2019年04月29日

「三養荘」の特別室・初音

今回、私たちが泊まったのは村野藤吾が設計した新館の特別室「初音」。この部屋は文字通り三養荘の数ある部屋の中でも特別なお部屋。平成天皇も10年ほど前、こちらにお泊りにならたそうで、そんなお部屋に平民が泊まっていいものか?と少し恐れ入ってしまいます。

IMG_5732-s.jpg

この長い廊下の先にはあるのは「初音」の一室だけ。

IMG_0401-s.jpg

このさりげない照明が、

IMG_0399-s.jpg

このような美しい明暗をつくっています。「初音」に泊まる人だけのアプローチ空間にある「おもてなし」です。

そして、ここを右に曲がって数段上がったところに、

IMG_5736-s.jpg

ようやく「初音」の入り口があります。扉には竹が埋め込まれています。

IMG_5675-s.jpg

こちらが13畳の広間です。

ところで、和歌の世界では「本歌」「本歌取り」といった言葉があるようですが、日本建築、特に茶室の世界でも「本歌取り」「写し」といった文化があります。以前は、パクリと何が違うのか?と思っていましたが、「本歌」となるのは一流のものですから教養がある人はその本歌を当然知っているのが前提。つまり写す人のセンスを問うものであって、パクリか否かを議論するのはナンセンス。近代以降の日本建築の「本歌取り」の名人と言えば村野藤吾。この三養荘にも「写し」方を学べるところが満載です。

茶室に詳しい方は、この部屋が何の写しかすぐにわかるのではないでしょうか?二畳の床と言えば、、、そうです。「残月写し」です。利休がつくった色付九間書院を小庵によって少し規模を縮めて復興され、のちにそれが「残月亭」と呼ばれるようになったのですが、現在の表千家の「残月亭」は1910年に復興されたもののようです。堀口捨己の八勝館「残月の間」など、日本中に有名な「残月写し」はあると思いますが、村野藤吾にも「残月写し」がたくさんあります。村野流に少しづつ変化していく「写し」を見比べると、村野藤吾の試行錯誤が垣間見えてとても面白いですね。三養荘が遺作ということは、ある意味こちらが集大成ということになると思います。あと、ここの格子の天井は金沢成巽閣の「群青の間」の写しとも言われています。

IMG_5684-s.jpg

この部屋の他に8畳と6畳の部屋があって続き間になっています。

IMG_5664-s.jpg

その外側に入り口から続く広縁がぐるりとあり、その外に庭が広がっています。
これらの部屋とは別に広々とした化粧部屋や内風呂などがついています。

IMG_0348-s.jpg

ゆったりとくつろげる空間です。
畳に座るのが苦手な人には嬉しいスペースかもしれません。

IMG_5667-s.jpg

こちらは茶道口から床を見たところ。一歩中に入ると・・・

IMG_0541-s.jpg

網代天井に黒い金物がありますので、お点前はこちらで。

本歌「残月亭」の一段上がった床に畳が2枚敷いてありますが、
こちらはこのような踏込床になっていて、その先に洞床があります。

IMG_0345-s.jpg

広縁の突き当たりの網代の扉を開けると、こちらに出ます。
円形窓の右側に竹のスノコの月見台があるはずですが・・・・

IMG_0358-s.jpg

竹挟みの濡れ縁と竹のスノコが重なりあう兼六園「夕顔亭」の写しがあるはずでしたが、、、竹のスノコがありません!月を眺める人もいないでしょうし、維持管理が大変なのでしょう。。。

IMG_5761-s.jpg

こちらの部屋には広々とした温泉の内湯もついています。

IMG_0435-s.jpg

遠くに見えるのが、初音のお部屋。この広大な庭も独り占め。

IMG_0436-s.jpg

この小川はこの先の山のから流れていると思っていましたが、
夜はこの流れが止まっていたので人工的なものなのですね。。。

IMG_5749-s.jpg

日が暮れると障子が行灯のようになり、これまた風情がありますね。

IMG_5746-s.jpg

三養荘は村野藤吾の遺作ということは多かれ少なかれお弟子さんが設計監理しいるからか、建築界では桂水園の方が評価が高く有名だと思います。ただ、インテリアや照明の完成度はこちらの方が高いののではないでしょうか?

旅館ならではの「おもてなし」という点では運営はプリンスホテルなので、どことなくホテルチェーンの一つの旅館という印象を受けました。それは京都の佳水園も都ホテル(今や外資のウエスティン)の和室に過ぎないので、以前、泊まった時に同じような印象を受けました。きめ細やかな「おもてなし」をするには、ここは規模が大きすぎですね。何はともあれ、いろんなことをあれこれ考えさせられた貴重な一泊でした。


posted by MDS at 14:45| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする