2019年12月28日

年末年始のお休み

MDSの年末年始のお休みは12月28日(土)〜1月6日(月)。
7日(火)から平常業務とさせていただきます。

本年は大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします!

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

照明の調整@松濤の庭

IMG_6568-s.jpg

松濤プロジェクトの庭がようやく完成。造園は大まかには設計図をもとに進められますが、現場で樹木を見ながら色々なものが変更となり、、、それに伴って照明など諸々も当然、変更となります。

IMG_3651-s.jpg

基本的には家の中から見えることを前提としたライティングを考えているのですが、回遊式庭園でもあるので歩いている時に眩しくないようにもしなければいけません。

IMG_3692-s.jpg

今回も照明はシリウス。戸恒さんの指示のもと、スタッフの井上さんが白梅の巨木を照らすスポットライトをセッティング。戸恒さんと造園設計の戸田さんと同時にお会いするのは、ロシアのプロジェクト以来なので6、7年ぶり。ということで、お仕事の後は忘年会へ。

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

「大岡山の家」施主検査

大岡山の家の竣工検査に行ってきました。周囲が建て込んだ、隣地二辺との高低差の大きい旗竿敷地に建つジグザクの平面プランの住宅です。南の庭の他に、隣地の古い擁壁の補強のために盛土した奥の庭、竿の部分のアプローチを彩る前庭、この3つの庭に開く平面構成としています。

IMG_6847-s.jpg

突き当たりはダイニング、右は奥の庭、左奥はキッチン。

IMG_6856-s.jpg


南の庭に面した1階は水回り。2階リビングから1階奥のエントランスホールへ、この時期は太陽光が差し込みます。

IMG_6777-s.jpg

左奥が奥の庭。右側は旗竿敷地の竿の部分、前庭です。道路からは前庭越しに建物が顔を覗かせ、奥の庭まで見通せるようになっています。庭と街との距離感を多様に計画しています。

IMG_6810-s.jpg

あとは照明の調整をして引き渡しです。

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

全体講評会@東京理科大学

東京理科大学2年生の本年度最後の全体講評会。課題は低層にフィットネスジムの入った「スポーツ施設を内包した集合住宅」。低層の施設の天井高さはまちまちな上、求められるている容積も高いので、2年生の課題としてはかなり難しい課題だと思います。9班から優秀者3名選出して、発表、講評。そして、最後に投票して上位4名を選びました。 

IMG_7035.JPG

こちらは森班瀧内さんの発表風景。最後の投票で3位になりました。おめでとうございます!

IMG_7037.jpg

天井高の違う諸室の天井を揃えて、地盤面から埋まった高さを変えています。道路面から見える高さに2階レベルを抑えて、光のきちんと落ちる中庭プランとすることで街に対してとても気持ちの良い雰囲気を醸し出しています。中庭プランはプライバシーと採光の観点からすると、なかなか上手くいかないものですが、それもキチンと解決した力作です。

今年は(も?)飛び抜けて優秀な人はいないですが、設計を楽しみにながら頑張っている人が多いですね。仲良く競い合っている雰囲気も良いと思います。設計はセンスやスキルも必要ですが、大切なのは努力の持続(?)。まずは設計が楽しくないと何も始まりませんから。。。今後に期待してます!

posted by MDS at 00:00| しごと・大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

「鎌倉浄明寺の家」久しぶりの訪問

久しぶりに鎌倉浄明寺に行ってきました。 

_49A9537.jpg

大屋根の軒先は低く抑えられ、2階の床は軒先側にいくほど天井が迫り、あえて立つことができるのは中央付近のみとなるようにして、

_49A0148.jpg

その中央に背丈を超える大きい家具を置き、方形屋根の架かる四辺それぞれは、山と谷、集落、そして空が眺められる恵まれた環境で、それに呼応するように軒先をめくり上げ、景色の違う4つの間をつくりだしています。

_49A9875.jpg

めくり残した軒先四隅は、床を切り欠いて1階からの吹抜けとし、上下階を繋いでいます。そこは猫の楽園です。猫たちもお気に召して頂けているようなので、ホッとしました(笑)

_49A9835.jpg

夫婦2人と猫2匹が、それぞれ思い思いに過ごし共存できる居場所があちらこちらに、、、

_49A0526.jpg

2階と全く雰囲気の違う1階。猫のための出入口もきちんと用意されています(笑)。こだわり抜いた家具と小物、素晴らしい住まい方に脱帽です。

posted by MDS at 00:00| しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

「東小金井の家」表紙に

ブログ 19 コア 12 01.jpg


MDSが設計した東小金井の家が、東京建築事務所協会発刊の雑誌「コア東京」12月の表紙になりました。

posted by MDS at 00:00| メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

大嘗宮見学

一生に一度見れるかどうかの大嘗宮。大混雑を覚悟して行ってきました。予想通りの大混雑ではありましたが、天候も良く、紅葉も綺麗だったので、苦痛になるほどではなかったです。石垣もじっくり見れました(笑)。

IMG_3473-s.jpg

坂下門からここまで来るのに約1時間半。

IMG_3487-s.jpg

話に聞いていましたが、皮付きの丸太を使った素朴な鳥居です。伊勢の白木の清々しい雰囲気とは違って、丸太材を使うところが特徴のようですね。

IMG_3488-s.jpg

遠目で見ると伊勢神宮の佇まいですが、千木も丸太。

IMG_3495-s.jpg

側面に廻りこむとこのような感じです。
右側が正面で、右側の回廊をアップすると、、、

IMG_3494-s.jpg

右側の建物の外壁を拡大すると、、、

IMG_3490-s.jpg

不思議な壁ですね。

IMG_3499-s.jpg

そして、側面後方。丸ノ内のビルとの対比が面白いですね。

IMG_3506-s.jpg

鳥居のある正面側は大混雑ですが、側面、後方は人もまばら。比較的落ち着いて見ることができました。

IMG_3504-s.jpg

階段も分厚い皮付きの丸太を使っていますね。

ところで昭和から平成になった時、初めて大嘗宮を東京につくったようです。その前までは京都だったので、平成は歴史的には大きな転換期だったということになります。伊勢の向きが東京と京都とは違うので、昭和以前と配置など微妙に違っていたり、今回の建物は一部茅葺きを板張りに変更するなど、いつも同じというわけではないとのこと。今回は平成の時よりも建物は質素で、金額も抑えられているようで、見学者数は増えたようです。天皇家の存在も時代と共に随分変化しているとは思いますが、あらゆる意味で国民との距離が近くなりましたね。
posted by MDS at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする