2012年10月17日

雨の「桂」

今回の旅行の目的は、そもそも「桂離宮」。
現在進行中のサンクトペテルブルグのプロジェクトで、
桂離宮と同じぐらいの大きさの池があり、
その大きさと建物の配置を参考にするための訪問です。

桂4-s.jpg

「桂」もあいにくの雨でしたが、気は持ちようです。
雨の日は緑が映えますし、石の色がはっきり見えます。
しかも、雨の日は晴れた日よりもコントラストが落ちるので、
外の明るいところと室内の暗いところの両方を写したい場合は、
むしろ雨の日が良いくらいです。

DSC01655-s.jpg

池越しに見る松琴亭。

DSC01713-s.jpg

石畳の先に古書院。雨に濡れて石の色がはっきり見えます。

DSC01715-s.jpg

傘をさしていると、自然と下を見る時間が長くなりますが、
一つ一つの石にも趣きがありますね。

DSC01733-s.jpg

床のレベルが高いので、石の大きさがどんどん大きくなっていきます。
よく見ると最後の一段はかなり大きな石です。

桂-s.jpg
雨の日は緑が瑞々しくて、美しいですね。

桂離宮の素晴らしさは、
日本庭園、建物配置から欄間、取手のディテールまで、
すべてにおいて密度が高いということがあると思いますが、
今回は庭園と建物との関係が特に見たかったこともあり、
池に沿って起伏のある小道を歩いていくにつれ
次々と展開する風景に改めて大きな感動がありました。

桂離宮はドイツの建築家、ブルーノタウトに再認識されるまで、
しばらくの間忘れられていたという話がありますが、
日本人としては何とも恥ずかしい話です。
時代によって変わる評価基準というものはあてにならないですね。
posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする