2018年05月04日

臨春閣で春を感じる

IMG_4516-s.jpg

臨春閣の特別拝観で中に入れるということで、
久しぶりに三渓園に行ってきました。
いつもはガラス越しに見ていた床の間や障子や欄間など、
間近でじっくり見ることができました。

IMG_4504-s.jpg

こちらの欄間も有名ですね。

IMG_4503-s.jpg

こちらは2階へ続く階段。
特別公開とはいうものの、、、残念ながら非公開。

IMG_4528-s.jpg

今回もこちらの聴秋閣は外からしか見れませんでしたが、
秋に中に入れるようなので、また来ようと思います。

IMG_4550-s.jpg

今回の目的はひとつは臨春閣。そして、もうひとつはこちらの古民家。
三渓園に隣接したこちらに、原三渓の長女家族が住んでいてそうで、
今は、そこで原三渓の孫が「隣花苑」というお店の女将をしていています。

IMG_4559-s.jpg

こちらの、土間の三和土で靴を脱ぎ、板の間に上がります。

室町時代の古民家と言うことなのですが、
それが本当ならかなり貴重な建物ですね。
そこに、江戸、昭和の民家を増築させたとのこと。

IMG_4553-s.jpg

そして食事をいただいたのは、
こちらの室町時代のものと言われるお部屋で、
大きな掃き出し窓からお庭越しに三渓園の五重塔がみえます。

近所に住む外国人に人気があるそうですすが、
最近、ミシュランの星をもらったとのことで、
外国人がさらに増えたそうです。

今、このようなものを見学したり、そこでお食事ができるのは、
日本中からこのような古建築を移築保存した原三渓のおかげです。
戦前の資産家は、文化人ですね。。。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする