2008年06月13日

アメリカ西海岸32 セントメリー教会

サンフランシスコのセント・メリー教会(1971年竣工)。
設計はピエトロ・ベルーシとピエール・ルイジ・ネルヴィ。
四隅を力強いボリューム感のある柱で支え、見事な曲線を描いている。
屋根を十字に切り取ったスリットにはステンドグラスが入っている。
あまりの感動に、しばらく天を仰いでしまう。

丹下健三の代表作「東京カテドラル(1964年起工)」にどことなく似ている。
こちらも素晴らしい建築だ。

ネルビィDSCF0141.jpg
十字に切り取られた屋根スリット。

ネルビィDSCF0139.jpg
外観は「東京カテドラル」にやや似ている。外装材はトラバーチン。

ネルビィDSCF0142.jpg
建物を支える柱脚。コンクリートでつくり出された素晴らしい構造美。
窓の向こうには、サンフランシスコの街が広がっている。

ネルビィRIMG0068B.jpg
祭壇


ラベル:建築
posted by MDS at 00:00| 旅・アメリカ西海岸2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする