
曲線と適度な装飾が美しいですね。

s-DSC08538.jpg
こちらは最上階の5階。この建物にこんなところがあったのですね。
最上階は構造上、壁と柱がどうしても必要であったとのこと。
そこを敢えて「男らしく」見せているとの説明を受けました。
設計をしていると、いろいろなところで破綻をきたしますが、
それをどのように解決するかが、いつも悩むところです。。。

この建物は構造や空間構成などが話題になっていますが、
スプリンクラー、防火区画など、様々な地味なところを解決するところの方が、
よっぽど大変で、膨大な時間がかかっているとのこと。

あらゆる意味で考えさせられる建物でした。
来年末くらいには(希望?)オープンするようです。
私が申し上げるまでもなく、建築関係者は必見の建物です!

s-DSC08552.jpg
ところで、屋上から見下ろすと、外構の植栽がほとんど倒れていました。
台風直撃が多い台湾ですが、今回は20年に一度の大きな台風だったようです。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

木とコンクリート。そして、石積み

僕が実行委員を務める建築家協会の建築セミナーで、
竹原義二さんにレクチャーをしていただくお願いするために、
大阪のご自宅に伺いました(正確には、伺わせていただきました)。
竣工は10年以上前になると思いますが、
タガヤサン、ウォールナットといった広葉樹と、
荒いコンクリートがつくり出す独特な空間が今でも新鮮です。
広葉樹は一般的に構造材として使われる杉や檜などの針葉樹と違って、
とても固く、施工が極めて難しいのですが、独特な木目や色が美しい。
そんな木とコンクリートの特殊な構造でつくられた家を、
是非とも拝見したい旨をお伝えして、念願が叶いました。

実際に訪れると、予想を遥かに超える空間が広がっていました。
写真や図面では伝わらない世界です。
素材の力を引き出した上で、複雑に外部と内部が混在する空間。
立体的な町家のような趣もありますが、
それとはまた違っているような・・・・・
あれこれ考えさせられてしまう空間でもありますが、
そんなことはどうでもよくなる心地の良い空間です。
感動しました!

その後、竹原さんの車に乗せていただき、事務所へ。
事務所を少しご案内していただいた後、昼食。
そこで、石積みのことや、慈光院の凄さなどなど、
とても面白いお話を拝聴させていただきました。
貴重なお時間を裂いていただきまして、
竹原さん、そして奥様、本当にどうも有難うございました。

お礼を言ってお別れした後、早速、話にあがった大阪城へ。

s-DSC07887.jpg
「あやをなす」石垣。

殿様に呼ばれて城に行く時と、お勤めを終えて帰る時とは、
石の見え方(見せ方)が違うとのこと。。。。
なるほど。
その当時に想いに馳せて見なければ、見えてこないものがあるんですね。
竹原さんは敢えてそれ以上、多くは語らず、、、流石、教育者です。

s-DSC07899.jpg

実際に行って見ると、よく分からないのですが(笑)、
お城に向かう時は(殿様の威厳を示す為に?)目に入ってくる石は巨石が多く、

s-DSC07894b.jpg

帰りは(落ち着いた気持ちで、ゆっくりと歩くので)、
どちらかというと凝ったものが多いような・・・・(?)
石積みも奥が深いんですね。

午前中は竹原さんの自邸の広葉樹とコンクリートがつくる圧倒的な空間。
そして、午後は石がつくり出す圧倒的な城壁。
素材の持つ力についてとても考えさせられる一日でした。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

慈光院の刈り込み

建築家同士で古建築について話をしていると、
しばしば話題にあがるものに奈良の慈光院があります。

s-DSC07824.jpg

僕が慈光院を訪れるのは今回がはじめて。

DSC07855-s.jpg

お茶を頂きながら、広縁越しに遠くに見える山々と近景の庭。
確かに素晴らしく、説明は全くいりません。
ただ、中景に見える平野に建つ建物がかなり気になります。。。。
この風景が何かと問題になっていることは知っていましたが、
なぜ植栽でそれを隠さないのか・・・・(?)

桂離宮や無鄰菴など、京都では昔は遠くの山々が見えたが今は見えない、
という話はよく聞きます。当然木は成長するので、
実は今、私たちが見る風景はつくった当時とは違うのです。
木が高くなることで、周辺の高いビルが見えなくなるので、
まあそれはそれで良いのかと思っていましたが、
ここから見える植栽も含む風景が変わっていないことが重要であって、
その全く変わらないことがとてもエネルギーがいることなのだそうです。
つまり、この植栽の刈り込みこそが素晴らしいとのこと。
なるほど。。。。
そのようなお話を、見学した次の日に、竹原さんに教えていただきました。
まだまだ知らないことだらけです。。。。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

由布院・山荘無量塔

由布院に行ってきました。
ところで「湯」布院という文字も見たことがあるような気がして、
ちょっと調べてみると、、、市町村合併でいろいろ変遷があったようで、
盆地内は「由布院」、広域では「湯布院」のようですね。

ところで、由布院と言えばやはり御三家、
そのどこに泊まるべきかを考えるのが悩ましくもあり、楽しい時間。
お隣の別府と差別化して由布院をブランド化した老舗「亀の井別荘」、
後発にもかかわらず、御三家の地位に上り詰めた「山荘無量塔」、
どちらも気になりますが、悩んだ末に「現代性」という点で勝る後者に。

朝一の飛行機で大分空港へ着き、バスで1時間ほどで由布院、
そして、街を散歩しながらまず、「亀の井別荘」へ。
その敷地内の「湯の岳庵」で開店早々、人が少ないうちに昼食、
その後、「天井桟敷」でお茶をいただきました。
新緑が美しく、食事もおいしく、人気があることにうなずけました。

そして、チェックインの時間にあわせていよいよ「山荘無量塔」へ。

s-IMG_1555.jpg
少し中心部から離れていて、宿泊客以外はほとんどいないので、
むしろ御三家の中では最も立地が良いと言えるかもしれません。
到着すると、道端でお出迎えの副支配人に「森様でしょうか?」と訪ねられ、
その後、関連の売店、バー、美術館などのどこに行っても、
「森様、・・・・」と、必ず名前を先につけてお話が始まり、、、
感服すると同時に、どうして名前が分かるのかなと思いました。
やり過ぎとさり気なさのギリギリのラインを狙う事が、
一流の接客なのかもしれませんね。勉強になります。

s-IMG_1567a.jpg
玄関の扉をくぐった先、外から入ると暗く感じる空間が広がり、
その突き当たりがこの風景。

s-IMG_1566.jpg
落ち着いた暗がりに、作り付けのベンチと暖炉が。

s-IMG_1572a.jpg
こちらは民家を移築した茶寮柴扉洞。
この囲炉裏のあるスペースを取り巻くように個室が配置されいます。
我々は朝食はこちらでいただきました。
夕食はこちらの食事をお部屋で頂きました。

s-IMG_1577.jpg
天井を見上げると、民家の力強い木架構。
山荘無量塔の真骨頂は民家を移築し、モダンな旅館をつくること。

客室も民家の一軒家を現代の旅館として使いやすいようにアレンジしたもので、
代表的ないくつかの部屋を見せて頂きました。
s-DSC07426.jpg
こちらは古民家を改装した「吉」というお部屋。
暖炉をつくり、北欧家具や李朝家具など、
オーナーが世界中から探してきたものが置いたりしています。

s-IMG_1621a.jpg
私たちが泊まったお部屋はこちらの「暁」。
民家移築という手法でなく、それとは違った手法でということで、
10年くらい前に実験的につくられた部屋だったそうです。
とてもよく考えられていると思いましたが、強いて何かコメントするとすると、
リビングに面するテラスに直接行けないということぐらいでしょうか?

s-DSC07447.jpg
宿泊客専用の談話室。とても心地よい空間です。

s-DSC07457.jpg
天井を見上げると、ダイナミックな新旧の混じった架構。

s-IMG_1738a.jpg
そして、こちらは「Tan's bar」。
こちらも民家を改装した素晴らしい空間。

s-DSC07438a.jpg
正面の赤いスピーカーから、とても美しい音色が。

蕎麦処、美術館など併設されていて、
チェックイン後(チェックアウトまで。正確にはそれ以上)、
全く外に出ずに堪能しました。とても素晴らしい旅館でした。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

勧学院客殿と光浄院客殿

次の日は、滋賀の園城寺へ。

s-DSC07300.jpg

勧学院客殿と光浄院客殿。
今さらながら(?)日本建築を勉強していくと、
次から次へと興味が湧いてきます。
この二つの建物は寝殿造りから書院造りの切り替わる頃の重要な建物で、
園城寺の中にある初期の書院造りの建物です。
歴史はやはり時代の大きな変わり目がとても面白く、
現代の建築デザインを考える上でも、
たくさんのヒントが詰まっている気がします。。。

s-DSC07276.jpg
こちらが、勧学院客殿(内部は残念ながら撮影不可)。

s-DSC07287.jpg
こちらが、光浄院客殿の外観(こちらも内部は残念ながら撮影不可)。
興味がない人にとっては、普通の寺に見えるかもしれませんが・・・(笑)。
この二つの建物は、門からの佇まい、プランなどとても似ています。
柱の落とし方、庭と縁側の関係、そして部屋の分割方法などなど、
その相違点をよく観察し、作り手が何を考えたのかと思いを馳せるのが面白く、
また次の興味が湧いてきます。。。

どちらの建物も通常は拝観できませんが、事前予約すると拝観できます。
貸し切りで静かに拝観できる上、きちんと解説もしていただけますので、
むしろ予約制は歓迎ですね。。。

s-DSC07295.jpg
園城寺の金堂の美しい屋根。
日本の古建築や木造建築をあまり知らない頃は、
形やそこにある雰囲気のようなものにしか興味がありませんでしたが、
架構やつくり方など様々なことに興味がある今は、
同じものを見ても全く違ったものに見えてくるのが不思議です。

この後、昼食をはさんで石山寺へ。
s-DSC07342.jpg
本堂の大屋根をバックに新緑の若葉。
檜皮葺きの大屋根がまるで大地のようですね。。。。

滋賀は京都と違って、全く人がいなくて、驚きました。。。
日本には素晴らしい建築がたくさんありますね。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

菊乃井本店

親の長寿祝いで菊乃井本店に行ってきました。

s-DSC07188.jpg
言わずと知れた京都、いや日本を代表する老舗料亭。
夕方の少し早い時間に行って、代表的なお部屋を拝見せていただきました。

s-DSC07227.jpg
お食事をいただいたのはコチラのお部屋。
電話で予約の際にこちらを手がけた中村外二工務店云々という話になり、
我々が建築関係者と察して、新しくつくったお部屋へという気遣い(?)。
白木の清楚なお部屋で、庭も美しく、食事も極上。すべてが完璧でした。

s-DSC07233.jpg
床板はセイヨウトチノキの一枚板。床柱は北山杉。
天井は美しい木目の霧島杉を編んだもの。
奥の棚は赤い紐で吊られているように見えますが、
その紐の中に鉄の棒が入っていました(色々、工夫していますね)。

帰る頃には、すっかり日も暮れて、趣のある雰囲気に。。。
菊乃井本店はミシュランの三ツ星。
和食の世界でミシュランの星の数を気にするのは、
いかがなものかとも思いますが、文句なしの三ツ星ですね。


posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

新緑の美しい京都、四君子苑ほか

新緑の美しい春の京都に行ってきました。

まず、特別公開の四君子苑へ。
四君子苑は吉田五十八が設計した建物があるということで有名ですが、
実際に訪れると、上質なものがさりげなく点在している様、
そして、北村捨次郎の晩年の作とされる数寄屋建築に圧倒されました。

s-DSC07120.jpg
室内は残念ながら撮影不可。

s-DSC07128.jpg
玄関周りと美術館からのみ撮影可です。

その後、修学旅行以来の清水寺へ。
新緑が美しいとは言え、人、人、人、、、
ザ・観光地!風情は全くありません(笑)。
s-DSC07161.jpg
間近で見たかったのは、この柱脚部分。
雨からしっかり木の構造体を守る機能的な美しさ。
こんなところに興味がある人はいないようです。
のんびり見れて良かったです(笑)。

s-DSC07176.jpg
そして、高台寺の傘亭。何度見ても美しいですね。

s-DSC07184.jpg
そして、その隣りの時雨亭。

その後、親の長寿のお祝いで菊乃井本店へ。
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

リッツカールトンホテル京都

俵屋旅館から京都迎賓館に行く途中、
最近、竣工したリッツカールトンホテルに立ち寄りました。
吉村順三設計のホテルフジタの敷地の建て替えです。
ほんの数年前、建築家協会の京都大会の後、
このホテルの地下のバーで夜遅くまで飲んだのが懐かしいですが、
京都も東京と同じようにどんどん変わっていきますね。
最近は京都の高さ規制がかなり厳しくなったようで、
事業収支上は超高級ホテルにするしかなかったとのこと。

sDSC03730.jpg
厳しい高さ規制のため、客室以外はほとんどが地下に埋められています。
吉村順三が設計したバーの前庭の面影が少し残っています。


DSC03732-3.jpg
庇をしっかりした出して、和のテイストでありながらモダンな外観。
エントランスがややわかりにくく質素なのは、
日本の旅館を意識してのことなのでしょうか?
駐車場の入り口がやや目立つのが気になりましたが、
車で来ることが前提なのかもしれませんね。

sDSC03699.jpg
エントランスのこの松は桂離宮の手法ですね。

中に入ると、このような和のエッセンスが随所にみられますが、
高級感と敷居の高さを見せつけるザ・高級ホテルです。

sDSC03704.jpg
このような感じにところどころに人が立っているのですが、
泊まらない人にとっては見張られている感じで・・・
あまり居心地は良いものではありませんね(笑)。
川沿いのカフェゾーンとレセプションは大階段で分けられていて、
こちらのブリッジでつながっています。

sDSC03711.jpg
こちらがレセプション。

sDSC03722.jpg
川側のサンクンガーデン沿いにあるカフェでお茶をすることしました。

sDSC03701.jpg
昼時だというのに、カフェには客は一人もいませんでした。
たまたまなのか・・・・・
お値段が高いということを除けば、とても気持ちの良いカフェです。

sDSC03708.jpg
傘、格子といった日本的なキーワードにした西洋的内装です。
外国のビジネスマンがいかにも好みそうなデザインですね。

今、旬な京都の高級ホテルも素晴らしいとは思いますが、
老舗高級旅館の代表の俵屋旅館とは対照的な部分も多いですね。
同じ高いお金を払って泊まるなら、やっぱり「俵屋旅館」かな。






posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

「俵屋旅館」カフェとギャラリー

「俵屋旅館」から歩いてすぐのところに俵屋のカフェ、
「遊形サロン・ド・テ」があります。

sDSC03538.jpg
真白の外壁に瓦屋根のセンスの良い京都らしい店構え。

sDSC03541.jpg
中は町家を改装したシンプルな内装。
フィンユール、ウェグナーなどの北欧名作家具が置かれています。

sDSC03543.jpg
一番奥の特等席がちょうど空いていたので、こちらの席に。
庭を眺めながら、美味しい珈琲を頂きました。
この隣に、俵屋旅館オリジナルグッズを販売するお店、
「ギャラリー遊形」もあります。
とても小さな旅館なのに、すべてオリジナルのものをつくり、
それを販売しているとは・・・・流石、一流です。



posted by MDS at 20:42| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

「俵屋旅館」霞の間

「俵屋旅館」の続きです。
今回、私たちが泊まったのは「 霞の間  」。
一応、今回は仕事をしようと思ってこちらに来ているので、
大きな文机がある「霞の間」を選びました。
恐らく一番リーズナブルなお部屋だと思います。。。

sDSC03526.jpg
旅館のこんな場所で文章を書いていると、
なんとなくいいことを書いている気になってきます。
sDSC03584.jpg
本間から文机を見るとこんな感じです。
一見、窓が開かない部屋なのかと思っていましたが・・・・

sDSC03669.jpg
文机側はとても細い枠に大きなガラスのはめ殺し窓になっていて、
もう片方が同じ寸法の細い框のガラス窓が開けられるようになっています。


sDSC03668.jpg
アップするとこんな感じです。

sDSC03588.jpg
夕方になると光が差し込み、美しいのですが・・・・
これでは文机でお仕事ができませんので、障子を閉めてみました。

sDSC03596.jpg
障子を閉めるとこのような感じ。

sDSC03599.jpg
そして、雪見障子を開けてみました。




sDSC03675.jpg
お風呂場の窓から身をのり出して外を見ると、
屋根が重なり合っているのがよくわかります。
塀の向こう側は、孔雀の間の文机のところ。
密集していても、窓の取り方でそれを感じさえないという点では、
現代の狭小住宅などと同じですね。

sDSC03665.jpg
うわさには聞いていましたが、こちらがふかふかの布団です。
床に就くと、あっという間に夢の中に・・・・。

「霞の間」の文机はなかなか良かったですが、
今度は「竹泉の間」に泊まってみようと思っています。
ちなみに、俵屋旅館はHPも値段表もないので、
部屋を予約する時は電話するしかないのですが、
「竹泉の間」だけはJTBで予約できるようです。
中村好文さんの「意中の建築」で「竹泉の間」は詳しく紹介されていますが、
新館の1階のプラベートの庭に面したお部屋で、そこの文机も良さそうです。
今回の泊まった部屋の隣の「孔雀の間」も、いつか泊まってみたいです。
「俵屋旅館」は、そんなことをあれこれ考えさせる名旅館です。




posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

「俵屋旅館」窓からの風景

「俵屋旅館」の続きです。

少し早く到着したので、お部屋をいくつか見せていただきました。
どれも甲乙つけがたい部屋ばかり。

「俵屋旅館」は京都の密集市街地にあるので、
高密度に部屋が配置されていますが、
どの部屋からも庭を眺められるようになっています。
そして、外を眺めるという点で、様々なタイプがあって、
各部屋全部違うということに驚かされます。

例えば、こちら。
sDSC03491.jpg
忘筌を思わせる障子で風景を切り取った「栄の間」。
椅子に座って地窓からの庭を眺められます。
現代的な雰囲気もありつつも、しっかり和の神髄を感じさせますね。


sDSC03486.jpg
こちらが「富士の間」。
古典的な庭との中間領域に土間があるタイプですが、
部屋から直接、プライベートな庭に出られます。

sDSC03465.jpg
こちらが「暁翠の間」。
こちらも和洋というくくりでは表現できないデザインですね。

sDSC03475.jpg
「暁翠の間」の入口にはプライベートな庭がついています。
小さな庭ですが、とても贅沢な空間ですね。

sDSC03506.jpg
「孔雀の間」の本間は続き間となっているので、
とても伸びやかで、かつ、日本的な雰囲気がよく出ていますね。
左に文机、右奥がデイベッドが置かれた部屋があります。

sDSC03503.jpg
「孔雀の間」の文机。
京都の密集市街地とは思えない見事な庭ですが、実はここは2階。

sDSC03507.jpg
和紙が貼られた小さな部屋に置かれたデイベッド。
横になっても庭が眺められるようになっています。
贅沢なお昼寝ですね。

sDSC03512.jpg
限られた敷地を最大限使い切ったお風呂場の庭。
お風呂からの風景にも気を配っています。

ところで、建築家の間で「俵屋旅館」と言えば、
吉村順三が新館を設計したことで有名ですが、
実はその面影はほとんどありません。
それは少し残念ではありますが、
常に進化し続けているところが、俵屋旅館の凄さだと思います。
中村外二工務店が常にどこかを工事しているとのことで、
庭も内装もメンテナンスがかなり行き届いて、やはり一流です。



posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

「俵屋旅館」のおもてなし

「京都迎賓館」見学のために泊まる宿となると、
やはり「極上のおもてなし」の名旅館に泊まろうということになり、
世界中の誰もが絶賛する「俵屋旅館」に泊まることにしました。
「俵屋旅館」は伊藤博文、大隈重信などの明治の偉人から
スピルバーグ、ヒッチコック、米国大統領などなど、
世界中の著名人が泊まったことでも有名ですが、
建築家の間でも高級旅館と言えば必ずこの俵屋が上がります。
これまでに何度も俵屋旅館の話になりますが、
この旅館の批判をする人に出会ったことがありません。
あらゆる分野の超一流の誰もが絶賛するこの旅館は、
何が、どれほど素晴らしいのかを実際に体感したいと、
前々から思っていたのですが・・・・・
はじめて実際にエントランスをくぐり抜けた時、
やや拍子抜けするほど「さりげない」というのが第一印象でした。
そして、帰る時にはまた来たいと思わせるようになっていて、
これぞ「おもてなし」なのかと、その神髄がわかった気がしました。

sDSC03561.jpg
一流ホテルとは違った質素な入り口ですが、
訪れたのが祇園祭りの時期だったので「ハレ」の顔。

sDSC03535.jpg
雁行しながら、先に進むとこちらに。
気張らない入り口ですが、素晴らしい屏風が飾ってあります。
季節によってしつらえは変えているようです。
高級旅館であることを感じさせない優しい雰囲気ですが、
さりげなくおいてあるものは超一流のもの。
暗がりの先に、中庭が見えます。

sDSC03566.jpg
とても落ち着く小さな中庭です。
廊下が迷路のようになっていますが、ここが分岐点になっています。
庭の向こうに見えるのが、
sDSC03608.jpg
こちらの図書スペース。
到着すると、こちらに通されます。
奥の部屋の壁は、和紙向こう側から光を透けさせる洒落たデザイン。

sDSC03620.jpg
こちらがアーネストスタディ。
オーナーのご主人、故アーネスト・サトウのお部屋だったところですが、
今はだれもが使えるパブリックなスペースになっています。
北欧家具と興味深い本がぎっしり。
本屋ではなかなか見かけかないような数寄屋建築の大型本などもあって、
つい自分の世界に入ってします(笑)。
ただ、部屋は広くはないので、他の人がいるとやや気になる距離感?

sDSC03652.jpg
センスの良い小物やお花があちらこちらに飾っています。

「おもてなし」が「サービス」とは違うのは、
そこに報酬が発生しないからだとどこかで聞いたことがあります。
サービス料はあるけど、おもてなし料というものはなく、
そこがホテルと旅館との違いだということらしい。
俵屋の超一流のおもてなしは、さりげない気配りだと思いました。
マニュアル化させれた親切さの押し売りは一流ではないんですね。
とても勉強になりました。

建物は吉村順三の手がけた新館、施工は中村外二工務店と器も一流。
長くなるので、今日はここまで。


posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

「京都迎賓館」見学

一般非公開の「京都迎賓館」の見学に行ってきました。
東京の迎賓館とともに、国賓を接待する大切な場所として、
日本のトップクラスのものが結集した極上の空間となっています。

sDSC03807.jpg
正面玄関から入ると日本庭園を囲むように回廊があります。
池に浮かぶ石と稲穂をしばらく見入ってしまいます。

sDSC03794.jpg
奥に見える廊橋からの風景は素晴らしいのですが、
そこからの撮影はNG。

sDSC03862.jpg
こちらの和船で、船遊びができるそうです。
乗せていたただきたいところですが、勿論NG。

sDSC03786.jpg
京都迎賓館の中で最も大きな「藤の間」。
左側に能舞台があります。

sDSC03801.jpg
こちらが舞台扉の截金(きりかね)。
テレビなどでもよく紹介される人間国宝の故、江里佐代子氏の作品。
実物を是非、拝見したかったものでしたが、
あまりの完璧さ故にか、意外とその凄さがわかりませんでした。。。。
残念ながら、僕はまだまだ見る目がないようです(笑)。

sDSC03782.jpg
こちらの天井は、様々なシチュエーションに対応できる光天井。
なんとも凄いことになっています。

sDSC03836.jpg
こちらは畳が敷き詰められてた純和風の「桐の間」の廊下。
写真で見ると一般的な日本の寸法体系に感じられると思いますが、
実際はかなり大きな空間です。
日本的な空間に見えるためには単なる部材寸法というより、
縦横のプロポーションとそれに伴った部材の適切な寸法が重要なんですね。

sDSC03823.jpg
そして、こちらが「桐の間」。
全長12メートルの漆の一枚仕上げの座卓です。
これは圧巻です!

京都迎賓館の建物自体は鉄筋コンクリート造の建物ですが、
数寄屋大工の最高峰として知られる二つの工務店、
安井杢と中村外二が内装などで関わっています。

sDSC03856.jpg
土庇を支える柱は石の微妙な凹凸にあわせて木を刻んでいたり、
床は修学院離宮を思い出させる一二三石など、
日本の伝統を感じさせるディテールが随所に感じられますね。

今、日本の伝統的な空間の最高峰は恐らくここだと思いますが、
このような場に実際に身を置くことができ、とても良い体験させて頂きました。

一度で良いので、ここで極上のおもてなしをしていただきたいですね(笑)。



posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

建築視察@韓国・済州島

今回の済州島は、伊丹潤の建築視察がメインでしたが、
他にも気になったものをいくつかご紹介します。

sDSC02544.jpg
済州島の石を積んでつくった壁にコンクリートのまぐさ。
横スリットの向こうには、世界遺産に登録させれている、
城山日出峰(ソンサンイルチュボン)が見えます。

もう少し引くとこんな感じ。

sDSC02538.jpg

石積みの門の奥に、コンクリートの門、
そのさらに奥に先ほどの横スリットが見ます。

sDSC02557.jpg

こちらが入口、ゲニウスロキという美術館です。
この写真を見ても安藤忠雄氏の設計とは、
気づかないのではないでしょうか?
コンクリートの扱い方、空間構成など、
これまでの安藤さんの設計手法とは少し違った印象を受けます。
安藤さんが設計した建物は済州島に他に二つありましたが、
この建物はそう言う意味でも新鮮で、必見ではないでしょうか。

他にもマリオボッタの設計した建物など、
いくつか現代建築を見ましたが、いまひとつ。

sDSC02570.jpg
保存地区の集落にも立ち寄りました。
独特な屋根形状ですね。
トイレ、台所は勿論、部屋がそれぞれ一棟になっています。
いわいる分棟タイプです。
バリ島などの暖かい地域ではよく見られるタイプとは思いますが、
雪の降る済州島のような地域でもこのようなものがあるんですね。

sDSC02812.jpg
こちらは美術館に展示されいたポジャギ。
簡単に言うと韓国式のパッチワークですが、
本場、韓国のポジャギを初めて見ました。
MDSで設計したポジャギの家のポジャギですが、
いろいろんなものがあるんですね。

sDSC02610.jpg
夕食は焼き肉ではなく、海鮮鍋に変更。
ハサミで細かく魚介類を切ってくれますが・・・・・・
少し不思議なもの(?)も含まれいましたが、
マッコリを飲んであまり気にせず完食(笑)!

sDSC02686.jpg
コチラは、ポドホテルの韓式の朝食。

いろいろ盛りだくさんの一泊二日の済州島でした。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

伊丹潤の建築視察@韓国・済州島

済州島の南西には、伊丹潤の作品がたくさんあります。

sDSC02789.jpg

ポド・ホテルからすぐの広大な敷地に、
伊丹潤が設計した集合住宅と美術館が点在しています。

sDSC02750.jpg
こちらは、「三つの美術館・水」。
あいにくの天候でしたが、かろうじて遠くに島が望めました。

sDSC02746.jpg
水面に空が映り込み、静けさの中で自然との対話する装置?
sDSC02753.jpg
そして、「三つの美術館・風」。

sDSC02755.jpg
この日は風があまりなかったのですが、
風が強い日は、風の音が聞こえるのでしょうか?
そして、夏の暑い時期は涼しい風を感じる場所となることでしょう。

sDSC02785.jpg
鉄板のボックスに円筒が突き刺さっった「三つの美術館・石」。
そして、遠くに見えるのが、「二つの手美術館」。

sDSC02786.jpg
円筒から暗い室内に光を入れ、石を浮かび上がらせています。

sDSC02766.jpg
「二つの手美術館」の地下の展示空間。
アートよりも、光沢の床に映り込む光と風景が印象的でした。

sDSC02798.jpg
こちらは「風の教会」。

sDSC02737.jpg
こちらは、PINXクラブハウス。

sDSC02731.jpg
エントランスーホールのトップライト。

sDSC02725.jpg
明暗のコントラストが強く、まわりは暗く沈み込んでしまうので、
柱はしっかりと素材感を感じられる荒い仕上げになっています。

sDSC02582.jpg
こちらは、少し離れた島の中心にある「ザ・クラシック・クラブハウス」。

sDSC02592.jpg
格子のディテールは、日本人にはややラフな感じてしまうつくりですが、
スケールの大きさからするとOKですね。

やはり、伊丹潤の建築は光と影、そして素材ですね。
とても勉強になりました。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊丹潤の「ポド・ホテル」に宿泊@韓国・済州島

伊丹潤の建築視察に韓国、済州島に、
初見先生、他数名と行ってきました。


sDSC02694.jpg
今回のメインはこちらのポド・ホテル
流線型の屋根が特徴的な平屋の小規模高級リゾートホテル。

sDSC02660.jpg
ホテル全体がアート空間といった雰囲気で、
暗がりの先に外の遠くの風景が見ます。
光の反射を巧みに計算していることが伝わってきます。

sDSC02682.jpg
光沢のある真っ黒の石を使って光を感じさせています。
暗闇があるからこそ、光のあたたった緑がとても冴えて見えますね。
左右の遠くの方に抜けのある明るところがあって、
自然とそちらに歩いていこうとさせられます。

右の奥に進んで行くと・・・・

sDSC02667.jpg
このようなスペースになります。
右側は光沢のないカーペットの敷かれた客室への廊下。
左側は中庭に面した光沢のある黒い石が敷き詰められています。
その間はさらに鏡面状に磨いた御影石が、光の風景をを映し込みます。

中庭は自然に近いさりげない雰囲気に植栽が植えられていて、
上部は障子として、下部の風景を切り取っています。

sDSC02675.jpg
障子の和紙は日本では下部のように外側に貼るのが一般的ですが、
韓国は上部のように室内側に貼るようです。
ベンチに座って庭を眺めていると、時間を忘れてしまいます。

sDSC02690.jpg
こちらのレストランも、明るさを抑えているようです。
柱をさりげなく照らし、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

sDSC02624.jpg
泊まったのは韓室のデラックスルーム。

sDSC02646.jpg
夜が明けると格子の和紙越しに淡い光が差し込み、
光沢のある床が上品にその光を反射させています。

sDSC02704.jpg
こちらが、韓紙にニスを塗ったオンドルの床。

sDSC02651.jpg
窓まわりは日本と韓国の折衷の障子です。
それを明けると・・・・・

sDSC02644.jpg
このような感じです。
天井は丸太と漆喰のやや田舎風のデザイン。

sDSC02700.jpg
屋根は流線型ですが、壁はグリットにあえてのせた状態で、
一見、チグハグの印象をうけますが・・・・・
屋根と客室天井の間に、空調が納められていると思います。

sDSC02612.jpg
クロゼットは洗面側とベットルーム側のどちらからも、
洋服を出し入れできるようになっています。
ガラス越しに見える浴室は温泉の檜風呂。

そして、支配人にスイートルームも案内して頂きました。

sDSC02711.jpg
こちら部屋は木張りの少しスタイリッシュな天井で、
こちらのリビングルームの他に、バスルーム二つと、
ベッドルームを4つに分割できるようになっている部屋となっていて、
4人で泊まる場合は、デラックスルーム×2室よりも良かったかも。

素材、光と影、日韓の伝統的なデザインなど、
学ぶべきことがいろいろありました。
他の伊丹さんの作品は、また後日!




posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

続・高知建築視察

高知3日目は室戸岬まで行ってきました。
足摺岬にある故・林雅子さんの「海のギャラリー」と、
室戸岬方面の集落のどちらに行くべきか悩んだ末、室戸岬へ。

sDSC00454.jpg
早朝、高知市内の稱名寺本堂へ。
土佐派の建築家、山本長水氏の設計です。
その後、桂浜、龍馬記念館に立寄り、一路室戸岬へ。

sDSC00486.jpg
途中で岩崎弥太郎の生まれた町、安芸市にも立寄りました。
こちらはその集落で見かけた美しい塀。

sDSC00510.jpg
こちらは、山本長水氏設計の高知県立中芸高校格技場。
到着が昼休み時間にかかってしまいましたが、
丁寧にご案内して頂きました。

sDSC00512.jpg
この建物は建築学会賞受賞作品の名建築ですが、
残念ながら、今は剣道部も柔道部もなく、
今はあまり使われてないようです。。。。。。

sDSC00542.jpg
昼過ぎに、室戸岬に到着。
灯台越しに太平洋を望めます。海は広いです!

sDSC00606.jpg
そして、吉良川町へ。
こんな美しい建物もありますが、
土佐漆喰と水切り瓦、いしぐろの町並みで、
重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

sDSC00577.jpg
この塀も、なんて美しいのでしょう!

sDSC00557.jpg
別のところにやや崩れていたところがありました。
石の切断面を表面に使っているんですね。。。
これは素晴らしい!

sDSC00586.jpg
その後、土佐漆喰の壁に土佐独特の水切り瓦の付いた喫茶店へ。

sDSC00588.jpg
ここは宿泊施設もあるそうです。
質素ながらとても落ち着いた雰囲気です。

sDSC00603.jpg
喫茶店のマスターと話し込んでしまって・・・
飛行機が乗り遅れそうになりましたが、無事東京へ。
充実した高知建築視察でした。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

高知建築視察

今回の高知は堀部さんに竹林寺を案内して頂くのがメインでしたが、
話題の建築を見学してきました。

sDSC00287.jpg
まずは、竹林寺に隣接する内藤廣氏設計の牧野富太郎記念館
是非、ここには来てみたいと以前から思っていましたが、
やはり実際にその場に身を置いてみると、
離れるのが惜しくなるような素晴らしい空間でした。

sDSC00268.jpg
展示空間の尾根に鉄骨の美しい曲線を描き、
それに寄り添うように木架構の屋根をつくっています。

sDSC00276.jpg
傾斜に馴染むようにその鉄骨が地形を包み込んでいます。
素晴らしい!

sDSC00435.jpg
こちらの高知駅も内藤さんの設計。
鉄骨と木造のハイブリットな構造デザインがいいですね。

車で高知市内から2時間程のところにある檮原町に行ってきました。
隈さんの建築がたくさんあります。
sDSC00353.jpg
こちらはホテルと大浴場を繋ぐブリッジでもある雲の上ギャラリー。
日本の伝統技術をストレートに表現したデザイン。
この分かり易さが、隈さんの良さなんでしょうね。

sDSC00382.jpg
こちらは檮原町役場。
行ったのが日曜でしたが、中を見学させて頂きました。
このざっくりとした木架構。潔いです。。。。。

sDSC00400.jpg
そして、マルシェ・ユスハラでお茶を。
ファサードの茅の使い方がとても斬新。

sDSC00409.jpg
そして、高知市内に戻って「沢田マンション」へ。
セルフビルドの建築として有名な集合住宅。
通称「沢マン」の書籍はいくつか出ていますが、
沢田マンション超一級資料 世界最強のセルフビルド建築探訪』は、
大学の初見研究室の後輩、加賀谷哲朗氏の著書。
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

高知、竹林寺の見学

高知、竹林寺に行ってきました。
四国霊場第三十一番札所のお寺で、
納骨堂が今年、竣工しました。
その設計をされた建築家の堀部安嗣さんに、
竹林寺を案内して頂きました。

sDSC00310.jpg
この美しい石畳を登った先に、本殿があります。
雨に濡れた石がとても美しく、
しっとりとしていて風情がありました。

sDSC00318.jpg
こちらが納骨堂
既存の木を避けるような控えめなアプローチ。
そして軒の高さを低く抑えられいているので、
おもわず首を垂れて内部に入ります。
堀部さんに設計哲学を解説していただきました。

sDSC00303.jpg
四国八十八カ所霊場の寺ということもあって、境内も立派です。

客殿でいろいろなお話を聞かせて頂いた後、お店へ移動。
夜遅くまで堀部さんとご一緒させて頂きました。
堀部さん、竹林寺の方々、どうも有り難うございました。
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

レーモンドの新スタジオ@軽井沢

東京は例年以上に暑い日が続きますね。
ということで、避暑も兼ねて軽井沢に行ってきました。

sDSC05786.jpg
こちらはdocomomoにも選ばれている「軽井沢の新スタジオ」。
アントニン・レーモンドが晩年に設計した建物です。
以前から、見学させて頂きたかった建物ですが、
念願かなって、今回初めて拝見させて頂きました。
レーモンド事務所の元所員だった北澤興一さんが所有されています。
ちょうど茅葺き屋根が使えない法規ができた1962年の竣工で、
ガルバリュウーム鋼板を茅の下に敷いて許可が降ろしたそうです。
茅は一度やり変えたそうですが、やはり少し無理があるそうで、
やむなく数年前に茅をとってしまったそうです。

sDSC05781.jpg
不思議な形をした屋根のトップは、暖炉の火が茅に移らないように、
曲った部分に雨水がたまるようになっているとのこと。

sDSC05801.jpg
よりによってこの大事な時に、、、、、
カメラが壊れてしまいました。特に広角側が・・・・最悪!
でも、空間は最高でした。

sDSC05769.jpg
中心の暖炉は構造体になっていて、
その上部に細い丸太が架かっています。

sDSC05766.jpg
スパンがとんでいるからと言って太い材を使うのは野暮とのこと。
確かに、その組み合わせ方がとても美しいです。

sDSC05793.jpg
壁がラーチ合板。レーモンドは好んで使ったそうです。
安くて丈夫で、枠材もラーチにすると一体感を増し、
経年変化で色が美しく濃くなるのが好きだったようです。

sDSC05772.jpg
いぐさの縄で編んだ椅子は長持ちするそうです。
家具はすべてレーモンドの作品です。
ピントがボケていますが、
左から北澤さんと建築家と宮さん、阿部勤さん。
レーモンドが設計した住宅には、
他のデザイナーの家具は一切置かせなかったとのこと。
時々、自分が設計した住宅に行って、自分が設計したもの以外は、
所員にすべて外に出すように指示を出していたらしい(汗)。
さすが、巨匠です!

sDSC05749.jpg
奥の主寝室の天井は、とても複雑な接合になっています。
いろいろと質問するさせていただくと、
北澤さんにとってもお気に入りのところだそうで、
熱く接合部について語っていただきました。

緑の中の佇まい、架構、簡素なインテリアなど、
50年の時を超えた素晴らしい建築でした。


posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

雨の「桂」

今回の旅行の目的は、そもそも「桂離宮」。
現在進行中のサンクトペテルブルグのプロジェクトで、
桂離宮と同じぐらいの大きさの池があり、
その大きさと建物の配置を参考にするための訪問です。

桂4-s.jpg

「桂」もあいにくの雨でしたが、気は持ちようです。
雨の日は緑が映えますし、石の色がはっきり見えます。
しかも、雨の日は晴れた日よりもコントラストが落ちるので、
外の明るいところと室内の暗いところの両方を写したい場合は、
むしろ雨の日が良いくらいです。

DSC01655-s.jpg

池越しに見る松琴亭。

DSC01713-s.jpg

石畳の先に古書院。雨に濡れて石の色がはっきり見えます。

DSC01715-s.jpg

傘をさしていると、自然と下を見る時間が長くなりますが、
一つ一つの石にも趣きがありますね。

DSC01733-s.jpg

床のレベルが高いので、石の大きさがどんどん大きくなっていきます。
よく見ると最後の一段はかなり大きな石です。

桂-s.jpg
雨の日は緑が瑞々しくて、美しいですね。

桂離宮の素晴らしさは、
日本庭園、建物配置から欄間、取手のディテールまで、
すべてにおいて密度が高いということがあると思いますが、
今回は庭園と建物との関係が特に見たかったこともあり、
池に沿って起伏のある小道を歩いていくにつれ
次々と展開する風景に改めて大きな感動がありました。

桂離宮はドイツの建築家、ブルーノタウトに再認識されるまで、
しばらくの間忘れられていたという話がありますが、
日本人としては何とも恥ずかしい話です。
時代によって変わる評価基準というものはあてにならないですね。
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

雨の「修学院離宮」

久しぶりの「修学院離宮」も、あいにくの雨。
事前に予約が必要な修学院離宮は、
晴れるかどうかは運まかせ。

DSC01556-s.jpg

最も高い所にある上の茶屋「隣雲亭」から京都が一望できます。
近くの山々は霧がかかって幻想的な風景でした。

DSC01550-s.jpg

上の茶屋の隣雲亭と言えば「一二三石」などで有名ですが、

DSC01558-s.jpg

雨だからこそ気づいたかもしれないこちらの樋。
建物から遠く離れた小枝で支え、雨水を落としています。
メンテの行き届いた修学院離宮だからこそできるワザとは言え、目から鱗。
雨樋のデザインは普段の設計でも苦労するところです。

DSC01571-s.jpg

軒がしっかり出ているということもありますが、
雨をものともせずにしっかり開いている佇まいが良いですね。
窓の向こうに落ちる雨音が安らぎます。

DSC01577-s.jpg

日本は雨が多く、湿度が高く、しかも暑い。
雨をどうデザインに取り入れるかが重要です。
時代を超えて現存する名作と言われる建物は、
現代のデザインのヒントになるものが沢山潜んでいると思いました。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

京都食べ歩き

夕暮れ時、鴨川の川床のカフェで、まずはビールを一杯。
その後、歩いて「割烹たいら」 という新しくできたお店へ。

DSC01467-s.jpg

カウンターが8席のみの小さなお店です。
料理はとても上品で美味しく、好印象。

DSC01474-s.jpg

3件目は祇園のNITIというバーへ。
堀木エリ子さんの和紙を内装に使ったシルエットの美しい空間です。
そして、ウエスティンホテルに戻り、バーでカクテルを一杯。

DSC01599-s.jpg

次の日の昼は、白川沿いのレストランへ。

itoh1-s.jpg

白川と木造の古い建物。それだけで、絵になります。
川のせせらぎを聞きながら、神戸牛を使った料理に舌鼓。
心安らぐひとときでした。

DSC01616-s.jpg

2階は瓦屋根の連なりが美しい、1階と違った趣き。

DSC01796-s.jpg

そして、締めは八坂の塔の膝下、「東山艸堂」。
広大な敷地に建つ建物は、日本画壇の巨匠、竹内栖鳳の私邸。

sodoh-s.jpg

古さを生かしたモダンな空間で、
緑が美しい昼間にもう一度行ってみたいお店です。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

村野藤吾の「佳水園」に宿泊

村野藤吾氏が設計した「佳水園」に泊まりました。
京都、蹴上の都ホテルの中にあります。
今はウェスティン都ホテル京都という名前になってしまい、
日本人としてはちょっと寂しいですね。

DSC01504-s.jpg
佳水園」はホテルの一角にある数奇屋建築。
こちらが、その入り口の門。

DSC01506-s.jpg
こちらの門をくぐり抜けると・・・

DSC01508-s.jpg
雰囲気が徐々に変わっていきます。
敷き石も、少しづつきちんとしてきます。

DSC01500-s.jpg
基本的には、この庭に面して客室が配置されています。
客室数20室のこじんまりした建物で、低く抑えた庇が印象的。
昭和の数奇屋建築の名作です。

DSC01434-s.jpg
桂水園で最も素晴らしい空間は、このロビーではないでしょうか。
低い天井のこじんまりした空間ですが、とても落ち着きます。

DSC01435-s.jpg
庭に面して雁行した形状になっています。

DSC01503-s.jpg
ホテルなので基本的には共用部は土足ですが、
落ち着いた和のエッセンスが感じられます。

DSC01498-s.jpg
廊下は暗く、狭く、天井が低い。
だからこそ、外の風景が広く、美しく見えるのでしょう。

DSC01417-s.jpg
客室はこのような感じです。
俵屋のような高級旅館をイメージしていると、ちょっといまひとつですね。
お値段からすると仕方がないのですが、
あるいは、村野藤吾の名作ゆえに手がいれられないのかわかりませんが、
水周りや白い蛍光灯の照明など、
時代と共に手をいてれいった方が良いように思いました。
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

北海道建築見学ツアー

僕が実行委員を務めるJIA建築セミナーで、
2泊3日の「北海道の建築ツアー」に行ってきました。
北海道に拠点を置く建築家の五十嵐淳さんの建築を見学した後、
旭川駅、岩見沢駅を経由して札幌、上遠野邸に向かうルートです。
予想以上の参加人数で大型バスでの移動となりました。

DSC01845-s.jpg

五十嵐さんの自邸「矩形の森」と隣のアトリエを見学。
天候はあいにくの雨。

DSC01840-s.jpg

「矩形の森」で五十嵐さんと歓談。
五十嵐さんとは以前より面識がありましたが、
佐呂間はさすがに遠く、念願かなってようやく訪問できました。
北海道の建築なので、できれば寒い冬に体感してみたかったです。
この他に2つの新作を見せて頂きました。
網走湖の湖畔沿いのホテルで五十嵐さんの講演会。そしてそこで一泊。

DSC01919-s.jpg

旭川ではDOCOMOMO100選の旭川市庁舎を休日のため外観だけ見学。

DSC01922-s.jpg

内藤廣氏設計の旭川駅から岩見沢駅に移動。

DSC01945-s.jpg

一昨年、建築学会賞を受賞した「岩見沢駅」を経由して札幌へ。
夜は五十嵐さんを囲んで、実行委員長の工藤さんと堀場さん他数名で、
お酒を飲みながら歓談して・・・

DSC01957-s.jpg

最後の締めは五十嵐さんお勧めの札幌の夜景が眺められるバーへ。

DSC01979-s.jpg
3日目は上遠野邸以外は自由行動。僕は朝早く起きて、
アントンニン・レーモンド設計の札幌聖ミカエル教会に行ってきました。

DSC01961-s.jpg
丸太で組んだ架構が素朴かつ美しい内部空間になっています。

DSC01971-s.jpg
構造計算上は複雑なことになる木の交わり方ですね。

DSC01999-s.jpg

DOCOMOMO100選の60年代の名作と言われている上遠野邸。
以前から伺いたかった住宅のひとつです。

DSC02001-s.jpg
ミースのファンズワース邸に影響されたとのことですが、
桂離宮の月見台をイメージされたというテラスもあります。
北海道の寒い大地に根差した名作です。

DSC01995-s.jpg
ファンズワース邸と決定的に違うのは外壁です。
この煉瓦の質感はおもわず触れたくなりますよね。
建築家の職業病のひとつです(笑)。

DSC02003-s.jpg
上遠野邸を設計した上遠野徹さんの息子さんの克さんも建築家。
詳しく、ご説明して頂きました。

DSC02036-s.jpg
最後は北海道大学のモデルバーンへ。
数年前から一般公開された北海道の重要な木造建築。

北海道の厳しい自然環境に建つ建築を体感して、
風土に根差した建築のあり方を考えさせられた3日間でした。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

京都、嵐山花灯路

仕事の帰りに京都に立ち寄り、嵐山のライトアップを見てきました。
京都はまだ紅葉の季節ということもあり、予想通りの混雑でしたが、
写真で撮るとその喧噪も感じられず(?)幻想的です。

DSC07819-s.jpg

小路に沿って灯りが置かれていて、
竹林はところどころにライトアップされています。
光と闇の対比、さらに白と青の光を使って、
竹林の奥行きを表現したかったのでしょう。
つい、仕事柄、照明計画の視点で見てしまいます。。

DSC07820-s.jpg

そして、仕事柄、ライトの位置とその角度をチェックしてしまいます(笑)

DSC07816-s.jpg

恐らくここが「竹林の小径」の見せ場のポイントですが、
人、人、人・・・・・。竹林沿いの灯りが全く見えません(笑)。
人がいない静かな時に通って見たいものです。

DSC07796-s.jpg

渡月橋と山の木々がライトアップされていました。
明日、12月18日(日)までライトアップされているようですが、
かなり混雑を覚悟の上、お出かけください。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

「八勝館」

名古屋市八事の老舗料亭「八勝館」に行ってきました。
「八勝館」で食事をしたのは初めてでしたが、
以前、近くに住んでいたので、大変懐かしくもありました。

それはさておき、
「八勝館」は北大路魯山人ゆかりの料亭として知られていますが、
建築界では堀口捨巳の設計した名建築として有名です。
docmomoにも選ばれており、近代以降の数寄屋建築として代表的なもの。
八事は名古屋における有数の起伏の富んだ高級住宅地ですが、
その地形を生かしたお庭もお見事です!
紅葉の美しさが時が経つのを忘れさせます。

PC051887-s.jpg
こちらの建物がエントランスとなります。

PC051884-s.jpg
こちらが有名な「御幸の間」です。
近代以降の数寄屋建築の最高傑作。

PC051832-s.jpg
ここも有名なカット。
庭と室内を曖昧につなぐ中間領域です。

PC051826-s.jpg
結婚式の前に見学させてもらいました。

そして、お庭を散策です。

PC051870-s.jpg

小雨が降っていましたが、石畳が濡れてこれはこれで良い感じ。

PC051883-s.jpg


PC051867-s.jpg
少し疲れてきたので、こちらで一休み。

PC051869-s.jpg
滋賀県甲賀より移築した離れの「田舎家」も庭に花を添えます。


PC051878-s.jpg
こちらの縁側はこんな感じ。

PC051868-s.jpg
瓦を差し込んでいます。

PC051855-s.jpg
食事は3人だけだったので、こちらの小さな個室で。

PC051854-s.jpg

外気を取り入れるこの市松の建具。
日本の美意識に感服!さらに庭の方にいくと、

PC051851-s.jpg

庭とのつながりが素晴らしい!!
日本人に生まれて良かったと思うひとときでした。


posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

八ヶ岳のアフガン

遠出の現場の楽しみのひとつはやはりごはんです。
「八ヶ岳の山荘」の現場を少し北上したところに
俳優の柳生博さんがオーナーで有名な「八ヶ岳倶楽部」があります。
そしてその並びに「アフガン」というカレー屋さんがあります。
ここは前から気になっていたお店でしたが、予約ができず、
いつも行列しているか、閉まっているかのどちらかで、
行きたいと思ってからかれこれ10年近くも経ちます。
今回はようやく「アフガン」のカレーにありつくことができました。

DSC07349-s.jpg

紅葉が始まった八ヶ岳のカレー屋さん「アフガン」。
近くの八ヶ岳倶楽部の紅葉も美しく、
のんびりしたひとときが過ごせました。

DSC07346-s.jpg

こちらは1階のエントランス。
平日というのに、30分ほどこちらで待って、
ようやく席につくことができました。

DSC07338-s.jpg

天井を見上げたところ。

DSC07339-s.jpg

これが待ちに待ったカレーです。
評判の「卵ベーコンカレー」1600円。
大きなベーコンがウリのようですが、ちょっと大きすぎ?
カレーじゃないみたいです。
期待があまりに大きかったこともありますが、
値段、待ち時間を考えると味はわりと普通でしょうか・・・?







posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

入笠山

日頃運動不足ということもあって、
久しぶりの登山はハイキング程度で・・・

ということで、今回は入笠山へ。標高1955mです。

DSC05102.JPG

山頂からは360°の大パノラマということでしたが、この日はあいにく霞んでいて、
その素晴らしいはずの展望を拝むことはできませんでした。
晴れていれば北アルプスまで見えるそうです。

DSC05132.JPG

帰りは途中からゴンドラリフトで八ヶ岳連峰の眺望を楽しみながら下山。
その下の急斜面にはなんとマウンテンバイクが・・・
ここは日本最大級のマウンテンバイクフィールドだそうです。

上はゴンドラ、下はマウンテンバイク。
この上下のギャップを撮りたくて、
しばらく眺望どころではありませんでした。(笑)
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

富弘美術館

一路、富弘美術館へ。
2006年に日本建築学会賞の作品賞を受賞した、
ヨコミゾマコト氏設計の美術館です。

高崎から北東へわたらせ渓谷沿いをひたすら走ります。
ふと気付くと、どこからか「もしもしカメよ〜♪」のメロディーが・・・
スピード注意のためか、居眠り防止のためか、
特殊な舗装面を走ることで、聞こえてきているようでした。

後で調べたところ、メロディーロードなるもの。
群馬ではメロディーラインというらしいです。

そしてようやく到着。

DSC05082.JPG

建物内は撮影禁止のため、この美術館の特徴は他に任せるとして・・・
わたらせ渓谷上流の草木湖を見渡す、豊かな自然の中に建っています。

DSC05089.JPG

唯一撮影可能なカフェ。
ここでひとしきり、星野富弘さんのことや詩について考えたくなります。

DSC05091.JPG

展示内容についてはこの時初めて知りました。
「富弘美術館」という名称の建築として捉えるばかりで、
恥ずかしながら、星野富弘さんという方をこの時までよく知りませんでした。
建築よりも星野富弘さんの生き様に深く感銘。

今度はわたらせ渓谷鐵道で行ってみたいです。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

高崎名物・ソースかつ丼

そして高崎から移動する前に、お昼ごはん。
高崎名物のソースかつ丼・・・と言いたいところですが、
ソースカツ丼ではなく、お店伝統の和風ダシのカツ丼です。
時間がなかったのでテイクアウトして車の中でいただきました。

DSC05080.JPG
栄寿亭 カツ丼(玉子なし)¥400。 安い!
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

群馬県立近代美術館

翌日は同じ高崎市内にある群馬県立近代美術館へ。
磯崎新氏設計の1974年竣工の美術館です。

当日の企画展は『司修のえものがたり―絵画原画の世界』。

DSC05055.JPG

多くの人の記憶に残っている絵本や物語で描かれた絵の原画です。
絵をみて思い出す方も多いのではないでしょうか。
物語の世界観を絵で伝えるという情熱が、とてもよく伝わってくる企画展でした。

DSC05076.JPG

DSC05072.JPG





posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

群馬音楽センター

同じく、アントニン・レーモンド設計の群馬音楽センター。
鉄筋コンクリートによる折板構造という特徴ある構造が美しくわかりやすい。

P4293819.JPG

稜線のシャープさに目を奪われますが、
雨水処理の仕方がこれまた興味深い。


DSC05027.JPG

その構造とコンクリートの力強さが内部にも表われてます。


DSC05040.JPG

2階ホワイエ。
当時のスチール製カーテンウォールのディテールにくすぐられます。


DSC05046.JPG

全景が撮れないので模型で。
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

旧井上房一郎邸

次は旧井上房一郎邸を目指して高崎へ。
ここで間違いないと思って車を降りたものの、
門扉は堅く閉ざされ、入口を探してぐるりと一周したところ、
旧井上邸の敷地の一角、高崎市美術館がその入口であることを発見。

旧井上房一郎邸とは、東京・麻布にあった
建築家アントニン・レーモンドの自宅兼事務所に強く感銘を受けた井上氏が、
レーモンドの快諾のもと図面の提供を受け、大工に実測させて再現した建物で、
レーモンドの建築スタイルがよく表われた建築として知られています。
井上房一郎氏とは高崎の実業家で、高崎の文化活動に尽力した人物。

DSC04979.JPG

居間。柱芯と開口部芯をずらした「芯外し」の手法により
窓を大きく開け放し、庭との一体感がつくられています。
自然に対抗した西洋の建築に対し、レーモンドが日本に学んだ、
四季と共にある建築の在り方が表現されています。


DSC04977.JPG

屋根を支える「鋏状トラス」
杉の足場丸太材を使って、柱や登り梁を二つ割の丸太で挟み込んでいます。


DSC04980.JPG

居間見上げ。障子のはめ込まれた高窓から北側の自然光が入ります。


P4293805.JPG

廊下と居間との間仕切りは襖となっています。
開け閉めすることで、違うシーンがつくり出されます。
飴色に艶めいた丸太材の屋根架構が美しい。


P4293797.JPG

寝室。パティオを挟んで居間の向かいにあります。
図面には「ソファベッド」とあったので、
右のソファがベッドになるのでしょうか?


P4293791.JPG

和室。元になったレーモンドの自宅にはなかったものだそうですが、
井上氏がご夫人のためにつくられたものだそうです。
和室の向こうにあるのは前室。


P4293808.JPG

パティオ。この住宅の中心に位置しています。
レーモンドの自宅と旧井上邸との違いは、前掲の和室の他に、
このパティオに対してプランが反転している点です。


DSC04961.JPG

庭に伸びる深く美しい軒


DSC04969.JPG

「居間」で寛ぐ皆の衆。


建築資材が高価で不足がちな戦後まもない時期、
簡易さと経済性を求められた結果、生み出された「レーモンド・スタイル」。
その時代に真剣に向き合って生まれた名作(写しですが・・・)を体感し、
今の時代をどう捉え、建築をつくっていくかを考えさせられるひとときでした。

余談ですが、高崎市美術館では当日、
岩合光昭写真展 ねこ -真っすぐに生きてる- を開催中!
以前、東京で見逃した写真展で、まさかこんなところで巡り会うとは
思ってもいませんでした。ああ嬉しい。
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする