2019年07月13日

露天掘りの大谷石採掘場

地下空間を堪能した後、カネホンの高橋社長に車で迎えに来ていただき、
カネホンさんの採掘所へ連れて行っていただきました。
地下深くを掘り進めているイメージがある大谷石の採掘。
今、露天掘りしているのはカネホンさんの一社だけだそうです。
50年ほどかけて一山をここまで掘り進めてきたそうで、
あと50年ほどかけて残りの部分を掘るそうです。

IMG_1292-s.jpg

連日の雨で池になっていますが、、、かなりの高低差ですね。

IMG_1265-s.jpg

直前まで雨が降っていたので、残念ながら採掘はお休み。
このレールに沿って両端のチェーンソーで切り出すそうです。

IMG_1257-s.jpg

残念そうにしていると、、、社長自らエンジンをかけてくださいました。
右側のハンドルでチェーンソーの位置を下げるとのこと。

IMG_1260-s.jpg

チェーンソーで切れ目を入れた後、
このように楔を打ち込むとわずかに石が平行移動して底の方が割れるそうで、
この後、UFOキャッチャーのような感じで石を運び出すとのこと。

IMG_1279-s.jpg

そして、取り出したものがこの状態。

IMG_1280-s.jpg

こちらのチェーンソーで石を整えて、

IMG_1276-s.jpg

このようなものになります。

IMG_1281-s.jpg

そして、こちらのダイヤモンドカッターで注文に合わせて切っていくようです。

IMG_1299-s.jpg

ところで、こちらは保管していただいている「松濤の家」の擁壁の大谷石
ツルハシで切り出した跡が残っていて、
チェーンソーやダイヤモンドカッターでは出せない味がありますね。
大谷石の蔵を解体して再利用することが多いようで、
宇都宮に移動していろいろ施工例を見せていただきました。

IMG_1316-s.jpg

こちらのお店もツルハシの跡が残った古い大谷石を再利用しています。

この後、高橋社長に連れられて夜の街へ。
夜遅くまでどうも有難うございました!

宇都宮に一泊して、翌朝、レンタカーで栃木県内の隈建築などを見て廻り、
夕方、宇都宮に戻って大谷石の倉庫を改装したレストランに行きました。

IMG_1417-s.jpg

こちらが石の蔵という創作レストラン。

IMG_1438-s.jpg

天井も高くなかなか良い雰囲気。

IMG_1424-s.jpg

石を巡る旅の締めくくりは、石に囲われた贅沢な空間で最後の晩餐。
充実した二日間でした。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

地下空間を探検@大谷

宇都宮から北へ2、30分、久しぶりに大谷に行ってきました。
ちょうど10年前、大谷資料館に行ったことがありますが、
今回は打ち合わせを兼ねて現在稼働中の採掘所を見せていただくことと、
採掘後に地下水が溜まった地底湖をボートに乗るというイベントつき。

IMG_1124-s.jpg

こちらは現在、稼働中の採掘所。下を覗くと、、、

IMG_1121-s.jpg

こんなに深いです!そこから横に掘り進めています。
下に行くには左側の階段で降りて行くそうです!大変ですね。。。

地上からは全くわかりませんが、
大谷地区全体はかなり複雑に何層にも掘り進めているそうです。
ごく稀に地下で隣と繋がったり(笑えない話のようですが・・・)もするとのこと。
一時は陥没事故が続いて問題になった時期もあったそうですが、
今はきちんと計画を立てて安全に務めているとのこと。

IMG_1154-s.jpg

こちらは明治後期頃から採掘が始まった採掘場跡。

IMG_1162-s.jpg

大谷石はミソと言われる茶色の斑点が特徴ではありますが、
その斑点は不純物なのでミソの少ないものが良いとされているようで、
虎目(とらめ)の茶色の文様が入ったものが高価で取引されているとのこと。
この辺りは虎目の入った良い石の層ということで、
欲を出してしまってこんなに細くまで切り出してしまったのでしょう(笑)。
こんなに細くて大丈夫なのでしょうか???

IMG_1166-s.jpg

やはり全く大丈夫じゃないですね。。。。
ここが立ち入り禁止になるのも時間の問題とのこと。

IMG_1174-s.jpg

ここは戦時中に武器庫として使われていたようで、その残像が・・・

IMG_1176-s.jpg

ここは使われなくなった石切場の搬出口。左は事務所。
トンネル奥からトロッコを使って搬出していたようです。

IMG_1185-s.jpg

そして、地底湖に到着。このボートに乗って地底湖の先に進みます。

IMG_1205-s.jpg

下に傾斜して掘り下げている所に地下水が溜まっているので、
先に進むほど天井がどんどん迫ってきます。。。

IMG_1225-s.jpg

その先に進んで上陸。そして、しばらく歩くとこの風景!

IMG_1220-s.jpg

外気温20度くらい、内側の温度が10度くらいで、
雨が降った直後で湿度が高いからこそできるこの現象。
ちょうど露点温度に達している切れ目が見えます!美しい!

とても良いものを見せてもらったと大満足で出口に向かうと・・・

IMG_1242-s.jpg

なんとランチの準備ができているではありませんか!

IMG_1249-s.jpg

地元の有名なレストランのケータリングだそうです。

IMG_1251-s.jpg

サプライズの連続のこのツアー。詳しくは、OHYA UNDERGROUND
なかなか予約とれないようですが、絶対におすすめ!

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

「東小金井の家」久しぶりの訪問

IMG_8608-s.jpg

某建築賞の現地審査のため、東小金井の家に久しぶり行ってきました。

s-IMG_8614a.jpg

設計者の考えを超えて進化し続ける住まい方に脱帽です。
今後のさらなる進化が楽しみです。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

篠原一男の「から傘の家」見学

篠原一男の「住宅は芸術である」という名言がありますが、
その言葉が持つ深い意味を今更ながら痛感する今日この頃。

建築界に多大な影響を与えた篠原一男氏の代表作「から傘の家」を、
今回、特別に拝見させていただきました。

IMG_5898.JPG

写真はアップ出来ないのが残念ですが、、、
1962年10月号の新建築 住宅特集のモノクロコピーはこちら。

この名作を見学させていただける時が来るとは思ってもいなかったので、
とても感激です!どうも有難うございました!


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

RCR@ギャラリー間

IMG_9875-s.jpg

ギャラリー間で行われているRCRの展覧会に行ってきました。
昨年の秋、苦労して探しながらオロト周辺の作品を巡りましたが、
展覧会に合わせて発売された本には、作品がマップにプロットされていて・・・
もう少しだけ早く発売してくれていたら・・・と思ってしまいました。

この展覧会では彼らの作品の良さはあまり体感できないように思いましたが、
興味を持った方はぜひ、行って見ることをお勧めします。
実際に行かないとわからない作品だと思います。

まだ行っていないベルギーの火葬場と南仏の美術館もぜひ行って見たいと思います。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

山口文象「林芙美子邸」見学

特別公開された山口文象が設計した「林芙美子邸」の見学に行ってきました。

IMG_9838-s.jpg

中井駅で降りて神田川を渡って北へしばらく歩くと、
南斜面の坂を登り初めてすぐところに「林芙美子邸」の門があります。

IMG_5355-s.jpg

門を抜けて竹林の坂を少し登ると・・・

IMG_5356-s.jpg

玄関が見えてきます。素晴らしいアプローチですね。

IMG_5282-s.jpg

玄関の扉を開けると、、、上がり框がある一般的な玄関ではなく、
手前に靴脱ぎ石が置かれた少し高いところに「取次の間」が正面にあります。
「取次の間」は2畳のスペースですが、3枚の細長い小さな畳が敷かれています。
障子も通常だと2枚のところを3枚とすることで、広く見せているとのこと。

この玄関もそうですが、茶室の要素が家全体に散りばめられています。
林芙美子は茶の湯の世界にとても興味を持っていたので、
大徳寺のお坊さんに色々相談しながら、作ったようです。

ここを右に曲がると客間で・・・

IMG_5311-s.jpg

左の奥にも靴脱ぎ石がありますが、そちらはプライベートな空間。
あるいは親しい方を通す動線が確保されています。

IMG_5321-s.jpg

出版社の方などが通された客間。小さながらも落ちく部屋ですね。
ここならしばらく待たされてもいいですね(笑)。

IMG_5338-s.jpg

親しい人は、日当たりの良いこちらの茶の間に通されたそうです。
この部屋は家の中心にあって、廊下がぐるりと回っています。

そして、あちら側に見えるのはアトリ棟。

IMG_5275-s.jpg

実は左のアトリエ棟と右が生活棟に別れています。
竣工が1941年、建坪の制限あったため、60坪を30坪づつの分棟にしたそうです。

IMG_5296-s.jpg

こちらは竣工当時は書斎として使われていたのですが、
日当たりが良すぎるということで、隣の小さな納戸スペースが書斎に。
茶室や小間ではよくある下がり天井を大きな部屋で使っていたり、
2階ではよくある闌干があったり、、、
よく見ると普通ではないですが、それが良い雰囲気を醸し出しているのだと思います。

IMG_5301-s.jpg

その書斎の後ろを振り向くとこんな風景が。
どことなく忘筌に似ていますが、、、やはり忘筌を参考にしているとのこと。


IMG_5372-s.jpg

一見、古くさい(?)普通の住宅にも見えなくもないですが、
よく観察すると機能的な設備や平面計画など、随所に近代のセンスも感じられます。

時代を遡って見学する現代人にとっては、
逆に古いものが新鮮に見えるので、気づきも多いですね。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

NYスタインウェイとストラディバリウス

久しぶりに上野の東京文化会館に行ってきました。
前川國男が設計した有名な建物なので、建物は何度も見学したことはあるのですが、
音楽を聴くのは今回がはじめてだったので、とても楽しみでした。

今回はマギーズセンターのチャリティコンサートということもあり、
建築関係者や大学関係者などの知り合いも知り合いもチラホラ。
マギーズセンターは知らない方も多いかもしれませんが、
イギリスの建築家チャールズ・ジェンクスの妻、マギーさんの遺言で、
20年前にできた、がん患者とその家族、友人のための無料相談支援施設。
今回のチケット代が全額、その運営費にまわされるとのこと。

s-IMG_7879.jpg

壇上に置かれているピアノはホロヴィッツのNYスタインウェイ。
そして、バイオリンはストラディバリウス、一流の音色の共演でした。

IMG_9808-s.jpg

プログラムにも最初からのっていた有名なバイオリンはさてき、
聴きなれないピアノの音色は演奏者の技なのかと思っていたら、
(それもあると思いますが・・・)
ホロヴィッツが来日した際に、ふだんから愛用しているピアノを、
アメリカからはるばる輸送して会場に持ち込んで演奏したことで知られる、
あのヴィンテージピアノだったようです(後から知って合点がいきました)。

曲目も良く、とても素晴らしいコンサートでした。
やはりホールは観るものでなく、聴くところですね。。。
建築関係者でなければ、当たり前のことですが・・・・(笑)。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

磯崎新の茶室「有時庵」

磯崎さんが建築界のノーベル賞と言われるプリッツカー賞を受賞しましたね。
とって当然、むしろ遅すぎる受賞です。
明晰な鋭い言動が多くの人を魅了する一方で敵(?)も多いのでしょうね。
そんな今、旬(?)の磯崎さんの茶室「有時庵」が特別公開ということで、
見学に行ってきました。

IMG_9750-s.jpg

鉛とステンレスの複合板の円形の屋根と、正方形のスペイン産ライムストーンの外壁。
その壁の角の一部がかけたところに丹波の栗の柱が立っていて、
チタニウムの曲面の壁が水屋を切り分けています。

IMG_9793-s.jpg

よく見ると柱は庇には届いていない領域を分ける象徴としての柱です。

IMG_9774-s.jpg

四角く切り取られたステンレスの躙口。
硬質な人工素材を組み合わせることで、個々の素材を引き立たせ、暖かみと緊張感を融和しています。

IMG_9780-s.jpg

躙口から見た景色。左奥に見えるのが茶道口。囲い板は千年屋久杉、中柱は丹波椿。
二丈台目の小間ですが、非常に密度の高い空間です。

IMG_9767-s.jpg

こちらが貴人口。左に躙口。床は鉛板張り、床柱は薬師寺古材の桧。
手前は立礼式の土間となっています。

IMG_9753-s.jpg

水屋は明るくシンプル。
現代的なとても小さな茶室ですが、無限の広がりを感じさせる落ち着く空間です。
流石、磯崎さんです。感服いたしました。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

「コープオリンピア」訪問

マーフィーのフローリングで知られるアトムカンパニーが、
東京オフィスをコープオリンピアに移転したと聞き、、、
早速、移転祝いも兼ねて建物見学に行ってきました(笑)。
コープオリンピアは東京オリピックの翌年、1965年に竣工で、
一億円を超えた「億ション」第一号ということでも有名ですが、
表参道の緑と風格のある佇まいでご存知の方も多いのでは?

IMG_9639-s.jpg

いろんな間取りの部屋があって、改装もされているので、
今となっては一つとして同じ部屋はないと思いますが、
こちらの部屋は、キッチン、水回りなど、ほとんど竣工当時のままとのことで、
リフォームの相談されましたが、、、、今のままが良いですね(笑)。

IMG_9653-s.jpg

屋上には今は使われていないようですがプールもあります。
360度の大パノラマの絶景です。

IMG_9651-s.jpg

丹下健三の名作、代々木体育館は来年のオリンピックに向けて耐震改修中。
この建物はどこから見ても本当に美しいですね。
西洋美術館に続いて、こちらも世界遺産登録を目指しているようですが、
オリピックに間に合えば良いですね。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

「自由学園明日館」の大谷石

IMG_9577-s.jpg

自由学園明日館で東洋大の卒業設計展が行われているということで、
久しぶりに明日館に行って来ました。
アルバイトに来ていた金子さんと岡安くんの学年で、
講評会には行けませんでしたが、3位と5位とだったのこと。
彼らは会場にいたので、少しだけ講評を。

IMG_9567-s.jpg

ところで、ここ明日館の設計はフランクロイドライト。
ライトと言えば大谷石(?)。

某プロジェクトの大谷石、どうしようかなあ?と最近は常に頭の片隅に大谷石が・・・

IMG_9578-s.jpg

こちらの1階センターのホールの柱、他には1、2階の暖炉周りや、
外部ではエントランスの床などに大谷石が使われています。

IMG_9563-s.jpg

改めて間近で見てみると、、、

IMG_9561-s.jpg

かなりラフな表面のものを、少し複雑に積んでいますね。
規模とのバランスで表情も変える必要がありますが、、、悩ましい。。。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

「高円寺の家」配筋検査

「高円寺の家」の配筋検査に構造設計者と行ってきました。
いくつか是正項目はありましたが、いよいよ内側の型枠を起こします。

s-IMG_9365a.jpg

道路が狭い密集地で、かつ小さな住宅なので資材の置き場や、
作業スペースはほとんどないので、杉板型枠をトラックに立て掛けながら・・・

s-IMG_9371a.jpg

こんな状況で、、、現場の中は足の踏場がありません(汗)。
これは大変。あと3層もありますが、どうぞよろしくお願いします!

s-IMG_9354a.jpg


コンクリート打ち放しの丸いポツ、ポツの正体を知らない方のために・・・
こちらがセパレーター。型枠を外した時、白い部分の跡がその正体です。

s-IMG_9359a.jpg

まず、外側の型枠からセパレーターを取り付け、内側の型枠を起こして内と外を緊結。
その型枠の中にコンクリートを流して、それを外して出来上がり!

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

謹賀新年2019

新年、明けましておめでとうございます!
今年は京都で新年を迎えました。

IMG_5113-s.jpg

折角、京都で年を越すということなので、、、
火のついた縄をくるくると回すをけら詣りで有名な八坂へ、
大混雑の中、行ってきました。

をけら詣りは大みそかの夜から元旦にかけて夜を徹して御神火を焚く神事で、
参拝者はこの火を火縄に移して持ち帰って、
神棚の灯明にともしたり雑煮を炊く火種にしたりして無病息災を祈るとか。

IMG_7351-s.jpg

をけら灯籠の火を吉兆縄に移して、、、

IMG_7369-s.jpg

くるくる回します。以前から、やってみたいと思っていたので、うれしい(笑)。

本来は自宅まで火を消さないようにくるくると回しながら持ち帰るようですが、
多くの人は出口の水の入った桶で消していました。
観光客やまっすぐ家に帰らない若者が多いですし、
そもそも人混みでくるくる回すのは迷惑ですね(笑)。

本年もどうぞよろしくお願い致します!



posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

「吉祥寺の家」一年検査

021.jpg

「吉祥寺の家」の一年検査に行ってきました。
住んでしばらくして設計意図がわかり、感動することも時々あるとのこと。
特に大きな問題はなく、とても喜んでいただけているようで何よりです。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

坂本一成氏の「水無瀬の町屋」の見学

IMG_8970-s.jpg

「プーライエ」とはまた違った70年代の住宅「水無瀬の町家」。「散田の家」の次の作品で、坂本先生が大きく方向を変えた住宅として有名ですね。こちらの住宅も拝見させていただきました。

IMG_8984-s.jpg

キッチンの写真を撮っていると、、、
ちょうど正面に坂本先生。笑顔のベストショットです!
左に布野先生、右に明治大学の青井先生の雑談風景。

IMG_8973-s.jpg

坂本先生の住宅は本当に考えさせられます。。。
大変勉強になりました。どうも有り難うございます。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鯨井勇氏の「プーライエ」の見学

IMG_8960-s.jpg

70年代の住宅、鯨井勇さんの自邸プーライエを見学させていただきました。擁壁に食い込むように作られた住宅で、増改築を繰り返して今の形になっているとのこと。現在は中庭は畑になっていて、自宅とアトリエは別棟になっています。

IMG_8917-s.jpg

鯨井勇さん学生紛争に翻弄された世代(日大なので本丸ですね)で、その頃の時代背景やこの住宅は卒業設計であることなど説明していただきました。その頃の学生のパワーは、今と全く違いますね。。。

鯨井勇さん、貴重な機会をどうも有り難うございました!



posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

三景園@東広島

新しいプロジェクトの打ち合わせで広島に行ってきました。
少し時間があったので、空港から歩いてすぐのところにある三景園に行ってきました。
三景園は広島空港開港を記念して1993年に造られた築山池泉回遊式庭園で、
広島の山・里・海の三つの風景を日本庭園の手法を用いて庭園化したとのこと。

IMG_7054-s.jpg

こちらの橋を渡って建物を通り抜けた先に日本庭園が広がっています。

IMG_7052-s.jpg

宮島の厳島神社となんとなく似た雰囲気ですが、
灯篭はセンターより右に寄っていて、水上に浮かぶブリッジもアシンメトリー。

IMG_7047-s.jpg

池には鯉。

IMG_7050-s.jpg

庭の全貌をながら一休みできるこんな場所めあります。

IMG_7022-s.jpg
 
海と見立てた池の周りも良いですが、
起伏のある里に見立てた辺りもシークエンスの変化が楽しめます。

IMG_7027-s.jpg

山の中腹には四阿があったので、一休み。
ほとんど知られていない庭と思いますが、予想以上に素晴らしい庭園でした。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

祭と建築

IMG_5798-s.jpg

SANAAの設計したすみだ北斎美術館に行ってきました。
隣の広場では、これから何かが始まりそうな予感が・・・・

IMG_5815-s.jpg

美術館から出ると、ちょうど神輿が通り過ぎて行きました。。。

斬新なデザインとお祭り。新旧の対比がシュールです。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

恵観山荘を見学


IMG_5736-s.jpg

今回は建築家協会主催の見学会ということで、講師の松本氏と一緒に見学。
一見、田舎の民家のような佇まいですが、
桂離宮と同時期に建てられた京都の由緒正しい建物です。。。

鎌倉に移築されたのは随分前のようですが、
一般公開されたのが最近ということもあり、
恐らくご存知だった方は少ないのではないでしょうか?
詳しくは、公式HPをご覧になって下さい。

IMG_5785-s.jpg

プランも含め随所に工夫の痕跡が垣間見えます。
基礎知識がないと、工夫や面白さに気づかない知的な間違い探し(?)。
それが数寄屋というものなんでしょうね。

IMG_5770-s.jpg

天井もよく見ると遊んでいることに気づきます。
一箇所だけ細い枝のようなもので網代を留めていますね。

IMG_5690-s.jpg

今回は茶会以外では非公開の建物も見学させていただきました。
恵観山荘は予約をしないと入れないのでご注意を!

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

建築の日本展

六本木ヒルズで行われている建築の日本展に行ってきました。
展覧会はいつも終わる直前になってしまうのですが、、、
今回は一ヶ月間違えて普通に行きました(笑)。

s-IMG_4226.jpg

入ってすぐのところにある格子の壁。

IMG_4280-s.jpg

こちらは巨大な「丹下邸の模型」。

IMG_4273-s.jpg

大きな模型は近くに寄って眺めると、実際に来たように錯覚します。

IMG_4269-s.jpg

現存しない住宅ですが、やはり美しいですね。

IMG_4277-s.jpg

こちらは千利休の待庵。国宝の茶室です。
勿論、レプリカです(笑)。
このようなものは写しとは言わないのですかね?
知らない人と3人で入ると、少し窮屈な感じが体感できるので、
利休の狙った寸某体系を知るには良い機会かもしれません。

実際の待庵はかなり暗いのですが、ここはかなり明るいです。
2回中に入りましたが、夜の方が少し風情があって良いかもしれません(笑)。
本物の待庵は中には入れませんが、一度入ってみたいものです。。。

IMG_4261-s.jpg

ライゾマティクスの映像のブースも撮影可でした。
ちなみに、MDSのHPは彼らに随分昔につくってもらったもの。

現代建築の選択には賛否両論ありますが(笑、必ず文句が出ますね?)、
じっくり見ると3時間は堪能できる濃密な展示です。
来月までやっているので、是非、行かれてはいかがでしょうか?



posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

隅田川の花火2018

東京の夏の風物詩、隅田川の花火大会。台風で一日ズレましたが、無事に決行!
隅田川の花火は、夏の訪れを感じさせるイメージがありますが、
今年は随分前から猛暑続きで、すでに夏バテ気味ですね。

IMG_4678-s.jpg

今年もいつものように友人宅へ。

IMG_4708-s.jpg

途中からスカイツリーのライトアップが変わり、また違った趣に。

気がつくと20年以上、毎年、同じ場所から見ていることになります。
諸行無常を感じながら、、、美しい花火を眺め​ました。​

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

谷中で夕涼み

理科大の第2課題の敷地は谷中ということで、
授業の後、久しぶりに谷中へ行ってきました。

5FA7E695-75D9-4B83-BB51-FAB8A7AE2D49.jpg

計画地を見学した後、谷中を徘徊して上野桜木方面へ。

s-IMG_3748.jpg

戦前の木造2階建て三軒家の「あたり」というお店へ。

IMG_4126.JPG

日本では木造の資産価値は経年変化により下がりますが、
このような建物は実際はとても価値がありますよね。
特に東京ではありそうでない佇まい。

7F6AB757-F9C1-4CBC-AFA4-77322D250E8B.jpg

テラス席は一杯だったので、三軒家に囲まれた路地で夕涼み。
アジサイが咲くそんな素敵な場所で、ビールを飲みながら建築談義。
楽しいひと時でした。
posted by MDS at 12:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

臨春閣で春を感じる

IMG_4516-s.jpg

臨春閣の特別拝観で中に入れるということで、
久しぶりに三渓園に行ってきました。
いつもはガラス越しに見ていた床の間や障子や欄間など、
間近でじっくり見ることができました。

IMG_4504-s.jpg

こちらの欄間も有名ですね。

IMG_4503-s.jpg

こちらは2階へ続く階段。
特別公開とはいうものの、、、残念ながら非公開。

IMG_4528-s.jpg

今回もこちらの聴秋閣は外からしか見れませんでしたが、
秋に中に入れるようなので、また来ようと思います。

IMG_4550-s.jpg

今回の目的はひとつは臨春閣。そして、もうひとつはこちらの古民家。
三渓園に隣接したこちらに、原三渓の長女家族が住んでいてそうで、
今は、そこで原三渓の孫が「隣花苑」というお店の女将をしていています。

IMG_4559-s.jpg

こちらの、土間の三和土で靴を脱ぎ、板の間に上がります。

室町時代の古民家と言うことなのですが、
それが本当ならかなり貴重な建物ですね。
そこに、江戸、昭和の民家を増築させたとのこと。

IMG_4553-s.jpg

そして食事をいただいたのは、
こちらの室町時代のものと言われるお部屋で、
大きな掃き出し窓からお庭越しに三渓園の五重塔がみえます。

近所に住む外国人に人気があるそうですすが、
最近、ミシュランの星をもらったとのことで、
外国人がさらに増えたそうです。

今、このようなものを見学したり、そこでお食事ができるのは、
日本中からこのような古建築を移築保存した原三渓のおかげです。
戦前の資産家は、文化人ですね。。。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

谷口吉生「雪ヶ谷の家」見学

谷口吉生が設計した「雪ヶ谷の家」が見学ができるとの情報を知人から得て、
急遽、諸々の予定を変更して見学に行ってきました。

IMG_5111-s.jpg

谷口さんはニューヨーク近代美術館増築なども手掛けているので、
恐らく一般の方にも認知されている建築家ではないでしょうか。
谷口さんの初期の作品、しかも個人住宅が見学できるというのは貴重な機会。
この頃の都市住宅に共通していることだとは思いますが、
外部から切り離された中庭があって、
天井の高さや床のレベル差を設けることで高さ方向に緩急をつけて、
階段がそれらの空間をつないでいます。
白い正方形のタイルもその頃の流行なのでしょうね。
とは言うものの、全く古臭さを感じさせない、
時代を超えてここにあるといった印象で、、、、
今、僕らが考えているようなことをすでにやられていて、
もっと頑張れ!と喝をいれらた感じがしました。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

横須賀の竹の子

IMG_4447-s.jpg

横須賀の個人美術館の裏庭の竹林。
宮脇愛子のアート作品がさりげなく竹林に溶け込んでいます。

こちらの竹林の採れたての竹の子を使ったお料理をいただきました。

IMG_4431-s.jpg

竹の子のカルパッチョ。

IMG_4438-s.jpg

こちらは、竹の子のステーキ。
採りたてでないとつくれないらしい。

どれも竹の子の美味しさを引き出す竹の子三昧のフルコース。
存分に春を楽しませていただきました。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

グリーンカレー@つつじヶ丘の家

IMG_4183a.JPG

数年前に竣工したつつじヶ丘の家を久しぶりに訪問。
お食事までいただいてしまい、、、恐縮です。
アジアンモダンのインテリアの中で、美味しいグリーンカレー。
ご馳走さまでした!


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

求人募集のお知らせ

MDSではスタッフ・アルバイトを募集しています。
詳しくはコチラをご覧になって下さい!



posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

初詣@金王八幡宮


s-IMG_4161a.jpg

スタッフと一緒に氏神様に新年のご挨拶。
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

年末年始のお休み

s-IMG_3226.jpg

MDSの忘年会。本年はいろいろとお世話になりました!

12月28日(木)〜12月8日(月)は年末年始のお休みとさせていただきます。

新年早々、1月6日(土) 4時30分、
首都圏の方は、是非、(早朝なので録画して)ご覧になって下さい。

それでは、来年もどうぞよろしくお願いします。良いお年を!

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

人生フルーツ

s-フルーツ.jpg

今年、「ル・コルビジェとアイリーン」とともに、
建築家の間で話題となったもう一つの映画、「人生フルーツ 」。
なかなか行けずに、アンコール上映、ギリギリで観てきました。

こちらの映画は建築家、津端修一さんご夫婦のドキュメンタリー。
津端修一さんは、戦後復興期に住宅都市整備公団のエースとして、
阿佐ヶ谷団地や高蔵寺ニュータウンの設計をした人として有名ですが、
高蔵寺ニュータウンはご自身がマスタープランを描きながも、
市場原理で高層マンションが建ち並んだ街になり、
それに対抗するかのように宅地数区間を買って、敷地内を雑木林にしたり、
はげ山をドングリの里山にかえたりしながら、
夫婦で50年間暮らしたことも知られています。。。
実はJIA建築セミナーで数年前津端さんを訪ねたことがあって、
その時の映像も映画の中で出てきます。。。

敗戦から高度成長期を経て、現在に至るまでの津端夫婦の生活から、
日本人があきらめてしまった本当の豊かさを見つめなおすきっかけとなる作品。
ル・コルビジェのように一般人には全く知られていないし、
建築界でも知らない人は多いと思いますが、後世に残したものは大きいですね。
建築家、津端修一の素晴らしい生き様に感動!
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

ANDO

六本木の国立現代美術館の安藤忠雄展に行ってきました。
会期中、もっと早めに暇を見つけていけば良いのに、
今回も、閉館ギリギリの最も忙しい時に行くことになってしまいました。。。

平日の昼間だというのにものすごい人混みでした。
建築の専門家ではなく、ほとんどは一般人だったのでないでしょうか。
建築の設計という範疇では、僕らが学生の頃がピークのような気がしますが、
今尚、幅広い分野で精力的に活動されているサマは、脱帽です。。。

IMG_3180-s.jpg

展示されているものはほとんどどこかの展覧会で見たことがあるものですが、
屋上に展示された光の教会の原寸のレプリカは圧巻でした。

s-IMG_3165.jpg

大学生の頃、実物は竣工早々に大阪に見に行きましたが、
こちらのレプリカは実物より劣っているわけではありません。
十字のスリットにはガラスの入っていない安藤さんの理想とした姿。

こんなカタチで理想のものを最終的につくり出す安藤さんの執念に、
感服させられました。やはり、凄い人です。安藤忠雄という人は。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

アイリーン・グレイ

s-アイリーン.jpg
映画「ル・コルビュジェとアイリーン 追憶のヴィラ」を観てきました。
舞台となっているのは数ヶ月前に行ったばかりの南仏コートダジュールのE.1027

映画ではコルビジェを(意図的に?)冴えない人として描いていますが、
時代背景やル・コルビュジェがアイリーンの名声を抜いたことは事実ですし、
この映画を観てアイリーン・グレイについて掘り下げて知ることができました。
是非、ご覧になっていただければと思います。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

広瀬謙二「上小沢邸」で食事

建築家にとって「上小沢邸」と言えば、広瀬鎌二氏が設計した1959年竣工の住宅。
そして、この住宅は今は上小沢邸というお店として使われています。

IMG_3370-s.jpg

白金の住宅地にひっそりと建つ隠れ家レストラン。
夜しかやっていないお店で、予約がとりにくいということは聞いていましたが、
電話してみると、早い時間であればとのことで、開店30分前の16時半にお店へ。
お客さんが誰もいないということで、ゆっくり写真を撮らせていただきました。

IMG_3367-s.jpg

こちらが庭から見た全景。構造はコンクリートブロック造ですが、
エッジ部分はコンクリート、屋根も鉄筋コンクリートとなっていて、
庇の水平性を強調するために逆張りとしています。

IMG_3374-s.jpg

エントランスまわりは当時のまま。

IMG_3373-s.jpg

塀も鉄骨とコンクリートブロックの組み合わせたもの。

IMG_3375-s.jpg

竣工時、「1室住居にピアノ室を加えた家」という名の上小沢邸。
お食事をいただいたのはこちらの元ピアノ室です。
右奥に元寝室・居間だったところにソファ席もありましたが、
こちらの方がオリジナルの表面積が多くて良かったかも?
間仕切りに組み込まれて照明もオリジナル。
まぶしくて白い蛍光灯も、ここでは有り難い(笑)。

それにしてもシンプルな住宅です。
もっと快適に暮らし、収益を上げることはできるのですから、
ここに50年近く住み続けた上小沢氏は素晴らしいです。
名作をつくるのは、やはり半分はクライアントですね。

IMG_3381-s.jpg

窓は昔のままでますが、床は床暖房の工事をした時に仕上げを変えたようです。

IMG_3397-s.jpg

こちらのトップライトの雨漏りで苦しめられたとのこと。
改修ではこのオリジナルのガラスを生かして、
この上にもう一枚ガラスの屋根をつけたそうです。
(今は?)夜になるとそこが照明器具のように光って美しい。

今は住宅ではなく、お店に改装されているということもあり、
インテリアや使い方は、勿論、オリジナルのものとは違ったものになっていましたが、
コンクリートブロックや庇、エントランスホールなど、
外観や骨格はほぼオリジナルのままなのようです。
そもそも、寒さや雨漏りの対策でかなり修繕が必要だだだので、
住みながらも随分と変化していたようです。

IMG_3399-s.jpg

帰る頃には、外は真っ暗。結局は店を貸し切った状況で、、、、
食事をしながら、あれこれ詳しく建物のエピソードを聞かせていただきました。
ご興味のある方は、是非!
出来れば、日の長い初夏の開店早々の明る時間帯がいいかもしれませんね。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

ときどき皇居ランナー

最近、ときどき皇居ランナーになっています。

IMG_2937-s.jpg

暑くもなく、寒くもないこの季節は気持ち良いですね。

IMG_2934-s.jpg

このあたりが一番のお気に入り。

IMG_2942-s.jpg

皇居の中にちょっと中に入いると緑とビル群の対比が
ニューヨークのセントラルパークのようです(?)。
丸の内の高層ビル群は、かなり充実してきましたね。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

UWC ISAK 見学

UWC ISAKを見学のため、秋も深まる軽井沢に行ってきました。
UWC ISAKは4、5年前にできたばかりなのであまり知られていないとは思いますが、
学校運営が全額寄付金で賄われている全寮制高校で、
50カ国以上の国々から極貧の子供から大富豪の子供まで、宗教、性別も様々で、
実に多様であるものの、一学年40名ときわめて少人数。
インドのカースト外のような子供もいるそうですが、
貧しい家庭の子供は返済不要の奨学金で大学卒業まで面倒をみるとことなので、
そのような子供が大学まで行けるそうです。


s-IMG_3244a.jpg

そもそも、ここを設計したシーラカンスの赤松さんの案内で見学に来たのですが、
こんな学校があるのですね。ここに入るのはかなり高倍率のようですが、
普通の高校やインターナショナルスクールとは違った人材を輩出しそうですね。

とても興味深い話をたくさんお聞きしましたが、
長くなるので詳しくはHPをご覧になって下さい。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

Hokusai 帰国

Hokusai - beyond the Great Wave が大英博物館で行われ、
記録的な入場者数だったとか。海外でも葛飾北斎は大人気のようですね。
その展覧会が日本にも来るということで楽しみにしていましたが、
東京には来ないとのことで、わざわざ大阪、あべのハルカスに行ってきました。

北斎の絵の斬新な構図とデフォルメに惹かれます。
それらは、よく言われていることではありますが・・・・
s-北斎.jpg

日本展のタイトルは「北斎 - 富士を超えて」。
タイトルの通り、富嶽三十六景以降、つまり後半のものが多く展示されていました。
大英博物館の展覧会ですから、大英博物館所蔵のものが多いのは当然ですが、
欧米の国々のもののが多いことに驚きました。
版画以外の肉筆画も多いので、
一点しかないものがかなり海外に流れているということですね。
明治時代になって日本文化が過小評価されて、
大量に浮世絵が海外に流失したものがあることは知っていましたが、
その量はかなりのものかもしれませんね。
外国から評価されないと、なかなか自国の素晴らしさには気づかないものですが、
絵画と違って、建築や都市は一度、壊したら元に戻らないので、
少しでも早くにその素晴らしさに気づかねばいけませんね。
民家や木造の街並など、明治維新以降から戦後にかけて、
もうすでにかなりのものを失ってしまいましたが・・・

ところで、とても興味深い映像を会場で見ました。
世界で最も有名な絵と言われるあの有名なthe Great Wave、
富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」のような写真を撮ろうとすると、
海に入って構図は同じようにできるのはさておき、
あの独特な波しぶきはシャッタースピードを1/5000しないといけないとのこと。
天才北斎と言え、1/5000の世界は見えていないと思いますので、
想像で現実の世界を表現しているのですね。
改めて、北斎の凄さに驚いてしまいます。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

横河健さんの自邸

s-IMG_2921.jpg
横河健さんの自邸を拝見させていただきました。

2階の環具(キッチン)により緩く分節された空間は勿論、
1階の寝室や水廻りはとても落ち着いた上室な空間が広がっていて、
また、バルコニーの手摺といった細部に至まで完成度が高く、
建築家の誰もが知るこの有名な住宅は、
29歳の時の設計というのですから、脱帽です。

s-IMG_2924a.jpg
かわいい猫も、空間を豊かにしていました(笑)。

横河さん、どうも有難うございました。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

青空の長野

s-IMG_0238.jpg

高校卒業30周年の同窓会出席のため、長野に行ってきました。
遠くの山の麓あたりが、長野市の中心部。
このあたりから眺める長野盆地の風景は僕のお気に入り。

今年は夏らしい青空になかなかお目にかかれませんが、この日は見事な青空!
あまり暑いのも困りますが、やはり夏は夏らしい青空が良いですね。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

隅田川の花火2107

夏の風物詩、隅田川の花火大会。
昼間は晴れていましたが、雨雲レーダーの予測通り、
夕方から雲行きが怪しくなり、花火の最中はあいにくの雨。。。

数年前のように、途中で中止にならなかっただけでも良かったかも。
最近は機械化されているのか、よっぽどの雨でないと中止になりませんね。

s-DSC06030.jpg

いつもは友人宅の屋上で見ているのですが、
今年は、家の中から窓を開けて花火見物。テレビ中継の解説付きです(笑)。
屋上で見る花火は勿論、格別ですが、
下町情緒溢れる、アンテナや物干竿越しの花火も粋ですね。

参考までに、、、
2010年2011年2102年2013年2014年2015年の花火です。

改めてここ4、5年のブログを眺めていると、、、
花火は儚いようですが、むしろ周りの方が変わっていることに気づきます。
まさに、諸行無常です。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

「三鷹の家」現場施主定例

「三鷹の家」の現場施主定例に行ってきました。

s-DSC05924.jpg

これから外壁の左官工事です。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

卒業おめでとうございます!

s-DSC05072.jpg
日大の大学院生の白旗くんが、乃村工藝社に入社するとの報告のため(?)、
後輩の日野くんと小室くんと一緒に事務所に遊びにきました。
3人とも学年が違うので、時期は違いますがアルバイトに来てくれていた面々。
卒業旅行でモロッコ、マリ、スペインなどに行ってきたとのことで、
その写真を見せてもらいました。
モロッコに行った学生の頃を思い出し、とても懐かしく思いました。

何はともあれ、卒業おめでとうございます!


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

謹賀新年

s-DSC04375.jpg

明けましておめでとうございます!
今年はジルヴェスターコンサートで新しい年を迎えました。
カウントダウンはシベリウスのフィンランディア。
本年もどうぞよろしくお願いします!


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

年末年始のお休み

本年もあと僅かになりました。
MDSは12月28日(水)〜1月4日(水)を休業とさせていただきます。

本年も皆さまには大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い致します!

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

年輪

沖倉製材所で、木についての分かりやすいお話を聞いたので、少しだけご紹介。

s-DSC04284.jpg

写真の丸太を外形だけ比較とすると、ほぼ同じくらいの太さですが、
左は杉の50年もので、右は天然檜(テンピ)の250年もの。
基本的には年輪が詰まっている方が価値があります。
そもそも檜と比べて杉の方が成長が早いのですが、
樹種が同じでも、場所や環境によって太くなるスピードは様々。
間伐や枝落としなど手間をかけると年輪にもそれが現れ、
育った環境が全部わかるとのこと。


ところで、杉は中心部は赤く、外側は白く、
製材した時に混ざったものを源平と言います。
ちなみに、赤身は成長がほぼ止まった部分で、
白身は水を吸い上げる部分ですが、
赤身は虫は食べないので良いとされています。

若い木を切った断面は赤身の占める割合は少なく、
歳をとるにつれて赤身の割合が多くなるようです。
年輪と赤白の区分のラインは一致していないのですが、
そもそも、どのタイミングで白身から赤身に変わるのか、
理由がわかっていないとのこと。

s-DSC04285.jpg

ところで、節はどのようになっているかご存知ですか?
一番上の枝をとりはずすと、、、、

DSC04286s.JPG
こんな感じで節が入っています。

この節はどこまで奥に入っているのか興味深いですが、
枝の部分を真っ二つに切って開いて見ると・・・・

s-DSC04288.jpg
なんとセンターまで入っています。

DSC04289s.JPG
つまり、このような丸太から、フローリングのような板を切り出すと、
ほとんどに節が入ってくることになります。

s-DSC04303.jpg
右の一番外側の4枚は別として、左数枚以外は全部、節が入っていました。

デザイン上、節の無いものだけを集めて使うこともありますが、
木材の伐採現場や製材所などを拝見させていただくと、
無節のものだけを使うことに違和感を感じてきますね。
木は奥が深いです。。。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

東京の林業

DSC04242s.JPG
東京都の方に伐採現場およびその関連施設を案内していただきました。

ところで、
東京都の約三分の一の5万ヘクタールは森林ということをご存知ですか?
平野部は都市化されましたが、多摩地域の傾斜地では森林が広がっていて、
その6割が植林で、そのほとんどが伐採の時期がきているとのこと。
ただ、写真のように30〜40度くらいのかなり急斜面に植林されているので、
搬出コストが高く、放置された山がかなりあるようです。


毎年、春になると悩まされる杉花粉。
東京の植林は歴史は浅く、戦後になってからだそうで、
山の頂上付近はモミと松、その下2割が檜、裾野あたりの7割が問題の杉。
実は伐採の時期を迎える樹齢30年くらい頃から急激に花粉が多くなるようで、
東京都は花粉対策として(その他、色々な理由があるそうですが・・・)、
10年程前から杉の伐採に力をいれているとのこと。
伐採後に植える杉の花粉は、伐採した杉の100分の1とのことですが、
その時期にならないと正確なところはわかないようです。。。。

s-DSC04245.jpg
枝はその場で落とした後、ある程度長さに切って、
ここから運び出すのですが、とても大変な作業ですね。。。。

ご存知の方も多いと思いますが、日本の林業は一部のブランド材を除くと、
外国の安い木材とは全く競争力がなく、森は放置されて荒れています。
東京都のようにお金のある自治体は、助成金で林業を支えることができますが、
日本全体としては深刻な状況です。

s-DSC04252.jpg
道路のある所に運び出された丸太は、その場で3mもしくは4mに切って、

s-DSC04253.jpg
トラックへ。
あちらこちらの山々から切り出された多摩産材は、
日の出町にある多摩木材センターへ集められます。

s-DSC04272.jpg
こちらは、木材市場に並べれた風景。
手前は太い丸太一本または二本毎で、次の列は6本から10本、
さらに奥は細い丸太が沢山積まれていますが、
それぞれを椪(はい)と言い、その椪ごとに競りをするそうです。
杉の丸太(手前の二本くらい)で1立米1万円、檜は2万円が相場で、
30〜50年手入れしてこの値段では全く林業は成立していないですね。
丸太から製材にする時に30%のロスがあり、その他乾燥で立米1万円、
人件費や輸送費など、コストアップしていくのは当然ですが、
最終的にはその5〜10倍くらいの値段となるようです。

そして、あきる野市の沖倉製材所へ。
s-DSC04314.jpg
まず、丸太の皮を剥く機械へ。
一往復すると・・・

s-DSC04320.jpg
こんな感じに!
さわると、とても湿っぽい水をたっぷり含んだ状態です。

s-DSC04329.jpg
皮、端材を燃やしてボイラーを動かし、

s-DSC04324.jpg
こちらの乾燥機で製材した木材を乾燥させます。

s-DSC04339.jpg
こちらは含水率とヤング係数を計る機械。

s-DSC04350.jpg
その値が、モニターに表示されます。

s-DSC04346.jpg
その値が刻印されて、

s-DSC04354.jpg
ようやく120角の柱材に。。。
植林してしからですと、とても長い道のりですね。
伐採してからここまでは4ヶ月ほどと意外と短い気もします。

いろいろと勉強になった一日でした。どうも有難うございました!

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

自由学園明日館にて

DSC04221s.JPG
フランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館。
10年程前の友人の結婚式以来、久しぶりに行ってきました。

DSC04218s.JPG
東京理科大学山名研究室の15周年パーティー。
出版、大学の関係者や、建築家など久しぶりにお会いする方も多く、
また、名建築も見学が出来て良かったです。。。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

「吉祥寺の家」祝!上棟

R0016594a.JPG
「吉祥寺の家」の建て方。
この時期、日が短いこともあって、日没後に上棟。
寒い中、皆さま、お疲れまでした!


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

アンダーズ東京にて

大成時代の友人の勝野氏と久しぶりの再会。
今はKPFで偉く(?)なっているようです。
KPFはニューヨーク、ロンドンなどに拠点を置く大手組織事務所ですが、
六本木ヒルズ、名古屋駅のセントラルタワーズなどの設計で、
日本の方でもご存知の方も多いと思いのではないでしょうか。
勝野氏が大手町タワーの外装デザインを担当し、
そこに入っている超高級ホテルのアマンはケニー・ヒルの設計で、
その建物本体および総括は大成建設の設計部。
今回の帰国は、その建物でBCS賞を受賞し、その授賞式の出席のためとのこと。

s-DSC04163a.jpg
虎ノ門ヒルズの上層部に入っているアンダーズ東京に宿泊とのことでそちらに。
虎ノ門ヒルズの低層階からは、ホテルの入り口がやや分かりにくく、
明るさを抑えたこちらの通路の先のELVホールを通って、ロビー階の51Fへ。
ややホスピタリティーは・・・という印象。

DSC04172-s.jpg
こちらがフロント。大きなテーブルに取り囲むように、
Macでチェックインをする現代的な方式(?)。
折角なので、客室も拝見させていただきましたが、
暗いエントランスと比較すると、逆にやや明すぎる感じでした。。。

s-DSC04169a.jpg
食事は51階のロビー階隣りのレストランで。

そもそも今回は大成の国保氏からのお誘いでしたが、
大手町タワーで勝野氏と一緒に仕事をしたとのこと。
国保氏は大手町タワーは8年越し、
今は6年越しのホテルオークラの担当とのことで、
すっかり住宅に慣れた僕にとっては気が遠くなるような長さです。。。
話題の新国立競技場と同様、特別の部署ができるほどの規模のようですが、
取り壊されたオークラのあの有名なロビーは復活されるようですね。
旧友たちとの久しぶりの再会は、とても有意義でした。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

室伏次郎氏の自邸見学

s-DSC04112.jpg

先週の野沢邸に続き、今週末は室伏邸を見学させていただきました。
実際に中を拝見させていただくと、
単純な構成でありながらも、しっかりしとした場が生まれていて、
時を超えた深みのある心地よさを体感させていただきました。
きちんとしたサポートをつくった上で、
センスの良い暮らしがつくるインフィルが、
空間の質をあげているように思いました。
野沢邸と室伏邸は、見た目もつくり方も全く違ったものですが、
共通点も多かったように思います。

s-DSC04153a.jpg
室伏次郎さんと野沢正光さんの対談風景。

お忙しい中、2週続けてのご協力、どうも有難うございました。

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

フランス流(?)の設計課題@東京理科大学

s-DSC04062.jpg
東京理科大学二年生後期二つ目の設計課題は、
毎年恒例の山名先生のフランス流(?)のもの。
30m×30mのフラットな床3枚と6本×6本の均等グリットの柱の空間に、
自立した壁と吹き抜けとトップライトのみで、
いかに豊かな空間を作り上げるか?というもの。。。。
それに加えて、模型ではなく、パースを描きながらエスキースするという、
2年生にはちょっと難しい課題ですが、
あるレベル以上の人にとっては、その面白さが分かるはず(?)。

まずはモダニズムを理解させるという山名先生の方針。
さずが西洋美術館を世界遺産に導いた先生の課題ですね。

それでは、学生諸君、がんがんパースを描きましょう!

posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

吉村順三の旧園田邸

s-DSC03949a.jpg
大木に埋もれるようにひっそりと建つ吉村順三氏設計の旧園田邸。
吉村順三という建築家の名前は、
学生にとってはトレース課題の軽井沢の別荘などで、
あるいは俵屋旅館の設計者としてご存知な方は多いはず。

旧園田邸に限らず、名作住宅は時代を超えて色褪せず、
今の建築家や学生も参考にするところが多いのですが、
そのような名作でさえも経済原理のもとでは、次々と壊される運命にあります。
それを食い止める活動をする住宅遺産トラストという団体があって、
その中心人物の一人である野沢正光さんに、園田邸をご案内していただきました。

s-DSC04053.jpg
雑誌などでよく見かけるこちらのリビングの風景。
玄関からは一段下がったところにリビングがあって、
奥の方に天井を抑えた明るいソファエリア。。。。
住まい手が変わった今も、ほぼ写真と同じのオリジナルのまま保存され、
まだ現役で住まわれています。
このような状態で吉村さんの住宅を拝見できるのは大変幸せなことですね。


posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする