2022年03月01日

TIME TRAVEL 1 ・サハラ_1993

学生時代に撮った30年前のポジフィルムをデジタル化。その写真をアップロードして時間遡行する記事の第一弾はサハラ砂漠。印象に残る旅先の風景の一番を選ぶのは難しいですが、緑と四季の変化が美しい日本で生まれ育った日本人にとって、緑も水もなく生物が全くいない無音の砂漠はかなりの衝撃でした。

モロッコを旅行するのは今でこそ珍しいことではないとは思いますが、30年ほど前はまだ情報が少ない未知なる世界。東大の研究室などがすでに世界中の集落調査をしていたのでアルジェリアやモロッコなどのサハラ以北の国々の情報もわずかながら入ってきていましたが、周りにはサハラに行ったことがある人はいなくて、「カサブランカ」や「シェルタリングスカイ」といった映画などで、モロッコに行ってみたいという欲望が湧いてきました。

e-morocco001.jpg

ただ、アフリカ大陸にいきなり飛行機で降り立っても盛り上がりに欠けるので、、、、緑と水の豊かなスコットランドから南下して、フランス、ポルトガル、スペインを経由した後、ジブラルタル海峡を船で渡ることにしました。コルドバ、グラナダあたりはすでにイスラムの影響を強く受けていましたが、海を渡ったタンジェという港町についた瞬間、これまでに経験したことがない別世界が広がっていました。イスラム独特の強烈な熱気と写真では表現できない喧騒と匂い、前の年に行ったトルコとはまた違ったかなり怪しげな街でした。タンジェに夕方に着いてしまったというのもそもそも大きな失敗だったのかもしれませんが、アンダルシアの長閑な雰囲気から一変、船から降りるや否や四方八方からバックと手を大勢の客引きに引っ張られ、、、、それを振り張って、夜行列車に飛び乗りこの街を脱出しました。東洋人はもちろん、ノー天気な西洋人の観光客もほとんどいない、かなり怪しげな雰囲気が漂っていました。後から現地のJAICAの方から聞いたのですが、ちょうどその日もJAICA職員が襲われたとのことで犯罪の多い町だったようです。。。

e-morocco014s.jpg

翌朝、マラケシュという大きな町に着きました。タンジェに比べると幾分落ち着いた町でしたが、そこも驚きと不安で一杯になる刺激的なところでした(笑)。マラケシュはモロッコ有数の観光地なので欧米のツアー客も大勢いて、タンジェに比べると恐怖を感じることもないのですが、バザールで一人になった瞬間、一眼レフで写真を撮るのは少々物騒な雰囲気はありました。あまりのんびり観光しなかったので、また是非行ってみたい町の一つです。

ここまでは(そこから先もですが・・・)全くノープランで来たのですが、たまたま町中で日本人数人を見かけ、僕が運転するのでレンタカーを割り勘で借りないかと誘って、サハラ砂漠に一緒に行くことになりました。。。

e-morocco078.jpg

借りたのはオンボロのルノーで少々心もとなかったのですが、なんとかアトラス山脈を超えて、少しずつ砂漠に近づいてきたような風景になってきました。

e-morocco105.jpg

アトラス山脈の南、土漠を東西に横断するカスバ街道。まっすぐの道をひたすら東に走ります。

e-morocco102.jpg

車で数時間走るとオアシスがあって、そこに緑と水があるので集落があるという感じです。そこで休憩しながらそんな集落に泊まりました。情報があまりないので、常に行き当たりばったりです。。。きちんとした地図もなく、カーナビも携帯もなかったのにどうやって旅行したのかよく分かりませんね。。。

e-morocco097.jpg

土漠を南下すると少しずつ砂が混じったエリアになって行きます。さらに南下すると砂の割合が増えていき、僕では運転が難しくなり、途中で道案内を雇って、最終的には運転も変わってもらってパリダカラリーのような感じになりました。不思議と(?)砂で埋まるところにチップ目当ての男たちが待機していて車の後ろを押してもらう、、、それを繰り返しながら、、、、

e-morocco100.jpg

ついに砂漠に到着!歩いて砂の山も越えるとこの風景です!

そこには風の音だけが聞こえる今まで体感したことがない世界が広がっています。緑も水もない世界は日本人にとっては衝撃でした。鳥も虫の音も聞こえないないのですから・・・・。夕方、日没してどんどん暗くってくると、背筋が凍りつく感じになってきました。ここで砂に埋められてしまったらこの世から自分が消されてしまうというような恐怖感も感じたのか?単に自然の美しさに感動したのか分かりません。その時が今までで一番、自然を強烈に感じた瞬間でした。

e-morocco128s.jpg

その後、北上して地中海沿岸に戻って、フェズといった美しい町をいくつか街を訪れました。カサブランカにもいきましたが、すでにガラス張りの高層ビルが建ち並ぶ近代都市で、フェズこそがまさに映画「カサブランカ」のイメージ通りの町でした。

モロッコではレンタカーだけでなく、ヒッチハイクもしながら移動しました。今、思えば非常に危険なことをしたように思いますが、平和な時代だったのですね。ロードムービーでヒッチハイクするシーンは見慣れていたので、あまり抵抗がなかったような気がします。勿論、大丈夫そうな人に頼んで乗せてもらっていましたが・・・・

ちなみに、、、砂漠のように人がつくったものがない神ががった美しさは、海の中、雲海に浮かぶ山々でも大きな感動をした経験があります。私たち人間が作り出すものは、所詮、自然界の美しさを越えられないと感じました。そして、そのMoutain、Desert、Sea の3つの頭文字をとったのがMDSの語源とか?そうでないとか??

posted by MDS at 00:00| TIME TRAVEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする