2011年08月12日

事務所(ちょっとだけ)改装!塗装の巻。

2月に事務所を移転し、内装に少し手を加えよう思いながらも、
諸々あってなかなか手を付けられたなかったのですが、
お盆休み前にようやく決行することができました。

改装の趣旨は、「材料のサンプル帳をつくる」です。
この日は塗装のサンプル製作です。

DSC05946.JPG

下塗りで塗装体験させてもらえるというオマケ付き!

DSC05948.JPG

祝!完成!!
写真ではよくわからないですが、
間接照明下の壁にうっすらベージュ系、
奥の壁は渋いグリーン系を塗りました。
塗装と言えども、素材感たっぷりの塗料です。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

大学は夏休み

今年は理科大と日大の2年生の設計製図を、通年で担当しています。
週2日抜けるのは結構厳しいですが、希望に満ちたやる気のある学生からは、
若いエネルギーを貰っているように思います。

大学の建築学科の設計製図の授業は、2年生ぐらいから始まることが多く、
1年に4課題出題され、学生が考えてきた案について、
個別またはグループでコメントするという形式が一般的です。
その他に、僕は個別指導の前に30分くらい小話をするのですが、
その内容は、学生のうちにやっておくべきと思っていることや、
業務における設計と学校の課題における設計では若干異なること、
大切にすべき点も少し違うといったこと等々。

今年は両大学で2年生の第二課題を出題することとなり、
MDSで設計した「荻窪の家」の敷地において、
「20年後の私の家」という課題を出しました。
およそ350人が考えるといろんな案が出るもので、
中には2年生とは思えない案もありました。
日大の学生が理科大の講評会にも参加し、その後の懇親会で、
同じ課題を見せ合うなどの交流もあり、有意義なものだったと思います。

気がつくと7月末。学校もようやく夏休み。
とは言っても、学校の夏休み中はオープンデスクというものがあって、
今年は2名の学生が実務体験をするため事務所に来ます。
毎年、学生から多数希望がありますが、
仕事、スタッフとのバランスもあり、あまり多く受け入れできません。
学生諸君!夏休み以外は大歓迎ですので・・・・

DSC05511-s.jpg

こちらは、日大の第一課題の全体発表風景の写真。
僕が設計指導を担当した学生が全体で一位になりました。
第二課題も一番でした。おめでとうございます。
学生自身の評価ですが、なんとなくこちらもうれしくなります。



posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

東日本大震災「たまらん坂の家」で

東日本大震災で被災された方々、関係者の方々におかれましては、
心よりお見舞い申し上げると共に、一日も早い復旧をお祈りいたします。

震災後、これまで当事務所が手掛けた全ての建主さまにご連絡し、
建物に問題のないことを確認致しました。
問題がなかったことを確認できた一方で、
私たちの責任の重さを改めて痛感し、
今後も建主の財産を守るということは勿論、
社会資本として建築、そして街をどのようにつくっていくべきかを、
真剣に考えていかねばならないと思いました。

震災当日は「玉川上水の家」、「たまらん坂の家」の竣工後検査で、
私たちは事務所を空けておりました。
「たまらん坂の家」のある多摩東部は震度5弱とのことのようなので、
東京都心の震度5強よりはやや揺れが小さかったのかもしれません。
尋常ではない揺れであると感じてはいたものの、そのまま検査を続け、
工務店さんはシーリングなどの手直しを行い、帰宅の途につきました。
JRが終日運休との発表があったので、私たちは歩いて都心に向かい、
幸いにも2、30分ほどでタクシーをつかまえることができました。

都心方面へは帰れない家族を迎えに行く車で渋滞し、
普段であれば1時間もかからない距離で、3時間半ほどかかりましたが、
とても恵まれた状況だったと思います。
環七より内側に入ったあたりから外側に向かって歩く人が増え始め、
山手線、明治通りと都心に近づくにつれ、その数が徐々に増し、
都心部の混乱した状況がようやくわかってきました。

事務所に戻った時には、既にスタッフにより
棚から落下した本や模型が元に戻されていたので、
正確な被害状況はわかりませんが、
私たちが受けたダメージは比較的少ないように感じました。

節電および計画停電による交通機関のダイヤの乱れや、
協力事務所、工務店、メーカーとの連絡が取りにくいことが、
やや通常通りとは言えない状況ですが、
極めて恵まれた状況であることには間違いありません。

ただニュースを観て、節電、募金を行うだけではなく、
建築家として今、何をすべきかをよく考え、
社会に対して責任ある行動をしていきたいと思っております。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

事務所、移転しました!

3月1日から事務所を南青山に移転致しました。
青山通りから骨董通りを曲がってすぐのところで、
最寄駅の表参道から徒歩5分ぐらいです。
渋谷駅、原宿駅からですと歩いて約20分。
是非、近くにお越しの際はお立ち寄りください。

住所はこちら→東京都港区南青山5−4−35
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

大晦日とお正月

昨年の大晦日は毎年・・・ではないですが、
恒例のジルベスターコンサートで年越しでした。

DSC04277.JPG

今回の座席は、なんとオーケストラの真横。
音響環境としては完璧ではないのでしょうが、
演奏者の様子が間近で見られ、
躍動感の伝わってくる目にも楽しい席です。

DSC04270.JPG

オーケストラの背後にも座席があります。
観客の視点からするとかなり不思議な眺めでしょう。

カウントダウンの演目はストラビンスキーの「火の鳥」。
指揮者は今回も年明けに合わせた見事なタクト裁きでした。

DSC04283.JPG

そして元旦、念願の中華おせちです。
毎年食べてみたいと思いつつ見送ること数年。ついに実現です。 
イメージどおり、品数豊富でどれもとてもおいしい!

※蓋を開けたとたん箸をのばしてしまったため、実は食べかけです(汗)
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

年末年始のお知らせ

年末年始は

12月29日(水)〜1月4日(火)の間、

お休みとさせていただきます。

1月5日(水)より平常業務となります。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

ボジョレーヌーボーを飲みながら

ボジョレーヌーボー解禁から少し経ちますが・・・・

事務所内で解禁当日に買っておいたボジョレーヌーボーを飲みながら、
先月のメキシコ、アメリカ建築視察の報告会を行いました。

今年のボジョレーヌーボーは円高の影響もあり、価格は例年よりも安め。
ワイン通からすれば、所詮、ボジョレーヌーボーなのでしょうが、
この季節の風物詩のひとつになっていることは間違いないでしょう。

DSC04007.JPG

飲み比べたのは今年の最高金賞受賞のものと、話題の格安ペットボトル。
ボジョレーヌーボーはフレッシュそのものを飲むわけなので、
ペットボトルでも味はそれほど変わらないと予想。
ボトルは捨てってしまって名前がわかりませんが、
酒好きのスタッフ一同の評価によると、最高金賞受賞の左のものは値段相応においしく、
ペットボトル入りの右のものはちょっと甘めでまあ、こんなものかといったところでしたが、
真ん中のものは格安を感じさせないおいしさで、コストパフォーマンスは抜群。
つまりボジョレーヌーボーは、ものによってはペットボトルがお買得ということでしょうね。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

広東料理「SENSE」

マンダリンオリエンタル東京のレストラン、広東料理の「SENSE」に行ってきました。
中華料理の熱く力強いイメージとは異なり、とても上品で涼しいお料理でした。
マンダリンオリエンタル東京が開業5周年とのことで、その特別ランチコースを賞味。

DSC02432.JPG
野菜のオードブル盛り合わせ

DSC02434.JPG
三種類の蒸し点心。左奥はなんとウサギ!いただく順番に迷いました。

DSC02438.JPG
ヘルシーな豆腐料理。具材が湯葉に包まれ、餡がかかっています。

DSC02442.JPG
本日のお粥。カリカリに揚げられた湯葉(たぶん)との組み合わせがいい!

DSC02443.JPG
香港の健康デザート。濃厚ですが、さらりとした後味です。

品数が多く、この他にも3〜4品ありました。満腹です。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

「たまプラーザの家」に招かれて・・・

夏休みのある日、
お食事に招かれ、「たまプラーザの家」に伺いました。

DSC02325.JPG

お隣の栗の木は実もたわわに、今か今かと旬の季節を待っていました。
バルコニーから手を伸ばせば、うっかり収穫できてしまう近さです。(笑)


DSC02328.JPG
なんと、棒々鶏に柿の種がたっぷり!
この食感、たまらなく新鮮でおいしかったです!


話が尽きないというか、話し出したら止まらない性分で、
夜の家の雰囲気を楽しむ間もなく、喋り続けました。
写真もこの2枚のみというのが物語ってます・・・

喋っていても、写真を撮る間はなくても、
お料理はしっかりいただきました。
とってもおいしかったです。
楽しい時間をありがとうございました。




posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

隅田川の花火とスカイツリー

ブログ、相当サボりましたが・・・・・、再開です。

まずは季節柄、花火のお話。
毎年恒例、隅田川花火大会。
この時だけ発足する花火部の部員として、部活動してまいりました。
もう10年以上続いている部活(?)で、特等席での観賞です。

DSC02295.JPG

今年はなんと、工事中の東京スカイツリーと同じ視界で満喫。
再来年のこの日には、東京スカイツリーのライトアップと共に
花火を観賞ということになりそうで、それは楽しみです。

闇に浮かぶ真っ暗な東京スカイツリーと花火の組み合わせは
来年までということで、貴重な瞬間です。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

卒業設計審査会(東京理科大)

昨日は東京理科大学の卒業設計審査会に行ってきました。
事前に各講師が行った採点を元に10人が選ばれ、
プレゼンテーション3分、質疑7分で行われました。
その後、各講師3票で投票し、その結果をプロジェクターで映しだし、
一作品ごとに各講師が議論していきました。
この過程はすべて公開で、学生が会場を埋め尽くしていました。
ワインを飲みながら(ここが理科大の審査会の最大の特徴?)、
真剣な本音の議論が延々と続きました。
司会は教授の小嶋さん、審査員として出席していた講師は、
新居千秋さん、西沢大良さん、山下保博さんなど建築家20名程。
毎年、この議論は長時間(約8時間)におよび、終わったのは9時頃。
その後は学生を交えてお酒を飲みながら話をしていると、あっという間に終電。
とても密度が濃く、楽しい一日でした。

R1268040.JPG
写真を撮る雰囲気ではなかったので、イマイチな写真ですが、
こちらが一等、沖縄普天間基地跡地の計画のプレゼンテーション。
やはり理科大も一等は女性で、男子学生より元気のある提案でした。
posted by MDS at 18:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

卒業設計審査会(日大)

日大の卒業設計審査会に行ってきました。
午前中の1次審査は、約100作品から各講師が8名を選び、
票数の多い15名が午後の2次審査に進みました。
僕の事務所にアルバイトに来てくれていた学生が2等になりました。
残念ながら1等は逃しましたが、
彼の成長は自分のことにように嬉しく思いました。

R1268008.JPG
こちらは僕の事務所にアルバイトに来てくれていた清水君の作品。
1次審査はこんな感じで100作品が展示されいます。
図面と模型だけでインパクトを与えないと2次審査に進めません。

R1268019.JPG
2次審査の清水君のプレゼンテーション。
残念ながら1等を逃し、2等。

R1268022.JPG
一等はこちら。タイトルは「難民住居」。
どこの大学も今は女性の方がダイナミックなものをつくるような気がします。

この時期は卒業設計の審査会のシーズン。
明日は、東京理科大に行ってきます。
posted by MDS at 18:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

あけましておめでとうございます

みなさま、あけましておめでとうございます。

今年の初富士です↓

DSC00584.JPG

この空気感、伝わるでしょうか?
シャッターを押す一瞬でも指が凍りそうなほど、
キーンと張り詰めた冷たい空気。
そのせいか見事な富士山を撮影することができました。


DSC00581.JPG

そして初詣に行った八ヶ岳山麓、身曾岐神社の能楽殿。
舞台は前景である神池の上に浮かぶように建てられており、
夏の薪能の際にはその姿を映す水鏡となって、
幻想的な世界が宵闇に浮かび上がるといいます。
そして更にその神池の水そのものが、
音響を効果的に増幅するという作用も兼ねているとのこと。

この日は氷が張っているほど、実に寒かったです。


posted by MDS at 10:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

今年も自家製!年越そば

あれもこれもアップさせなきゃ、と思っているうちに時は流れ、
あっという間に年末。そして大晦日。

DSC00577.JPG

今回も実家手打ちの年越そばをいただきました。
「そば、打つ?」という話になってから、
打ち終わるまで実に手際よく、とてもおいしかったです。

今年ブログしそこねた話題がまだまだ残っているので、
追々アップしていきます。季節外れのものもありますが、
ご容赦を(汗)
posted by MDS at 23:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

武蔵野うどん

ここ半年程、工事監理で通っていたのに、
地元の名物「武蔵野うどん」の存在を初めて知りました・・・

DSC00159.JPG

「武蔵野うどん」とは太くコシの強い、ごろっとした断面のうどんで、
ざるに盛られたうどんを、暖かいかつおだしのつゆに絡めていただきます。
その名のとおり、武蔵野(多摩地域・埼玉西部)の辺りで
昔から食されていた郷土料理で、小麦の産地であったことに
由来しているとのこと。
今回いただいたのは肉汁うどん。豚肉や野菜の甘みも加わって、
それはそれはおいしい、クセになりそうなうどんでした。
この季節にいただくのがぴったりです。

DSC00161.JPG

おなかもいっぱいになり、帰りは黄葉の美しい玉川上水を散策。
ラベル:グルメ
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

ボジョレーヌーボー試飲会

話題が遅れがちですが・・・

11/19解禁のボジョレーヌーボーを、12月に入ってから賞味しました。
せっかくだから飲み比べをしようということになり、2本購入。

DSC00170.JPG

左がボジョレー・ヌーヴォー・レ・シェ・ヴォーケロワ
右がボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー[2009]エリック・パルドン
特にボジョレー通という訳ではないので、気分で選択。


DSC00207.JPG
スタッフ差し入れのキムラヤのパンも一緒に。

レ・シェ・ヴォーケロワはとてもフルーティーかつフレッシュな、
これぞヌーヴォーという印象。
エリックの方はヌーヴォーというよりワインに近い渋めな印象。
飲み比べてこそわかる違いを堪能し、いよいよ判定へ。

軍配は・・・・全員エリックに。
あの〜、ヌーヴォーなんですけど?という問い掛けは空しく、
スタッフ全員、酒好きであるということを改めて認識した夜でした。

posted by MDS at 23:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

「小平の家」照明の検査・調整&取材

今週末オープンハウスの予定の「小平の家」。
照明の検査・調整&取材で出掛けてきました。

DSC00020.jpg

今回の見せ場は大きな屋根。
この特徴を生かした照明計画になっています。


R1267879.JPG

1階部分。照明全開って写真になってますが、
もちろん部分的に点けたり消したりして、
いろいろな雰囲気が楽しめるようになっています。


DSC_0071.jpg

夜景。外構がまだ出来ていないので、全体像が完成してませんが、
まだまだよくなる予定です(笑)
posted by MDS at 21:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

根津散策 ―根の津―

そしておなかがすいてしまったので、根津のうどん屋さんへ。
讃岐うどんの「根の津」の暖簾をくぐりました。

R1267703-1.JPG

暖簾の色が鮮やか!


DSCF0049.JPG

冷たいうどんを食べたくて、生醤油うどん(650円)をいただきました。
すだちの香りがさわやかな、ツルツルとしたコシのある
とてもおいしい一杯でした。また食べに行きたい。
posted by MDS at 23:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

祝−いわい−@千駄木・旧安田楠雄邸

この週末は縁あって、「祝−いわい−」という展示会に出掛けてきました。

会場は千駄木の旧安田楠雄邸。
伝統的な和風建築に西洋の建築様式や技術を取り入れた建物で、
7組の書道家、華道家、陶芸作家、金工作家、デザイン事務所が
それぞれの視点で日本の伝統的な「祝いごと」を表現するというもの。

西洋化する生活スタイルの中で、
目にすることが少なくなってきた日本の伝統的な「祝いごと」。
その「祝いごと」の持つ美しさや意味を再確認してもらうという趣旨で
行われたようです。

R1267701.JPG
旧安田楠雄邸の門構え。玄関までのアプローチに風情があります。

DSCF0048.JPG
玄関の軒先には華道家・片桐功敦氏の作品が。
これから始まる「祝いごと」への高揚感に満たされます。

R1267695.JPG
洋風の応接室のある応接部分から住居部分につながる長い廊下。
庭側の板敷き部分を家人が、畳部分を客人が歩いたそうです。
畳の廊下は当たりが柔らかく、新鮮な感覚を覚えました。

R1267671.JPG
「残月の間」より庭を眺めています。
残念ながら床の間部分の写真がうまく撮れませんでしたが、
表千家の残月亭を模してつくられているそうです。
お茶とお茶菓子をここでいただきました。

DSCF0025.JPG
「茶の間」では月見の宴が・・・
床の間に掛けられた掛軸の「月」が水盤の水面に写り、花が彩りを添えています。
書は書道家・大橋陽山氏、花器は陶芸家・二階堂明弘氏
花は華道家・片桐功敦氏のコラボレーション作品です。

DSCF0033.JPG
2階に上がって「予備室」。
「予備室」という殺風景な名に反して、とても情趣ある部屋です。
さっきまで誰かが居たような、それでいてずっと前から誰もいなかったような、
時が止まってしまったかのような静けさ漂う絶妙なインスタレーションです。
書は書道家・大橋陽山氏の作品です。

R1267700.JPG
台所。この時代には珍しいトップライトのため、
昔の台所としては明るい空間となっています。
コンロの真上には換気口(手動で開けます。多分。)まであります。
ここでお茶とお茶菓子が用意されていました。

展示自体をその意図する表現のままに撮るのは難しいので、
全ては載せられませんが、記憶の中に留めておきたいと思います。
posted by MDS at 23:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

根津散策 ―ゆうカフェ―

週末は根津の「ゆうカフェ」で少し早めのお昼ごはん。
早い時間だったため、お店にいちばん乗り。
空いていて、ゆっくり静かにいただくことができました。


DSCF0004.JPG

お店の看板メニュー”ビーフシチュー”。でも実はコーヒーがいちばんの売り。


R1267649-1.JPG

築75年の建物を改装した店内。カウンター奥の建具が目を引きます。


posted by MDS at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

シルバーウィークもお疲れ様です。

今日は二つの現場に行ってきました。
シルバーウィークというのに、現場は大忙し。
現場の方々、お疲れ様です。

P9231182-b.jpg

午前中は「小平の家」。
建主のNさんとインテリアの壁、家具の色見本を確認。
天井もだいぶ出来上がってきました。
構造体がダイナミックな空間になっています。


P9231200-b.jpg

午後からは「荻窪の家」。
今週末、オープンハウスの予定なので、現場は大忙し。
いつものアングルですが、養生をとればほぼ完成です。

posted by MDS at 20:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

「荻窪の家」現場監理の帰り道

「荻窪の家」の現場監理の帰りに、
南阿佐ヶ谷駅のすぐそばの「スター餃子」という店に行きました。
その店はどうやら有名なお店のようでしたが、
なぜか阿佐ヶ谷においしい餃子屋さんがたくさんあるようです。

P8270416.jpg
手前が「厚かわ餃子」で、奥が「スター餃子」。
他にも数種類の餃子がありましたが、この二つがオススメ。
posted by MDS at 23:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

夏野菜のパスタ

少し前、パスタをつくることにはまったことがあります。
数冊の料理本を買って、それぞれのレシピで、
毎日、朝昼晩とパスタをつくっては食べ比べるといった感じでした。
久しぶりにつくったパスタは、
3色のパプリカとズッキーニの入った夏野菜のパスタ。

DSCF0059.JPG
シンプルだけど、色どりが美しく、なかなかおいしい。
posted by MDS at 17:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

サバイバルな光景

夏休みのある日、
モーレツなアピールを目の当たりにしました。


DSCF0002.JPG
こっち!こっち! 親鳥が餌を運んでくる影、見えますか?

DSCF0003.JPG
親鳥が去ると、何事もなかったかのように身を寄せ合う小鳥たち(苦笑)
posted by MDS at 23:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

mahika mano (Hammook cafe + gallaly)

友人と一緒に吉祥寺でお茶をしました。

ハンモックのショールームを兼ねたカフェ、マヒカマノ
店内には椅子の代わりにハンモックがぶら下がっていて、
その心地よさを体感することができます。

とても不思議な光景です↓


DSCF0003.JPG
みんな思い思いにゆ〜らゆら。
posted by MDS at 19:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

玉川上水の緑

「小平の家」の現場に行く途中に、玉川上水沿いを歩きます。
深い緑が強い日差しを遮り、すこしばかり涼しい感じがします。

R1267501-1.JPG
橋から見下ろすと、大きな木々の下に水が流れているのが見えます。

R1267502-1.JPG
その両脇の小道はどこまでも、どこまでも続いています。

posted by MDS at 12:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

「サレルノ」に行ってきました!

今年から東京理科大学で教鞭をとっていますが、
その途中駅「流山おおたかの森」にある「サレルノ」、
というイタリアンレストランに、先日久しぶりに行ってきました。
数年前に内装設計で携わったお店です。

R1266449.JPG
こちらは前菜。

R1266452.JPG
こちらは湘南のシラスとカラスミのパスタ。
ピザかパスタを選んで、コーヒー付きで1280円とリーズナブル。

5p01[1].jpg
こちらは外観。空席が目立つこの写真は、竣工写真。
昼のランチ時は満席でした。写真を取り損ねたので・・・(笑)。

ラベル:グルメ
posted by MDS at 13:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

絵画館の前に・・・

絵画館DSCF0035.JPG

いちょう並木を通り抜けた先の絵画館の前に



巨大かつ真っ赤な物体が・・・


絵画館DSCF0034.JPG

さかな・・・かな?



絵画館DSCF0039.JPG

あ、浮いた!



絵画館DSCF0040.JPG

どどぉ〜ん〜〜〜


まるで大きな水風船が地面に叩きつけられたような
鈍い地響きをたてて落ちてしまいました。

風船が歪な形をしてるので、膨らますのが大変そう。
気になりましたが、時間がかかりそうだったのでやむなく立ち去り。
どうなったかな?


posted by MDS at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

八ヶ岳の鯉のぼり

ちょっと日が経ってしまいましたが・・・


DSCF0060.JPG
色とりどりの鯉たち。奥にいくほど大きな鯉になってます。


山の中でいっぱい泳いでいました。
大きい鯉ほど、そう簡単には泳いでくれませんが・・・
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

赤プリの夜桜

グランドプリンスホテル赤坂、通称「赤プリ」。
ここの桜は毎年見事です。
外濠の水面に映る二重の夜桜には、立ち止まらずにはいられません。

(撮影を試みましたが失敗。以前のブログをご参照下さい・・・)


赤プリ桜DSCF0017.JPG

外濠に面した桜並木の内側。都会の喧騒の中、別世界が広がります



赤プリ桜DSCF0023.JPG

桜の足元のきれいに刈り込まれたツツジも満開。ふわふわ絨毯のよう


ここはその昔、紀伊和歌山藩徳川家の屋敷があったところだそうです。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

気になる団地

団地マニアが見れば、どこの団地かすぐわかる?!


団地DSCF0016.jpg
今頃、桜並木が満開だろうな・・・

施工中の現場への道中、いつも気になる風景。
団地マニアでなくっても、その圧倒的な存在感に、つい目を奪われます。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

アルゼンチンのエコデザイン


インカインディアの伝統的な手織物の技術を再生・進化させ、
独自のエコ商品を展開しているトリバリア・エコデザイン社。
そのレセプション・パーティーでアルゼンチン大使公邸に行ってきました。

R0014588.JPG
中央で説明しているのがデザイナーのマリアノ・マエストリ氏

アルゼンチンDSCF0006.JPG
トリバリア・エコデザイン社の手作りの椅子とカーペット

アルゼンチン・パタゴニア地方の天然の羊の毛を使い、
トマトやレモンといった自然界の素材より染色した織物による品々。
日本での販売はまだこれからのようです。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

スイーツ

ガラスのショーケースに陳列された
おいしそうなスイーツたち。

建材展DSCF0025.JPG
どれにしようかな?


実はこれ、建材・タイルの展示風景です。

毎年、東京ビッグサイトで行われる建築・建材展。
そこにはありとあらゆる建材が集結し、
自社商品のアピールに全力を尽くします。
趣向を凝らしたプレゼンテーションを見るのも楽しい。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

3万5千人の大移動



走る。

東京マラソンDSCF0096.JPG




走る、走る。

東京マラソンDSCF0097.JPG


3万5千人の大移動。
6.5倍の倍率を突破し、大都市・東京を駆け抜ける人々。
GROOVISIONSのモーショングラフィックを彷彿とさせる風景です。
来年もまた見たい。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

日大卒業設計審査会

2月は卒業設計の審査会のシーズンです。
先週、日大生産工学部の審査会に行ってきました。

R0014423.JPG
体育館に100作品くらいが展示してあり、そこから各審査員が8点選出し、
その上位十数名が2次審査に進みました。

R0014428.JPG
2次審査は、学生のプレゼンテーション、その後質疑応答があり、
各審査員持ち点6点を、3作品に分配するというルールでした。
2等は2作品が同点になり、審査員の間でディスカッションの後、
再度投票を行い、順位が決定しました。

R0014412.JPG
惜しくも敗れた3等の作品です。
審査員が変われば順位は変わっていたと思います。
これをバネに頑張ってほしいものです。
ちなみに、僕は今年の中で一番良い作品と思いました。

R0014414.JPG
MDSにオープンデスクとして来てくれた巣木君の作品。
3位入賞は果たせませんでしたが、上位に食い込み、デザイン賞を受賞。




posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

稜線くっきり

引渡し前の施主検査。
週間天気予報では「暴風雨」暴風雨.jpgだなんて

予報も一時ありましたが、あれは一体何だったんでしょう?

見事に晴れ渡り、屋根の稜線くっきりです。

稜線DSCF0009.JPG
なんとも可愛らしいお家が出来ました

それにしても「暴風雨」のお天気アイコン、滅多にお目にかかりませんね。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

作品展示@ハービス PLAZA ENT

昨年末に公開審査のあった六甲山上の展望台のコンペでは、
MDSは惜しくも2等で実施を逃してしまいました。
2月19日まで大阪、西梅田のハービスPLAZA ENTで、
入賞(5点)+佳作(7点)の作品展示が行われています。

【期間】2月3日(火)〜2月19日(木)
【時間】11:00〜20:00
【会場】ハービスPLAZA ENT3F

六甲山コンペ展示.jpg
神戸の知人が写真を送ってくれました。
ショーケースの左下の模型がMDSのもの。
詳細はこちら
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

冬と言えば・・・

冬といえば・・・


ふぐDSCF0047.JPG

何かって言うと





ふぐDSCF0045.JPG


ふぐたちです。

今か今かと待っているのか、

いやだいやだと身を寄せ合っているのか、

その心はふぐたちにしかわかりません。


そしてザブンと鍋の中へ

ふぐDSCF0039.JPG
とらふぐの皮はコラーゲンの宝庫(らしい)。そのコラーゲンを出汁に溶かしたてっちりです

写真はまだ具が入る前の鍋です。
コラーゲンゼリーなるものが出汁の中に放り込まれ、
あっという間に溶けてしまいました。

今時の鍋はIHなんですね。
IHヒーターの上に土鍋ではなく、
防水紙を金属プレートで押えた竹篭が鍋代わりになっていました。
竹篭でてっちりだなんて、ちょっと変わった風情があります。

ラベル:グルメ
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

年越そば

前回はコンサート会場で年明けを迎えたので「年越しちゃったそば」でしたが、
今回はしきたりどおり、コンサートに出掛ける前の年越し前に
「年越そば」を食べました。

年越そばDSCF0010.JPG
実家手打ちの年越そば。おいしかったです。 ※注!そば屋ではありません。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

ジルヴェスターコンサート2008-2009

大晦日の話に遡りますが、
一昨年同様、ジルヴェスターコンサートに行ってきました。
コンサートは大晦日の夜9時スタートで、年明けまで行われます。

2008年最後の演奏はベルリオーズの「幻想交響曲」第4楽章。
これを2009年午前0時ピッタリに演奏し終え、新しい年を迎えるわけですが
今回はなんだか、ちょっと、あれ?と感じさせるビミョーな感じ。
なんと、指揮者の手元の時計と会場の時計がややズレていたらしく、
それに気付いて「なんとか会場の時計に合わせました(汗)」と
指揮者自らカミングアウト(笑)

「2009年は『うるう秒』が入るからね〜。」と音楽監督がフォローしていました(笑)
でも「うるう秒」ってグリニッジ子午線の時刻を基準にしているので
日本では元旦の朝9時前に1秒追加されるらしい。初めて知りました。

R0014241-1.JPG
一昨年のジルヴェスターコンサートの様子はこちら
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

あけましておめでとうございます

この年末年始は快晴続き。
暗い話の多い昨今ですが
この天気のように、清々しい一年にしたいです。

初日の入DSCF0015.JPG
葉山の丘から日の入り後の夕景

元旦は初日の出ならぬ初日の入りを見に行きました。
抜けるような空、くっきりと浮かび上がる稜線
夕日に映える雲がとてもきれいです。
大島、伊豆、房総は見えましたが
残念ながら富士山だけは雲の中でした。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

六甲山上の展望台 公開審査2

「六甲山上の展望台」のコンペでは
展望台の他にコンテンツの提案も求められました。
六甲からの眺望の素晴らしさは、
自然の中で風を感じながら五感でその美しさを体感できることだと思います。
しかしながら、六甲山は麓との気温差が大きく、風もあり、
展望で滞在するには辛い季節が多いため、
寒い季節でも快適に展望を楽しむことができるように「足湯」を提案しました。

足湯.jpg
六甲の大地に座り込み、或いは寝転んで、裸足になってお湯に浸り、
眼下から頭上に開放された風景が身も心も解きほぐす、
未体験の展望ゾーン。

断面模型.jpg
二次審査で使用した断面模型の写真です。
日大の学生(関川さん、松本君、小太刀君、山本さん、清水君)に
協力してもらいました。
薔薇のように何枚もの花弁が重なりあった形状をした空間となっています。

見上げ .jpg
展望台にあがるスロープの上部が足湯になっています。
薄暗い曲面の壁に挟まれた空間は、
水面にきらめく光が眩しい海底のイメージです。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

六甲山上の展望台 公開審査

先日、神戸の六甲山に行ってきました。
日本建築家協会(JIA)が主催する実施コンペの二次審査で、
100名を超える応募者から一次審査通過の5名による公開審査です。
お題は夜景のとても美しいところに建つ「六甲山上の展望台」。
詳しい内容はこちら
かなりの接戦だったようで、結果は惜しくも2等。
1等は大学時代の同級生、三分一でした。
このようなコンペで1等をとるのは極めて難しいことですが、
やっぱり2等は悔しいです。

公開プレゼン風景.jpg

公開審査は六甲ケーブル山上駅の六甲ヒルトップギャラリーで行われました。
TV、新聞、出版関係者なども来ていて、審査会場は超満員。
立ち見の方も大勢いらっしゃいました。
右側の方でプロジェクターに映した映像を説明しているのが私(森)。
あちら側に座っていらっしゃるのが審査員の方々です。

DSCF0068.jpg

公開審査が終わった時はもう夜。
その後、審査員、入賞者など大勢の建築家、および関係者の方々と
六甲ガーデンテラスのジンギスカンパレスへ。
その夜は、六甲山ホテルに宿泊させて頂きました。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

赤坂見附交差点

自転車で事務所から帰る途中にある赤坂見附交差点。

R0014024-2.JPG
毎年恒例の赤坂プリンスのイルミネーション。
あんまり品が良いものではありませんが、
高速道路や立体交差の隙間から見た時のインパクトを考慮すると、
分かりやすい巨大クリスマスツリーもいいかもしれませんね。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

紅葉

自転車で事務所に向う途中の風景。
今は桜の時期同様、とても気持ち良い季節。

R0014027-1.JPG
神宮外苑のイチョウ並木。
並木の左右で色づくタイミングが違うようです。
微妙な日当たりの違いで差が出るのでしょう。

R0014032-1.JPG
代々木公園はもうピークを過ぎた感じ。

R0014044-1.JPG
事務所の近くの西参道は今が見ごろ。
遠くに見えるのは、新宿高層ビル群。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

改正建築士法・政省令解説講習会

今月28日から施行される改正建築士法について
詳細把握のため、説明を聞きに行ってきました。
会場は東京ビッグサイト。
何度か訪れたことはありますが、
最上階に上がったのは初めてです。


講習会DSCF0004.JPG
講習会が終わって外にでると、すっかり夜になってました
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

イルミネーション

今年も始まりました 「SHINJUKUサザンライツ」。
東急ハンズで用を済ませて帰る途中、
ちょうど点灯するタイミングに出会しました。


イルミネーションDSCF0018.JPG
撮影場所はやっぱり「エンジェルプロムナード」

イルミネーションDSCF0019.JPG
来年の2月15日までやっているようです

去年の「SHINJUKUサザンライツ」はこちら

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

テオブロマの季節モノ

事務所から歩いてすぐの所にあるテオブロマ
以前、ブログでも紹介したチョコレートの名店。
秋の季節もののお勧めはやっぱりこちら。

R0013690.JPG
ラベル:グルメ
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

アーキエンジニアリング展

日本建築学会主催の展覧会に行ってきました。
非常勤講師として数年前から日大に行っていますが、
そこでお世話になっている広田先生が中心メンバーとして、
構造と建築デザインの関係を展示するものでした。
たくさんの模型が展示されていましたが、
その多くは日大の学生がつくったようです。
久しぶりに見ごたえのある素晴らしい展覧会でした。
ベルリンで活躍するドイツを代表する構造エンジニア、
Dr.Mike Schlaich の講演会も行われました。

R0013675.JPG
丹下健三の名作、東京カテドラル
線材で表現されると分かりやすいですね。

R0013688.JPG
今年、世界中で最も有名になったであろう北京の「鳥の巣」。
構造設計者の間では賛否両論があるようですが、
構造フレームのみにするとその非合理性(?)が理解できます。
ちなみに、この模型は日大の院生、井草君が作成。

R0013689.JPG
こちらがTVで良く見た状態ですね。

R0013683.JPG
シドニーのオペラハウスも勿論ありました。

R0013682.JPG
その設計プロセスも詳しく説明されていまいました。





posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

神楽坂ラ・トゥーエル

神楽坂ラ・トゥーエルというフレンチのお店に行ってきました。
フレンチはソースが命!なのだと思いますが、
オードブルからしてとても濃厚なソースを味わいました。


ラ・トゥーエルDSCF0004.JPG
フォアグラのポアレ モリーユ茸のソース キノコのソテーとフォアグラのムース (長っ!)

こってりしたフォアグラといろいろなキノコに
クリーミーで泡々なソースが絡んでいて、とってもおいしかった。
前菜にしては重い感じですが、
メインディッシュがいくつもあるようで、得した気分です(笑)


ラ・トゥーエルDSCF0005.JPG
お魚料理には岩海苔を使ったソース
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする