2014年06月22日

伊丹潤の建築視察@韓国・済州島

済州島の南西には、伊丹潤の作品がたくさんあります。

sDSC02789.jpg

ポド・ホテルからすぐの広大な敷地に、
伊丹潤が設計した集合住宅と美術館が点在しています。

sDSC02750.jpg
こちらは、「三つの美術館・水」。
あいにくの天候でしたが、かろうじて遠くに島が望めました。

sDSC02746.jpg
水面に空が映り込み、静けさの中で自然との対話する装置?
sDSC02753.jpg
そして、「三つの美術館・風」。

sDSC02755.jpg
この日は風があまりなかったのですが、
風が強い日は、風の音が聞こえるのでしょうか?
そして、夏の暑い時期は涼しい風を感じる場所となることでしょう。

sDSC02785.jpg
鉄板のボックスに円筒が突き刺さっった「三つの美術館・石」。
そして、遠くに見えるのが、「二つの手美術館」。

sDSC02786.jpg
円筒から暗い室内に光を入れ、石を浮かび上がらせています。

sDSC02766.jpg
「二つの手美術館」の地下の展示空間。
アートよりも、光沢の床に映り込む光と風景が印象的でした。

sDSC02798.jpg
こちらは「風の教会」。

sDSC02737.jpg
こちらは、PINXクラブハウス。

sDSC02731.jpg
エントランスーホールのトップライト。

sDSC02725.jpg
明暗のコントラストが強く、まわりは暗く沈み込んでしまうので、
柱はしっかりと素材感を感じられる荒い仕上げになっています。

sDSC02582.jpg
こちらは、少し離れた島の中心にある「ザ・クラシック・クラブハウス」。

sDSC02592.jpg
格子のディテールは、日本人にはややラフな感じてしまうつくりですが、
スケールの大きさからするとOKですね。

やはり、伊丹潤の建築は光と影、そして素材ですね。
とても勉強になりました。

posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする