2012年12月04日

「岡崎の家」お宅訪問

新しいクライアントとの打合せで、愛知県岡崎市に出掛けてきました。
そこでこの夏竣工した「岡崎の家」に立ち寄ってきました。

片流れ屋根によるシンプルな勾配天井の空間において、
勾配に対して間仕切壁に平面上少しだけ角度を与えることで、
天井高さに大きな変化が生まれる特性を生かした住宅です。

088-s.jpg

ご両親が住む母屋(写真手前)の隣りに建つ子世帯の住宅で、
敷地の広さと高低差を活かし、床レベルが敷地なりの平屋にしました。
母屋の採光に配慮した建ち方になっています。

096-s.jpg

下部は高基礎としてコンクリート杉板型枠仕上げ。
上部の焼杉は、大屋根がしっかり雨から守っています。

0213-s.jpg

写真の一番奥は寝室。夜になると照明の効果で奥行き感が増します。

07-s.jpg

2枚の斜めの壁が曖昧に領域を分けています。
寝室から中庭越しにリビング、ダイニング、キッチン、日本庭園と
少しづつ床レベルが下がっていきます。

0611-s.jpg

詳しくはMDSのHPをご覧ください。

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする