2014年06月22日

伊丹潤の「ポド・ホテル」に宿泊@韓国・済州島

伊丹潤の建築視察に韓国、済州島に、
初見先生、他数名と行ってきました。


sDSC02694.jpg
今回のメインはこちらのポド・ホテル
流線型の屋根が特徴的な平屋の小規模高級リゾートホテル。

sDSC02660.jpg
ホテル全体がアート空間といった雰囲気で、
暗がりの先に外の遠くの風景が見ます。
光の反射を巧みに計算していることが伝わってきます。

sDSC02682.jpg
光沢のある真っ黒の石を使って光を感じさせています。
暗闇があるからこそ、光のあたたった緑がとても冴えて見えますね。
左右の遠くの方に抜けのある明るところがあって、
自然とそちらに歩いていこうとさせられます。

右の奥に進んで行くと・・・・

sDSC02667.jpg
このようなスペースになります。
右側は光沢のないカーペットの敷かれた客室への廊下。
左側は中庭に面した光沢のある黒い石が敷き詰められています。
その間はさらに鏡面状に磨いた御影石が、光の風景をを映し込みます。

中庭は自然に近いさりげない雰囲気に植栽が植えられていて、
上部は障子として、下部の風景を切り取っています。

sDSC02675.jpg
障子の和紙は日本では下部のように外側に貼るのが一般的ですが、
韓国は上部のように室内側に貼るようです。
ベンチに座って庭を眺めていると、時間を忘れてしまいます。

sDSC02690.jpg
こちらのレストランも、明るさを抑えているようです。
柱をさりげなく照らし、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

sDSC02624.jpg
泊まったのは韓室のデラックスルーム。

sDSC02646.jpg
夜が明けると格子の和紙越しに淡い光が差し込み、
光沢のある床が上品にその光を反射させています。

sDSC02704.jpg
こちらが、韓紙にニスを塗ったオンドルの床。

sDSC02651.jpg
窓まわりは日本と韓国の折衷の障子です。
それを明けると・・・・・

sDSC02644.jpg
このような感じです。
天井は丸太と漆喰のやや田舎風のデザイン。

sDSC02700.jpg
屋根は流線型ですが、壁はグリットにあえてのせた状態で、
一見、チグハグの印象をうけますが・・・・・
屋根と客室天井の間に、空調が納められていると思います。

sDSC02612.jpg
クロゼットは洗面側とベットルーム側のどちらからも、
洋服を出し入れできるようになっています。
ガラス越しに見える浴室は温泉の檜風呂。

そして、支配人にスイートルームも案内して頂きました。

sDSC02711.jpg
こちら部屋は木張りの少しスタイリッシュな天井で、
こちらのリビングルームの他に、バスルーム二つと、
ベッドルームを4つに分割できるようになっている部屋となっていて、
4人で泊まる場合は、デラックスルーム×2室よりも良かったかも。

素材、光と影、日韓の伝統的なデザインなど、
学ぶべきことがいろいろありました。
他の伊丹さんの作品は、また後日!




posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする