2012年10月10日

北海道建築見学ツアー

僕が実行委員を務めるJIA建築セミナーで、
2泊3日の「北海道の建築ツアー」に行ってきました。
北海道に拠点を置く建築家の五十嵐淳さんの建築を見学した後、
旭川駅、岩見沢駅を経由して札幌、上遠野邸に向かうルートです。
予想以上の参加人数で大型バスでの移動となりました。

DSC01845-s.jpg

五十嵐さんの自邸「矩形の森」と隣のアトリエを見学。
天候はあいにくの雨。

DSC01840-s.jpg

「矩形の森」で五十嵐さんと歓談。
五十嵐さんとは以前より面識がありましたが、
佐呂間はさすがに遠く、念願かなってようやく訪問できました。
北海道の建築なので、できれば寒い冬に体感してみたかったです。
この他に2つの新作を見せて頂きました。
網走湖の湖畔沿いのホテルで五十嵐さんの講演会。そしてそこで一泊。

DSC01919-s.jpg

旭川ではDOCOMOMO100選の旭川市庁舎を休日のため外観だけ見学。

DSC01922-s.jpg

内藤廣氏設計の旭川駅から岩見沢駅に移動。

DSC01945-s.jpg

一昨年、建築学会賞を受賞した「岩見沢駅」を経由して札幌へ。
夜は五十嵐さんを囲んで、実行委員長の工藤さんと堀場さん他数名で、
お酒を飲みながら歓談して・・・

DSC01957-s.jpg

最後の締めは五十嵐さんお勧めの札幌の夜景が眺められるバーへ。

DSC01979-s.jpg
3日目は上遠野邸以外は自由行動。僕は朝早く起きて、
アントンニン・レーモンド設計の札幌聖ミカエル教会に行ってきました。

DSC01961-s.jpg
丸太で組んだ架構が素朴かつ美しい内部空間になっています。

DSC01971-s.jpg
構造計算上は複雑なことになる木の交わり方ですね。

DSC01999-s.jpg

DOCOMOMO100選の60年代の名作と言われている上遠野邸。
以前から伺いたかった住宅のひとつです。

DSC02001-s.jpg
ミースのファンズワース邸に影響されたとのことですが、
桂離宮の月見台をイメージされたというテラスもあります。
北海道の寒い大地に根差した名作です。

DSC01995-s.jpg
ファンズワース邸と決定的に違うのは外壁です。
この煉瓦の質感はおもわず触れたくなりますよね。
建築家の職業病のひとつです(笑)。

DSC02003-s.jpg
上遠野邸を設計した上遠野徹さんの息子さんの克さんも建築家。
詳しく、ご説明して頂きました。

DSC02036-s.jpg
最後は北海道大学のモデルバーンへ。
数年前から一般公開された北海道の重要な木造建築。

北海道の厳しい自然環境に建つ建築を体感して、
風土に根差した建築のあり方を考えさせられた3日間でした。



posted by MDS at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする